つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

さやの友達カンケイ

前回の「人気者」記事とは矛盾する内容になりますが・・・。

内情もお知らせしておこうと。。。^^


5年生になって、お友達カンケイが複雑になってきました。

全体的には仲悪くないんですが、その日その日でグループが出来ちゃうから、

昨日まで遊んでたのに突然ケンカしたりして。

「もう、センセイに言う!!」って子が多いみたいで、

先生も、度々聞かされて困っている様子。

夏休み前に2度も担任の先生から電話が・・・。

この件は、さやとCちゃんがこそこそ話しているとこに、

AちゃんとDちゃんが「遊ぼう」ってやってきて、

「どうする?」と、さやとCちゃんはこそこそ話。

そこで、Aちゃんが、「無視した!一緒に遊ばんかった!」と怒り、

さらには別のシチュエーションで「Cちゃんが私の悪口言った」と怒り、

なんと、

Aちゃんが、Bちゃんのケータイを使って、Cちゃんのことを

「バカ・アホ・シネ」的な内容のメールを、うちの娘のケータイに送ってきたんです。


ケータイを持たせているために、そんなトラブルの元を作っちゃってしまって、

大変申し訳ないのです。 が、

送られてきた娘はびっくりして先生に言い、

送ったAちゃんは、「それはオマジナイの言葉」などとごまかしており、

言われたCちゃんも、そんなに傷つた様子はなくて・・・

なんだかなあ。


さやに、「Aちゃんと一緒に遊びたくなかったの?」と聞くと、

「最近、Aちゃん、すぐに怒るからみんな嫌がってて。

誰も遊ぶ人いないから私たちに声かけてきて。

私は、Aちゃんが怒りっぽい時は遊びたくないから、

Cちゃんと仲良くする。Cちゃんとは心地いい。

だって、Cちゃん天然だもん。面白い♪ 

だから・・・私はAちゃんから逃げてるかも。」って。



しかし、その次の日には、みんなでなかよく遊んでいるという、ちょっと奇妙な感じなんですよ。

保育園からずっと仲良くしてきてる間柄だし、

そこまで疑いたくはないけど、

何か欠けているような気がしてます。

それは、わが子も含んでの感想です。

担任からの私への指導は、「ケータイを持つ意味を家族で話し合って下さい。

そして、時々ケータイをチェックして下さい。」とのこと。

ん~。。。



トラブルの前には、子どもたちの複雑な心境が入り組んでるんですね。

子ども同士の事ですから、私は特に介入する気はありません。

でも、自分の子が、その中で、しっかりと、

善悪を判断できる子に育てなくてはと感じるばかりです。



今日も、朝から遊んでます♪



Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2015-07-28 14:03 | 毎日のできごと | Comments(2)
Commented by みなみのまま at 2015-07-29 11:48 x
つぼみさん こんにちは♪
小5、6は判断力の総仕上げの大切な時期、その時期をどう過ごすか、どのような環境設定をしていくのか、親としてかなりの重圧を感じています。
私自身、自分の判断に自信が持てずすでに「こんなんでいいのかな、私・・・」という場面も多々あります(>_<)
また色々と勉強させてくださいね。
Commented by tubomilog2 at 2015-07-29 11:58
みなみのままさん♪
ありがとうございます!
なんだか、とっても励ましていただいたようで、
心が温かくなります^^。
トラブルから、自分の子育ての現状の成果がわかるのはコワイ。。。
でも子どもの心の変化・成長が見えるのは、
こうして何か起こったときですものね。
トラブルの時にこそ、見直すチャンス!?なのかな^^。