つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

2011年 12月 16日 ( 1 )

ぶれないひとに・・・

小田真嘉さんのメルマガ 「成長のヒント」 

が毎日届きます。

小田さんのメッセージはいつも私にカツを入れてくれ、そして勇気付けてくれます。

今日のメッセージはいろいろと感じることがあり、

ここでも取り上げさせてもらいました。



以下、今日の「成長のヒント」より。

何気なくスレ違う人も

 今日はじめて会う人も

 ちょっと苦手なあの人も

 いつも一緖のあの人も


 みんな色々な事情を抱えながら

 今日を過ごしている


 その人の背中には

 語り尽くせぬほどのドラマがある


 見えない背景を見ようとすれば

 その人のために

 自分が何をしたらいいのか見えてくる



アラフォーの年齢にもなると、自分自身いろんなことを抱えてますね。

20代前半の、毎日が華やいで自由自在に軽やかに過ごしていた頃とは全く違う日々^^;





仕事の関係もあり、これまで多くの方達との出会いがあり、

多くの方々の人生の一部にふれさせていただき、学ばせてもらいました。

だから、人と接するときは、なるべくその方の後ろにあるもの、

その方の歩んできた歴史、

奥に秘めた気持ちを大切に思いながら、

真摯に向かい合っていくことが礼儀だと思っています。



でも、日々の出来事に振り回され、自分の軸がゆらぎすぎ。。。

欲や損得で動いてしまっている自分が情けなくなることも多く。

自分の理想と信念はしっかり持っているのに、

甘いな~。

ぶれない自分でいたい。




子育てにおいてもそうです。

最近のTPP問題のことも考えると、

これからの時代、本当に複雑で生きにくい世の中になることは間違いありません。

私達大人の身の振り方もそうだけど、

子ども達の将来を考えると不敏でなりません

今後は、自己責任を問われる時代。

それをよくふまえて子育てをしなくてはと思います。


そのためにも、子どもを “違和感”を感じられる人に育てなくてはと思います。

この“違和感”はとても重要です。

たくさんのモノ・コト・情報が飛び交う世の中で生きていく中で、

“違和感”こそが自分の軸になるからです。

社会において、仕事が出来るなあと思う方は、この“違和感”つまり、“疑問”を

常に問いかけています。



今までそうだったからとか、他の人もそうしてるからということではなく、

そのものの本質をきちんと捉えて、自分の経験と倫理観を持って

自身の考えを対象に向けることができるのです。

“こだわり”ということにもなるのでしょう。



便利で豊かで効率的な世の中で

見る目を養う難しさはあるけれども、

子どもの将来をおもって、

親はそこをよくよく考えて、生活においては

選択し、示し続けなくてはならないと思います。




Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2011-12-16 12:02 | 毎日のできごと | Comments(2)