つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中学受験???( 3 )

私立へ行く子、公立へ行く子

さや、最近、卒業ブルー? かも。

娘を通して感じることですが、

私立受験した子たちって、結果の度合いはどうであれ、

一つの事を達成した輝きみたいなものがあるようです。

「私立」というのは、特別感もあり、

私立へ行く子が、「特別な子」=「優秀な子」として見えるようです。



最近、暗かったので、

「学校で何かあった?」

と聞くと、

「私、私立中学に行くべきやったかも。。。」と。

理由を聞くと、

私立に行く子が抜け、

公立に行くメンバーを考えると、

一緒にいて楽しくてしょうがないメンバーなんだけど、

話しが出来る人がいないそうなんです。

「話しができるって?」と聞くと、

決してレベルの高い話をしたいわけではなく、

「どんなお菓子が好き?」とかでいいけど、

話していると、内容が深く複雑になるにつれ、話をやめたり、ごまかしたり

話しを変えたりする子が多くて、つまらないそうなんです。

さやいわく、

「一つの事を深く話し合いたくて、

話し出すと、私、頭の中に、あー、なんだっけ、

ママが前に教えてくれた矢印みたいなやつがどんどんでてくんよね。」

私、「あ、マインドマップのこと?一つから枝葉にわかれていくような。」

さや、「そうそうそれよそれ。 それが頭の中にばーっと広がるんよね。

それを一緒に話せる人がいないんよ。そういうことを話せる人って、

私立にいるんじゃないかと思ってさ」と。

なるほどね~。そして、

それにさあ、私、塾いってないし、勉強していないし、遅れてると思うんよね~」

とも。

いろいろ考えてるんだね~。


さやの考えが正しいか間違いかという議論は置いといて、

その晩は、

これから中学生になると、縦にも横にも斜めにも(笑)、

どれだけの大きな世界が広がっているのかを、

一緒に話したのでした。



福岡の学校というのは、

高校においては、公立高校の方が私立高校よりもレベルが高いです。
(一部私立を除いて)

よって、さやの学校区において、「中学受験はしない」というと、

「じゃあ、さやちゃん、S高校(公立トップ校)目指すんやね~」と言われるほどです。

実は、さや、このS高校を目指すそうです。

最近は、S高校のこともよく調べているようなんですよ。

あまり、私には話しませんが、自分で静かに(笑)、目標設定を始めたようです。



これからの自分に想いを馳せ、

大きな期待と、少し(?)の不安と。。。

それから、友達との卒業旅行(日帰り)も計画中のようです♪

そんな卒業間近の日々を過ごしています^^。


Smile^^。
















[PR]
by tubomilog2 | 2017-02-20 15:39 | 中学受験??? | Comments(0)

6年生の親たち。「これで安心だ!」or「さあ、これからだ!」

私立中学の合格発表も落ち着いてきました。

さやのお友達にも私立中学に行く子たくさんいます。

幸い、今、とても信頼し合ってる仲間たちは、

1人を除き全員同じ公立中学に行きます。

私立中学受験のため、年末年始を一生懸命勉強していたMちゃん。

3つ受験して、第2志望校に合格しました。

そのお母さんと話していたら、

「あー、これで安心よ。中高一貫だからね~。」

私 「・・・」返事できなかったです。

どうしても、心から「良かったね~!!!」って言えなかったです。

Mちゃんの行く中学は、幼稚園・中学校・高校・大学があります。

大学までストレートで行くかもしれません。

Mちゃんのお母さんは、

Mちゃんが先々苦労しないように(ラクなように)・・・

という願いを持って中学受験勉強をさせていました。

夏ごろから必死に勉強はじめたMちゃん。

ここ半年、娘を通して見てきましたが、

そのがんばり、あと3年後でいいやん!って何度も思ってました。

進路によっては、3年後、6年後の結果を得るのには、「ラク」かもしれない。

でも、本当に、その結果が、Mちゃんの「最高」なのだろうか。

そのやり方が最善の方法だったのだろうか。

保育園からずっと一緒にきた大切な友達だけに、

いろいろ考えてしまいました。



小学校卒業を来月に控えたわが家はというと。。。

「さあ、中学校から、しっかり勉強してもらうよ!!(イヒヒ)」

そのためにも、最近は、

少しずつ、自覚を持ってもらうような投げかけをしています。


Smile^^。









[PR]
by tubomilog2 | 2017-02-06 16:48 | 中学受験??? | Comments(0)

娘との会話 ~中学受験を考える②~

「公立中学に行って、悪いグループと繋がることが不安なんやね~。
 だから、そういう人たちがいない中学に行きたいと思ったんだね~」

と、私が話すと、さやは、

「実は、これ、ママに話してなかったんだけど・・・」と、詰まり気味に話しだしました。

「実はね、いままでは、私、1年の時からずっと、いっつも昼休みは外で遊んでたでしょう。
 でもね、最近、昼休み、一人なんよ。

 去年の10月くらいかな~、
 それまで遊んでいたグループには、その悪いM君も入ってたんだ~
 4年生も同じクラスで仲良くしてたから、そのまま仲良くしてて~。
 でも、夏ごろから、M君たち、6年とかの悪い仲間と一緒にいるようになって
 悪さが目立ってきた。でも、女の子には優しいからなんか別に違和感なくて。。。
 で、そうしてるうちに・・・10月くらいから、私たちグループ以外の子たちが、
 みんなM君から離れて、話もしないようにし出したんよ。
 そうしているうちに、私も、みんなに離されてしまってね。
 特に仲が良かったTちゃんやHちゃんたちとも遊べなくなったんよ。

 でね、私、12月に、M君グループから離れることにしたと。
 一緒にいた仲良いMちゃんにも声かけたけど、聞き入れてくれんでね。
 で、その時から私一人なんよ。
 でね、この間、(朝一緒に登校している)Tちゃんに、
 「私、M君たちと縁切ったけん。いつでも遊べるけん。」って言ったら、
 「Mちゃんどうすると?」と言われて、
 「言ったけど聞いてくれんかったけん。」と話したら、Tちゃんが
 「そう~。さや、いつもM君たちと遊ぶ約束があると思って誘わんかったとよ~」と言われた。

 昼休みに一人でおるとね、いろいろな声が聞こえてくるとよ、
 目を閉じてみるとね、面白いことも嫌なこともよく聞こえる。
 私の事も、「さや、またMと話よったよ」とか聞こえとったし。
 そんなふうで、見えてきたっていうか、ね。
 自分がしたことやけん仕方ないけど、とにかくMグループからは離れることにした。
 ほんと、ママには話してなかったことやけどね^^。 」
 と、涙を流しながら話してくれました。

 「そっかあ、それは寂しい思いしたね~。つらかったね~。」
 というと静かにうなづいてました。

 毎日毎日、外に出っぱなしで、
 楽しそうに遊んでると思ってたから、何も心配してなかったです。
 でも、こんなことが起こるんですね。

 さやも、途中で、ここにいることはおかしいなって、わかっていたんだと思うんです。
 でも、そのグループを離れられなかった原因がもう一つあることわかってます。
 前から想いを寄せてた男の子がそのグループにいたからです。
 だから、最後の最後まで一緒にいて、
 悩んで悩んで、諦めたんだと思います。

 さやは、去年の秋、突然おでこいっぱいにニキビができて、
 症状がどんどん悪化して止まらなかったんです。
 皮膚科に行くと、「思春期ニキビですね~」と言われました。
 最近、そのニキビも症状が治まり、キレイな肌が見えてきました。

 いろんなSOSが出ていたのに、親として気づけなかった、見抜けなかった私が情けなくなります。
 でも、こうして、ひとつ乗り越えようとしている娘を、とにかく応援して、
 ホームである家庭を、安心できる場所として整えてあげていたいと強く思います。
 そうして、前のようにたくさんの友達と、毎日楽しく遊ぶ日々が戻ることを祈ります。
 
 
 1月8日の今年はじめの登校日。身体のあちこちが痛くて、学校を休みました。
 影響してたのですね。
 最近はというと、毎日毎日放課後は遊んでいます。
 聞いてみると、「Hさんなら遊んでくれそうだから声かけてみた!
         グループにいたOちゃんにも説得して縁切らせた。今日はOちゃん遊んだ!」
 と、楽しそう♪
 家ではダンスを踊りまくったり、ピアノ練習に集中したり。
 自分の好きに時間を過ごしてリフレッシュしてくれてるのかな~と感じています。
 元気に見えるけど、心はどうなのかな。
 様子をみていかなくちゃですね。
  
 毎晩、眠ったさやのニキビが治りかけのおでこをなでながら「ごめんね~」と言ってしまいます。
 でも、「大好きだよ。味方だからね~」と声かけます。
 そんなことぐらいしかできないけど、見守るしかできないけど。。。

 おわり。
 

  
 

[PR]
by tubomilog2 | 2016-01-21 05:05 | 中学受験??? | Comments(4)