つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中学生活( 16 )

健康管理に気をつけたい9月です。

夏休み明けの「確認テスト」が終わり、一息つく間もなく、

剣道では、今週末の練習試合と来週の区大会に向けて練習に力が入ります。

また、今週土曜日は、生徒会役員の改選日(土曜授業)。

さやは、小学生からの目標であった、生徒会役員になるため、

今回は、副会長に立候補。

さやの中学校の生徒会は、

2年生の会長・副会長・書記と、1年生の副会長・書記の5名から成ります。

ここ1週間は、ポスター作りやタスキ作り、演説の原稿書きと練習、

応援者のクラスメートとの打合せなどなど、準備を進めてきました。

そして2日前から、毎朝校門に立ち、タスキを掛けて挨拶。

給食時間には、応援者と共に、全学年のクラスを周り演説してるそうです。

「2年生、3年生は、静かに聞いてくれるけど、1年生のクラスに入ると最高よ!

『おー!さや様が来たー!いえーい!!』ってみんなで盛り上げてくれて面白いんよ。」

驚きです。

さや、こういうこと、好きなんですね、知らなかった。

ハードだけど、すっごく生き生きしてます♪

私も知らない顔を見せてもらっています。



ここのところ、そんな感じで、朝早く登校し、部活して、帰宅後宿題して・・・

という感じなので、寝るのが遅いと、朝が辛そうで。。。

さすがに、昨晩は、夕食後バタン。。。寝てました。

朝までぐっすり寝たので、いつもより1時間早く起きて宿題をこなし、

今朝は、また張り切って登校しました。

日々の定例の宿題は大した内容量ではありません。

でも、疲れているし、集中力落ちてるし、なにより眠いしで、

2時間くらいかかってました。

でも、早朝にやると30分くらいで終わらせることができ、

『朝、宿題やるっていいね。頭もスッキリしてるし、これ、いいかも!』と。

そして、

『あたしね、夜は早く寝たいんよ。身長170cmまで伸ばしたい!そのためにも早く寝なきゃ!』

と言ってました。

私は165cmありますけど、170cmって・・・わぁ、スゴイ目標だ!
(※さや、現在の身長、約159cm。追い越されそうな勢いです。
  ちなみに、さやの足のサイズはなんと24cmです。私を超えた!)

毎日23時頃寝ていては、伸びるものも伸びないことは本人はよくわかっているようです。

睡眠不足をどうにかしようと話し合っていたところだったので。

宿題時間の時短はできそうなのでなんとか解決しそうな感じ。


それから、さや曰く『恐ろしい出来事』が起こったそうなんです。

昨日の数学の授業中のこと、さや、ついに居眠りしてしまったそうで、

(本人、『半分は起きていた!』と主張するが。。。)

ハッと目覚めたら、なんと、なんと、

開いていたノートに『please』の単語が書かれていたそうなんです!!

本人ビックリ! あたし寝ながら英単語書いとるし!! って(笑)

それは、前日の英単語テストで、時間がなくて書けななかった文字『please』だったそうで、

書けなかったことを悔やんで、悔やんで・・・寝ながら書いちゃったという(爆!)

好きなことに一生懸命な毎日はとても良いことなのですが、

まあ、こんな様子でして、毎日かなりの負荷があると思うので、

さやの健康管理はしっかり目を向けて見守っていようと思っています。



Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2017-09-14 05:35 | 中学生活 | Comments(2)

子どもたちが疲れているワケ?

昨日の朝、さやは、家庭科の調理実習を楽しみに登校しました。

その日の調理実習は、普段より高価な食材を使用するので、

家庭科の先生が食材を準備するものだったらしく、

生徒が持参するものはエプロンと三角巾のみ。

事前に、「1人でも忘れ物があったら、調理実習はなし!」との先生との

約束があったらしく、娘はその2つの持ち物を何度も確認して登校!(笑)

生徒たちは皆、登校するや否やすぐに全員の持ち物をチェック。

すると、普段忘れ物などしない女子が・・・忘れてしまったていたのです。

クラスは騒然となり、その女子も責められる始末。。。

そして、家庭科の時間が始まり、家庭科の先生がそのことを知ると、

約束通り実習は無し。そして、代わりに何をしたかというと、

1時間中説教だったそうです。何を説教かというと、

忘れ物をした女子を攻めた生徒たち(ほぼ全員)のことを激しく説教。

えー、そんなん、忘れ物した子は責められるであろうと予測できる約束をしといて、

そうなったら説教って、ありですか?

「人を責めること」は確かに良くないです。

でも、そのシチュエーションで、

「忘れた人がいても仕方ないよ」などと、みんながみんな、

穏やかに事が収まるものでしょうか。

ちょっと考えればわかるであろうリスクを予測せず、

理不尽な説教をしてしまう先生がいるのですね。

中学生活、そんなことが度々起これば、

やる気もなくなるのだろうなあと感じた出来事でした。


Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-09-12 12:33 | 中学生活 | Comments(2)

学校がイヤ!

9月~?、2学期の始まり~?、そういう時期なのだろうか?

わが娘も含め、「学校がイヤ!」「学校に行きたくない!」話題が多い。

はやり言葉かっ!?  聞いててイライラしてしまう。



先週、1学年の保護者懇親会(夜の飲み会・先生も参加)があり、行ってきました。

久しぶりに会った保育園からのママ友から衝撃発言が。

「うちの娘、不登校っぽいの。一学期も半分ぐらいしか行ってないのよ。」と。

え、あの、活発で愛らしいHちゃんが不登校???

理由はお母さんにもはっきりとはわからないそうで、

「具合が悪いって言って、いつも寝てるの。

小学校の時から、夜中までスマホばっかやってるから、朝起きれないのかと思っていたら、

最近は、それだけじゃないみたい。夏休みに友達と待ち合わせに行っても、

一時間ぐらいで気持ち悪いって言って帰ってくるの。

2学期の始業式には出たけど、次の日は行けなかった。そんな感じなのよ。」と。

そうえいえば、さやが小6の時に話してたのを覚えてる。

6年生のLINEグループがあって、そこからどんどん友達が増えて、

Hちゃんは、寝てる時もスマホ片手に寝るから、

LINEが入るたびビクッ起きて返信するっていう生活らしいとの話しだった。

何がきっかけで、どう変化していくのか、影響していくのわからないけど、

小学校のことから、そういう流れはあったのかも?と思えてなりません。

気分落ち込みぎみの週末でした。


で、そんなことを、主人と娘と3人で話していたら、

さやが、「クラスのかなりの子が学校イヤって言いよるよ~。

とにかくイヤ~って言う人多い、」

・・・・・

なんなんだ~!!!!!


Smile?








[PR]
by tubomilog2 | 2017-09-06 16:52 | 中学生活 | Comments(0)

子どもが大切にしていること、知ってますか?

昨日、月曜日の朝、

髪の毛を結んであげていたときの会話。

娘「あー、学校行きたくななあ。」

私「授業が面白くないの?」

娘「いやぁ、クラスがうるさいんよ~」

私「あー、男子が変な話(下ネタとか)ばっかりするって言ってたもんね~」

娘「それもあるけどね、女子がうるさい。」

私「どんなうるささなの?」

娘「他人の悪口が多くてイヤ!ほんとイヤ!」


私の考えですが、

特に女子と言えば、悪口、陰口、愚痴なんて、

普通にあるものと思っているし、

社会に出たって、“給湯室での噂話”などなど、

普通に私の日常にあるもの。

だから、娘が、

「他人の悪口を言うこと」に関して、かなり敏感に反応するというか、

そこに善悪の判断を持っていることが驚きだったりするんです。

確かに、娘は人の悪口を言わない。一切言わないです。

だから、家でも、その場にいない人のことを、良くない方向に話題するのも怪訝そうにします。

5年生の時の友達とのトラブルがあってからは、言葉にして言うようになりましたが、

それ以前から、その価値観は彼女の中にしっかりとありました。

小さいころから、友達の中では中立の立場で、ケンカの仲裁をすることが多く、

中学校でも、「悪い人に注意する役目」をお願いされたりして・・・

昨晩も、

「うちの部活(剣道部)ってほんと良いよ。

 誰かが、「●●さんって人の悪口いうよね」っていうと、

「でもさあ、●●さんには、こういう良いところもあるよ!」

 って言うタイプばっかりやもん。」

ほんとに、そこ重要ポイントなのね、と思います。

小学校からの仲良い友達も、ほとんど悪口を言わない子ばかりだし。

自分が悪口を言われているわけではなく、

他人が他人のことを言ってることがイヤなんだから、

なかなかなことだなあと思う。

そこにかなりの重要な価値観をおいていることが、

年々、日に日に、つまり、表現がはっきりしてくるほどわかってくるので、

親として、しっかりと、認知しておく必要があるなあと感じているんです。

私自身が理解出来るかどうか、そういう人になれるかは別として、

子どもが大切にしていること、その想いや価値観を尊重してあげることは出来るから、

大切にしてあげたいと思います。

なぜ、こんなことを思ったかというとですね、理由がありまして。

娘のこの価値観を守ってあげたいなあと思ったときに、

ふと頭に浮かんだのが、

これから将来に向け、この子がいろんな選択をしていくときに、

この価値観がポイントの一つになることがあるだろうなあと。

例えば高校を選ぶ時。

今、さやは、漠然と公立のトップ校に行きたいと思っていますが、

その公立トップ校ってどうなの?というとですね、

その高校出身の息子さんを持つ、私の友達ママに尋ねたところ、

その高校は、基本的には悪口を言ったり、

人を蹴落とそうとしたりする様子は見られないそうです。

たとえば、試験前になると、勉強してるのに勉強してないふりをしたりとか、

人がどれくらい勉強してるのか探ったりとか、

そんなことはなく、あっさりしていて、

みんな「勉強?するのが当然でしょ。」って言うそうです。

その息子さんいわく、この高校には「バカがいない」そうです。

「バカ」というのは、頭が悪いということではなく。

人を欺いたり、うそをついたり、いじめたり、そういうことをする人がいないということです。

きっと、主眼点がそこにはないということでしょうね。

他の高校がどうなのか、わかりませんけど、

きっと、学力のレベルは、そういう意識のレベルの違いにも表れるのではないかと想像しています。

さやが、そういう校風を望むなら、

やはり、しっかりと学力をつけていく必要があるというわけですね。

だからと言って、親が先回りしてどうのこうのするのは違うんですが、

分かるから、見えるからこそ、見守りの方法にも工夫が必要なのだと考えました。

今後、さやが、どういう考えで高校を選ぶのかはわかりませんが、

こんな考え方もあるなあと感じた、昨日の朝でした。





Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-09-05 09:50 | 中学生活 | Comments(0)

9月1日、厳しい一日。

二学期が始まり、5日目。
さやの友達の様子を聞くと、
精神的に疲れている子が多いです。
お互いに、夏休みの様子を聞き合ったところ、
部活&家でだらだら&塾通いの子が多かったみたいです。
先週は、多くの塾が合宿週だったみたいで、
部活に来たのは僅か数名だったとか。
とにかく、疲れ切っている様子。

そして、今日、9月1日は、夏休みの宿題の内容を対象としたテスト日。
しかも5教科、1日かけて。。。
今月末は中間試験もあるんだからさあ、と言いたい。
今日、試験が終了すると、6時間目は、なんと風紀検査ですって。

制服の丈、髪型(女子は前髪や結ぶ位置など)、靴下、持ち物・・・いろいろあるね。
こんなどうでもいい(とは言いすぎかもしれないけど)ことで、
子どものストレスを増やさないでほしいと願うのですが。。。

今日は1つだけ楽しみな事があるようです。
さやは、生徒会副会長に立候補するそうで、
その応募が今日から始まるから、一番に行くんだと張り切ってました。

毎日忙しくて、確かに身体的には疲れも見えるんですけど、
どうか、どうか、精神的には疲れないように、
荒れた心にならないように、
家庭でフォローしていきたいと思っています。

先日、さやと二人で、お互いの9月~12月までの自分をイメージし合いました。
さやが、学校行事も、プライベートでのチャレンジもいろいろあって、
きっと、怒涛の4ヶ月になりそうなので、
9月の始まりを前に、お互いの楽しみなことや、計画、目標などを話しました。
もちろん、私自身の仕事や家庭の目標も話しました。
『がんばらなきゃ!』ではなく、『楽しみ♪』と思える未来にするために。
この時期の子どもたちは、とってもデリケート。
家庭での見守りとフォローがとっても大切なのだと実感しています。

そんな二学期のはじまり。
夏休みに、大分のパワースポット宇佐神宮に行って、
パワーを頂いてきたので、
家族みんな自信を持って、でもマイペースで、過ごしていきたいです♪


a0216711_12102839.jpg
Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-09-01 12:31 | 中学生活 | Comments(2)

中1の2学期が始まりました。

みなさん、充実の夏休みを過ごされましたか?
私たち家族は、比較的ゆっくりと過ごせた夏でした。

さやはというと、
小学生の夏休みと言えば、宿題はマシーンがやっていたので、
毎日朝から晩まで遊び放題でした。
中学生はですね、、、中学生でも遊びますよ^^。
行動範囲が広がるので、友達と歩いて(勝手に)ショッピングモールへ行ったり、
(勝手に)バスに水族館へ言ってみたり、
プールへ行ったり、スーパーのイートインスペースで何時間もしゃべってたり。。。
時々、一人っきりで勉強道具抱えて、どこか行くこともあります。
どこで勉強してるのかな?そのへんは不明です。
午前中はほとんど部活だったので、
帰宅後はバタンと倒れた格好で、うつぶせで寝ていることもありました(笑)

家では、絵を書いたり、読書したり、新聞読んだりしています。

これまでとは違う感じで、充実の夏休みを過ごせたようです。

学習面に関しては、夏休みの宿題を早く終わらせ、2学期に備えようとしていたのですが、
出来ませんでした(泣;)
夏休みの宿題がmずーっとずっと、夏休み中続いておりました。。。
a0216711_12475495.jpg
1学期の復習という面では、冊子やプリントで出来たことは良かったと思いますが、
前向きな学習だったかというと、そうではないように感じます。

言っても言っても、宿題以外はやらないので、
半分あきらめつつ、一緒に、理科の実験を手伝ったり、
家庭科の料理をしながら過ごしていました。。。



週末は、休み明けの実力テストがあります。
実力テストなんだから、準備しなくても・・・と思うのは私だけ?
本人、テストへ向けて勉強しています。

昨夜の様子です。
a0216711_16343299.jpg
a0216711_16345551.jpg
何をしているのかというと、漢字のプリントから、熟語を書いています。
相当な量があります。。。
左側の紙にあるのが、1回目に書いたもの。
そこで、書けなかったものだけを、右の紙に書き出しています。
本人なりに考え工夫しているようです。
あれ程、IF法で覚えていたのにね、書くんだね。

こんな感じで、英語の単語もいーっぱいあるそうです^^;
カンバレ!!


Smile^^。












[PR]
by tubomilog2 | 2017-08-30 16:55 | 中学生活 | Comments(2)

あのチャレンジがあったからこそ・・・

さやは、5年生の時に、友達関係でうまくいかない時期がありました。

4年生の終わり頃から、

友達関係に、“飽和感”を感じていました。

それは、友達がどうとかじゃなくて、

自分を見つめ始めたのだと思います。

自分はどんな人間なのか、何が好きで、何が似合って、

人からどうみられているとか・・・いろいろあったと思います。

そんな状態で5年生を迎え、仲の良い友達がたくさんいるクラスでしたが、

あえて、触れたことのないタイプの子のグループに入りました。

そこでは、いろいろあって、本当にいろいろあって、

一言では言い切れないのですが、

今思えば、これまでと違う自分を見てみたい、知らない世界、知らない趣味に

触れてみたい、そんなチャレンジだったのだと思います。

しかし、残念ながら、そのグループとは合わず、

5年生の後半には、そのグル―プから自然と離れるようになり、

既に他のグループにも入ることが出来ない状態で、

一人ぼっちの数か月を過ごしたというわけです。

小学校には、保育園から一緒の子たちがたくさんいるのですが、

その子達が、受け入れてくれなかったことは、

本人はもちろん、私もとてもショックでした。



その間、1日だけ、お腹が痛いと言って学校を休みました。

しばらくは暗い表情をしていましたが、

5年生の2月頃、それまであまり接したことのない同じクラスのある女子が、

そんな暗いトンネルから引っ張り出してくれたのです。

それが、今の仲良しグループの一人です。

そして、春休みの願掛け(玄関掃除)が叶い、その友達と同じクラスになったというわけです!




・・・・・

なぜ、そんなつらい出来事を振り返ったのかというと、

先日、さやが、友達からとても嬉しい言葉をもらったからです!


剣道部1年生の部員の中には、

保育園から一緒の子が2人いて、今もとても仲良しです。

その1人の子との会話で、

5年生の当時、さやが入っていたグループの子の話題が出た時の事、

「さやさあ、5年の時、○○さん達と仲良かったやん。

 あのころのさやって、顔がすごくかわいくなかった~!

 なんであんな人たちと一緒にいるんだろう、

 いやだなあ、って思ってた。

 でも、今のさやはそうじゃなくて良かった~!」って言ってくれたそうです。

そんな嬉しい言葉を言ってくれる友達がいてくれるなんて幸せ者だなあ。



5年生の時のさやのチャレンジ。

あれは、彼女の中でもとても辛くて悲しい経験ではあったけれど、

あれがあったから、いろんなことが“見えた”と、本人が言います。

だらこそ、今、ホンモノの友達がいてくれるのだと。

自分に必要なものは何か、自分が大切にするものは何か、

自分はどんな“人たち”といたら幸せなのか・・・

小さいころから、彼女にとって、“人”がとても大切な存在であったからこそ、

“人”を知りたいという欲求があったわけだし、

そこから、たくさんのことを学ぶことが出来たのだろうと、

わが子ながら、とても尊敬しています。

彼女は、決して、人の悪口を言いません。

価値観が合わない人、嫌なことをする人、理解しがたい人等などいろいろいますが、

彼女は、人を人として否定しません。

大人の方が、いつも学ばされています。

人を大切に想うから、

たくさんの人から愛されるのですね^^。


Smile^^。











[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-27 12:46 | 中学生活 | Comments(0)

中1の1学期を振り返って

夏休みが始まり、さやは、部活に遊びに楽しい毎日を過ごしています。

さやが所属する剣道部の夏休みのスケジュールは、

平日練習は午前中のみ、 土日は休み!

という、運動部とは思えないスケジュール♪♪♪

学校の方針なのか、部活動時間の中に、宿題時間というのもあって、

みんなで、宿題の進捗を確認し合い、学習を進めるという時間もあるとか。



そうそう、顧問の先生、とってもユニークでいい感じ~なんですよ!

給食時間になると先生がやってきて、生徒たちが食べている最中に、

「剣道部は手を挙げろ~!」と言って、剣道部の子に、

「たくさん食べてでっかくなれ~!!」と、

おかずのおかわりをついでまわるそうです(笑)

「先生、私たまねぎ減らしてください!」という子には、

「たまねぎいっぱい食べろ~!」といっぱいついでくれるそうです(笑)

「私、いっぱい食べたよ♪」と言ってました♪


また、終業式には、

各クラスで通知表をもらう時間になると、

先生が順次クラスをまわり、

「剣道部~! 通知表見せろ~! 

 (評価)5の数×100を1000本素振りから減らすからな~!」と言われ、

一人ずつ提出(怖!!)

5が少ない子は、ペシッと叩かれるそうです。

さやが、提出すると、先生は目を丸くして、

通信表を両手で、深々と頭を下げて渡されたそうです。

そうなんです。中身はというと、

評価5が6つ(国・数・社・理・英と体育)もあったので。

「今日の素振り、ラクやった♪」と自慢げでした。

そんな、「文武両道」をモットーとする顧問の体育の先生です。



そんな先生が顧問なので、厳しいけど、毎日とっても楽しいようですよ。

1年生15人(女子14・男子1)、誰ひとりやめる気配なく、

みんな、「剣道楽しい~♪」と言ってるそうです。

練習では、打たれて「痛~い!」と泣いている女子が多いですが(笑;)

みんな、一生懸命がんばってますよ♪ かわいいです^^。


昨日は、高校生の剣道の全国大会「玉竜旗」が福岡マリンメッセで開催されたので、

先生に引率していただき、みんなで観戦に行っていました。

今日は、先生のご都合により、練習は休みなので、

先輩と一緒にプールに行ってます♪

楽しい楽しい夏休みです^^。



1学期が怒涛のように過ぎて行ったので、家族みんな、

やっとホッとしているところです。

週末は、久々に家族で海ノ中道海浜公園へサイクリングに行ってきました!

暑かったけど、気分爽快でした!!

a0216711_15275784.jpg







改めて1学期を振り返ると、

自らが“人”を基準に選んだ部活では、とても良い仲間に巡り合えたし、

クラスでも、自分を惜しみもなく(笑)表現して、

別の小学校からきた友達とも仲良くなり、

先生方ともうまく交流でき、

なにより、本人が不安がっていた、「自分の立ち位置」がだいたい見えたようで、

「1年生、こういう私でいこう!」というところが明確になったように感じます。


勉強面では、数字で見える結果は良かったけれど、

学習スタイルが確立できないままでした。

宿題のやり方にもあまり工夫が見られず、

あったといえば、夜の時間を作る為に、昼休みに宿題を少し進めることくらい?

さやにとっては、大きな進歩でしたが。。。(笑)

こんな、のろのろな進み具合ですが、

長期休暇に入り、やっと、時間が出来たので、

夏休みの宿題をとっとと終わらせてもらって、

家庭学習スタイルをしっかり認識してもらうことを目標としたいと思います。

あれも、これもと、いろいろ伝えたいことはありますが、

焦らず、でもタイミングを逸しないよう、取組みます!

1学期は出来ませんでしたから。

ブログでは、夏休みの取組みも、お伝えしていきますね^^。

模索する中1親子を見ていてくださいね^^。



Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-26 12:32 | 中学生活 | Comments(0)

中学生活はとにかく忙しくて・・・

娘は、中学生活、毎日毎日、200%のパワーで駆け抜けています!!

期末テストが終わり、中体連も終わり、夏休みの学習スケジュールを立てたーーーい!

と切望している母でありますが。。。

次々次々次々次々・・・・と、学校はそんなすき間を与えてはくれません。

秋開催のクラス対抗合唱コンクールに向けた準備がはじまりました。

先生は、部活練習中にも関わらず、さやを呼び出し、

誰が何の役割に向いているかさやから聞き取りを行い、

「さやさんには、コンクールリーダーになってもらいますが(自ら立候補していたらしい)、

指揮者にもなってほしいんですよね。

それに、歌がうまいから(声が超でかい!)歌って

みんなをリードしてほしいのもありますが、

ピアノ弾ける人がいないから、リーダーとピアノをお願いします。」と。

ピアノ・・・そんなに上手くないのに。。。

実際、候補曲4曲中、ピアノ弾きたいのは1曲だけ「モルダウ」だったそうですが、

皆からは暗い、不気味だと不評で、さやともう一人しか投票しなかったとか(笑)

そう、さやは、暗い・・・というか、ドラマティックな悲しみやむなしさ、

そんな気持ちを表現するような曲が好きだからなんです…

決まったのは、夢と希望にあふれる、中学生らしい曲になり、

「こんなアップテンポな曲は弾けん!誰か変わって~~~!」と、

嘆きながらも、毎日練習に励んでいます。

ピアノ伴奏もですね、1週間で仕上げなくてはいけなくて、

本人必死です。だって、ピアノは、本当に趣味でやってるんだもん♪



それから、先週は、「学年集会」があり、各委員会や係ごとの反省などを発表する場が

あり、さやは、その司会を任され(これも自ら立候補)、

初の司会役挑戦に、毎日原稿を読んで練習してました。

本人の感想としては、あまりうまくできなかったと言ってましたが、

集会終了後には、たくさんの先生方が、「良かったよ!」と声かけて下さり、

中には、マイクの使い方や、声の出し方、間の取り方や、途中の目の配らせ方など、

アドバイスもいろいろと頂いたようです。

自ら役を申し出て、アドバイスをもらえるなど、こんな良い機会をもらえるなんて、

ラッキーな子だなあと思います。



さらにはですね、

明日の終業式では、全校集会として、

各学年の代表者が、学年全体の反省と2学期の目標などを発表するそうですが、

これもさやがやることに。。。(こんなにいいんですか?)

これに関しては、一昨日の晩、別のクラスの先生から自宅に電話があり、

「1年生の先生たちで話し合った結果、

代表者をさやさんにお願いしようということになったので、

明日までに原稿用紙1枚にまとめてきてね♪」 と。。。

おいおい!!  ってツッコミたくなりますが、

さやはその晩、遅くまで原稿を書き、翌朝提出しました。

そして、昨晩は、その原稿の暗記を頑張ってやってました。(かなり難しそうでした)



いやあ、こんなに、勉強以外でも経験と学びをいただける機会を

もらえるなんて、ラッキーすぎますね!!

これも鍛練ではありますけど、

先で必ず実を結ぶだろうなあと感じます。

ひとつひとつに、きちんと振り返りと次への工夫までできる機会を

いただいてますからね~。

本人の「私、なんでもやれそう、やってみたい!」というやる気こそ、

褒めるべきことかなあと思いますが、

先生方の信頼と励ましの言葉も、彼女をより盛り上げる意味でも

とてもありがたい事だと感じています。



長くなりましたが、

というわけでですね(笑)、

宿題以外の勉強どうするのよ? って感じなんです~~~(悲;)

きっと、この調子で、夏休みも過ぎていくのかしら~?

いか~んっ(危)!!




Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-20 14:56 | 中学生活 | Comments(4)

わが家の主役♪

部活が終わって家に着き、

玄関ドアを開けると、

両親がそろって玄関で

『おかえり~~っ!拍手~~~っ!!(パチパチパチパチ)177.png

『もう、やめてよぉ~。。。』

とあきれ顔のさや。

『なんで拍手なん?』と聞くので、

『だって、娘が無事に帰ってきたら嬉しいやん♪』と、両親で答えると、

『意味わからん。。。』と苦笑いされます。

小学生までは、当然、私たち夫婦の方が帰りが遅かったので、

中学生になって部活が夏時間になり、

今はさやの方が遅く帰ります。

毎日娘を迎えることなどなかったので、嬉しい主人と私なのです。




体育大会の日は、

玄関を開けるなり、家族そろって、

『さあ、今日の主役が帰ってきました~! はくしゅ~!!(パチパチパチパチ)177.png』に

右手を挙げ、廊下をパレード177.png177.png177.png

心底ご満悦のさやでした^^。



※ちなみに、両親が夕飯づくりに忙しかったある日のこと。
 帰宅すると拍手がないので、
 『今日拍手ないと?』とさや(笑)
 『ごめんごめん!ごはん作りよって帰ってきたこと気づかんかった!』と両親。
 『もう!』と怒られる両親(笑)


Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-08 15:19 | 中学生活 | Comments(0)