つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中学生活( 10 )

あのチャレンジがあったからこそ・・・

さやは、5年生の時に、友達関係でうまくいかない時期がありました。

4年生の終わり頃から、

友達関係に、“飽和感”を感じていました。

それは、友達がどうとかじゃなくて、

自分を見つめ始めたのだと思います。

自分はどんな人間なのか、何が好きで、何が似合って、

人からどうみられているとか・・・いろいろあったと思います。

そんな状態で5年生を迎え、仲の良い友達がたくさんいるクラスでしたが、

あえて、触れたことのないタイプの子のグループに入りました。

そこでは、いろいろあって、本当にいろいろあって、

一言では言い切れないのですが、

今思えば、これまでと違う自分を見てみたい、知らない世界、知らない趣味に

触れてみたい、そんなチャレンジだったのだと思います。

しかし、残念ながら、そのグループとは合わず、

5年生の後半には、そのグル―プから自然と離れるようになり、

既に他のグループにも入ることが出来ない状態で、

一人ぼっちの数か月を過ごしたというわけです。

小学校には、保育園から一緒の子たちがたくさんいるのですが、

その子達が、受け入れてくれなかったことは、

本人はもちろん、私もとてもショックでした。



その間、1日だけ、お腹が痛いと言って学校を休みました。

しばらくは暗い表情をしていましたが、

5年生の2月頃、それまであまり接したことのない同じクラスのある女子が、

そんな暗いトンネルから引っ張り出してくれたのです。

それが、今の仲良しグループの一人です。

そして、春休みの願掛け(玄関掃除)が叶い、その友達と同じクラスになったというわけです!




・・・・・

なぜ、そんなつらい出来事を振り返ったのかというと、

先日、さやが、友達からとても嬉しい言葉をもらったからです!


剣道部1年生の部員の中には、

保育園から一緒の子が2人いて、今もとても仲良しです。

その1人の子との会話で、

5年生の当時、さやが入っていたグループの子の話題が出た時の事、

「さやさあ、5年の時、○○さん達と仲良かったやん。

 あのころのさやって、顔がすごくかわいくなかった~!

 なんであんな人たちと一緒にいるんだろう、

 いやだなあ、って思ってた。

 でも、今のさやはそうじゃなくて良かった~!」って言ってくれたそうです。

そんな嬉しい言葉を言ってくれる友達がいてくれるなんて幸せ者だなあ。



5年生の時のさやのチャレンジ。

あれは、彼女の中でもとても辛くて悲しい経験ではあったけれど、

あれがあったから、いろんなことが“見えた”と、本人が言います。

だらこそ、今、ホンモノの友達がいてくれるのだと。

自分に必要なものは何か、自分が大切にするものは何か、

自分はどんな“人たち”といたら幸せなのか・・・

小さいころから、彼女にとって、“人”がとても大切な存在であったからこそ、

“人”を知りたいという欲求があったわけだし、

そこから、たくさんのことを学ぶことが出来たのだろうと、

わが子ながら、とても尊敬しています。

彼女は、決して、人の悪口を言いません。

価値観が合わない人、嫌なことをする人、理解しがたい人等などいろいろいますが、

彼女は、人を人として否定しません。

大人の方が、いつも学ばされています。

人を大切に想うから、

たくさんの人から愛されるのですね^^。


Smile^^。











[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-27 12:46 | 中学生活 | Comments(0)

中1の1学期を振り返って

夏休みが始まり、さやは、部活に遊びに楽しい毎日を過ごしています。

さやが所属する剣道部の夏休みのスケジュールは、

平日練習は午前中のみ、 土日は休み!

という、運動部とは思えないスケジュール♪♪♪

学校の方針なのか、部活動時間の中に、宿題時間というのもあって、

みんなで、宿題の進捗を確認し合い、学習を進めるという時間もあるとか。



そうそう、顧問の先生、とってもユニークでいい感じ~なんですよ!

給食時間になると先生がやってきて、生徒たちが食べている最中に、

「剣道部は手を挙げろ~!」と言って、剣道部の子に、

「たくさん食べてでっかくなれ~!!」と、

おかずのおかわりをついでまわるそうです(笑)

「先生、私たまねぎ減らしてください!」という子には、

「たまねぎいっぱい食べろ~!」といっぱいついでくれるそうです(笑)

「私、いっぱい食べたよ♪」と言ってました♪


また、終業式には、

各クラスで通知表をもらう時間になると、

先生が順次クラスをまわり、

「剣道部~! 通知表見せろ~! 

 (評価)5の数×100を1000本素振りから減らすからな~!」と言われ、

一人ずつ提出(怖!!)

5が少ない子は、ペシッと叩かれるそうです。

さやが、提出すると、先生は目を丸くして、

通信表を両手で、深々と頭を下げて渡されたそうです。

そうなんです。中身はというと、

評価5が6つ(国・数・社・理・英と体育)もあったので。

「今日の素振り、ラクやった♪」と自慢げでした。

そんな、「文武両道」をモットーとする顧問の体育の先生です。



そんな先生が顧問なので、厳しいけど、毎日とっても楽しいようですよ。

1年生15人(女子14・男子1)、誰ひとりやめる気配なく、

みんな、「剣道楽しい~♪」と言ってるそうです。

練習では、打たれて「痛~い!」と泣いている女子が多いですが(笑;)

みんな、一生懸命がんばってますよ♪ かわいいです^^。


昨日は、高校生の剣道の全国大会「玉竜旗」が福岡マリンメッセで開催されたので、

先生に引率していただき、みんなで観戦に行っていました。

今日は、先生のご都合により、練習は休みなので、

先輩と一緒にプールに行ってます♪

楽しい楽しい夏休みです^^。



1学期が怒涛のように過ぎて行ったので、家族みんな、

やっとホッとしているところです。

週末は、久々に家族で海ノ中道海浜公園へサイクリングに行ってきました!

暑かったけど、気分爽快でした!!

a0216711_15275784.jpg







改めて1学期を振り返ると、

自らが“人”を基準に選んだ部活では、とても良い仲間に巡り合えたし、

クラスでも、自分を惜しみもなく(笑)表現して、

別の小学校からきた友達とも仲良くなり、

先生方ともうまく交流でき、

なにより、本人が不安がっていた、「自分の立ち位置」がだいたい見えたようで、

「1年生、こういう私でいこう!」というところが明確になったように感じます。


勉強面では、数字で見える結果は良かったけれど、

学習スタイルが確立できないままでした。

宿題のやり方にもあまり工夫が見られず、

あったといえば、夜の時間を作る為に、昼休みに宿題を少し進めることくらい?

さやにとっては、大きな進歩でしたが。。。(笑)

こんな、のろのろな進み具合ですが、

長期休暇に入り、やっと、時間が出来たので、

夏休みの宿題をとっとと終わらせてもらって、

家庭学習スタイルをしっかり認識してもらうことを目標としたいと思います。

あれも、これもと、いろいろ伝えたいことはありますが、

焦らず、でもタイミングを逸しないよう、取組みます!

1学期は出来ませんでしたから。

ブログでは、夏休みの取組みも、お伝えしていきますね^^。

模索する中1親子を見ていてくださいね^^。



Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-26 12:32 | 中学生活 | Comments(0)

中学生活はとにかく忙しくて・・・

娘は、中学生活、毎日毎日、200%のパワーで駆け抜けています!!

期末テストが終わり、中体連も終わり、夏休みの学習スケジュールを立てたーーーい!

と切望している母でありますが。。。

次々次々次々次々・・・・と、学校はそんなすき間を与えてはくれません。

秋開催のクラス対抗合唱コンクールに向けた準備がはじまりました。

先生は、部活練習中にも関わらず、さやを呼び出し、

誰が何の役割に向いているかさやから聞き取りを行い、

「さやさんには、コンクールリーダーになってもらいますが(自ら立候補していたらしい)、

指揮者にもなってほしいんですよね。

それに、歌がうまいから(声が超でかい!)歌って

みんなをリードしてほしいのもありますが、

ピアノ弾ける人がいないから、リーダーとピアノをお願いします。」と。

ピアノ・・・そんなに上手くないのに。。。

実際、候補曲4曲中、ピアノ弾きたいのは1曲だけ「モルダウ」だったそうですが、

皆からは暗い、不気味だと不評で、さやともう一人しか投票しなかったとか(笑)

そう、さやは、暗い・・・というか、ドラマティックな悲しみやむなしさ、

そんな気持ちを表現するような曲が好きだからなんです…

決まったのは、夢と希望にあふれる、中学生らしい曲になり、

「こんなアップテンポな曲は弾けん!誰か変わって~~~!」と、

嘆きながらも、毎日練習に励んでいます。

ピアノ伴奏もですね、1週間で仕上げなくてはいけなくて、

本人必死です。だって、ピアノは、本当に趣味でやってるんだもん♪



それから、先週は、「学年集会」があり、各委員会や係ごとの反省などを発表する場が

あり、さやは、その司会を任され(これも自ら立候補)、

初の司会役挑戦に、毎日原稿を読んで練習してました。

本人の感想としては、あまりうまくできなかったと言ってましたが、

集会終了後には、たくさんの先生方が、「良かったよ!」と声かけて下さり、

中には、マイクの使い方や、声の出し方、間の取り方や、途中の目の配らせ方など、

アドバイスもいろいろと頂いたようです。

自ら役を申し出て、アドバイスをもらえるなど、こんな良い機会をもらえるなんて、

ラッキーな子だなあと思います。



さらにはですね、

明日の終業式では、全校集会として、

各学年の代表者が、学年全体の反省と2学期の目標などを発表するそうですが、

これもさやがやることに。。。(こんなにいいんですか?)

これに関しては、一昨日の晩、別のクラスの先生から自宅に電話があり、

「1年生の先生たちで話し合った結果、

代表者をさやさんにお願いしようということになったので、

明日までに原稿用紙1枚にまとめてきてね♪」 と。。。

おいおい!!  ってツッコミたくなりますが、

さやはその晩、遅くまで原稿を書き、翌朝提出しました。

そして、昨晩は、その原稿の暗記を頑張ってやってました。(かなり難しそうでした)



いやあ、こんなに、勉強以外でも経験と学びをいただける機会を

もらえるなんて、ラッキーすぎますね!!

これも鍛練ではありますけど、

先で必ず実を結ぶだろうなあと感じます。

ひとつひとつに、きちんと振り返りと次への工夫までできる機会を

いただいてますからね~。

本人の「私、なんでもやれそう、やってみたい!」というやる気こそ、

褒めるべきことかなあと思いますが、

先生方の信頼と励ましの言葉も、彼女をより盛り上げる意味でも

とてもありがたい事だと感じています。



長くなりましたが、

というわけでですね(笑)、

宿題以外の勉強どうするのよ? って感じなんです~~~(悲;)

きっと、この調子で、夏休みも過ぎていくのかしら~?

いか~んっ(危)!!




Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-20 14:56 | 中学生活 | Comments(4)

わが家の主役♪

部活が終わって家に着き、

玄関ドアを開けると、

両親がそろって玄関で

『おかえり~~っ!拍手~~~っ!!(パチパチパチパチ)177.png

『もう、やめてよぉ~。。。』

とあきれ顔のさや。

『なんで拍手なん?』と聞くので、

『だって、娘が無事に帰ってきたら嬉しいやん♪』と、両親で答えると、

『意味わからん。。。』と苦笑いされます。

小学生までは、当然、私たち夫婦の方が帰りが遅かったので、

中学生になって部活が夏時間になり、

今はさやの方が遅く帰ります。

毎日娘を迎えることなどなかったので、嬉しい主人と私なのです。




体育大会の日は、

玄関を開けるなり、家族そろって、

『さあ、今日の主役が帰ってきました~! はくしゅ~!!(パチパチパチパチ)177.png』に

右手を挙げ、廊下をパレード177.png177.png177.png

心底ご満悦のさやでした^^。



※ちなみに、両親が夕飯づくりに忙しかったある日のこと。
 帰宅すると拍手がないので、
 『今日拍手ないと?』とさや(笑)
 『ごめんごめん!ごはん作りよって帰ってきたこと気づかんかった!』と両親。
 『もう!』と怒られる両親(笑)


Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-08 15:19 | 中学生活 | Comments(0)

体育大会終了!!

昨日、体育大会でした。

さやは学級委員として、また招集係の仕事があったので、

前日夕方まで準備に大忙しでした。

出場種目も、走るのばっかり。

選抜されてるから、責任重大なんです。

・選抜100m走
・学年別600m混成リレー(第1走者)
・部活動対抗リレー(第2走者)
・ブロック対混成リレー(大トリ)(第1走者)
・クラス対抗大縄跳び
・学年種目 トルネード

そう、足の具合は? ですよね。

毎晩、「足の具合は?」と聞くと、

「痛い。最悪。」というので、

「やめようよ。」というけど、「やめない。」というんです。

しかし、

泣きごとなど聞いたことがないさやですが、

2日前、「私、だめかも。。。」というので、

次に控えている人がいるんだから、変わってもらっていいんだよと

無理しないでほしいと話したところ、

「違うよ、負けるかもってこと。1位で走れないかもしれん。。。」

「・・・。」

実は、後で聞いたのですが、

前日に、先生に、お願いしていたそうです。

「もしかしたら当日出場できないかもしれません。
その時は控えの人に変わってもらいたいです。
いつまでに申し出たら良いですか。」と。

そして、控えの人ひとりひとりに、もしかしたらのお願いもしていたそうです。

しかし、当日、不安を抱えながらも、「たぶん大丈夫!」出場。

リレーのスターターでは、全て1位でバトンを渡し、

部活動リレーでは、2位でバトンをもらい、第1カーブで追い抜いて

1位でバトンをつなぎました。

部活動リレーでは、剣道部は竹刀を持って、先輩方はさらに袴を着て走るので

毎年だいたい最後の方でゴールするそうなんですが、

今年は、みんな早くて、最終2位ゴールでした☆

顧問の先生(体育の先生)が、幻の1位を見れただけでも嬉しかった!

と仰っていたそうです♪

クラス対抗大縄跳びも、学年で1位でした。

毎日大縄跳びの練習があっていたのですが、

はじめは1回も飛べなくて、

だんだん、みんなの不満も増え、

誰のせいだとか、悪口や愚痴を言うようになり、

「棄権しよう」という声も出て、クラス会議にまで発展。

学級委員のさやは、なんとか、みんなに言葉を投げかけ、

「心をひとつに!」頑張ったところ、

少しずつ飛べはじめたら、みんな楽しくなっちゃって♪

当日は、たくさん飛ぶことができ、1位に輝いたのでした☆☆☆


それにしても、見ている方は、ハラハラです。

途中で痛くて転んだり、途中棄権するんじゃないかとか、

いろいろなケースを考えてました。

主人も、病院に走れるよう、自転車スタンバイしてたし。

とにかく、何とか終わって、しかも、好成績で終われて

あー、よかった。。。です。


ちなみに、

さやの走り方は特徴的で、

手足がながーくみえるような、余力を残して走ってるような

軽やかな走りをします。

「さや、もっと早く走れるやろー。余裕で走ってない?」と、よく言われるそうです。

本人は、必死です。

でも、とっても楽しんで走っているそうです。

明らかに、小学校の時より早くなってました。

やっぱ、超人でした!

本人も、

「どれも1位だった!私、今日の学年MVPだと思う!!!」と笑ってました♪



不安いっぱいの体育大会がやっと終わりました。

毎日、早く終わればいいのにと思っていました。

さやは、足は痛いと言ってます。

でも、今日の振替休日、早朝から遊びに出かけました。

少しでも、安静に過ごさせたいのですが、

このパワーをどうしたら良いのか。。。ほんとに悩んでます。



Smile^^;










[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-05 12:18 | 中学生活 | Comments(2)

『置き勉』って?


毎日危惧しています。

さやは、こんなに大荷物を背負って、

25分くらい歩いて登校しています。

さやは、体格がしっかりしてるので

見た目、それほど大変に見えないかもしれません。

すごくすごく重いです。

小柄な子、痩せている子は、

前のめりで、自分の1メートル前の地面を見ながら

歩いている状況です。


学校に教科書置けないなんてナゾです!

『置き勉』したら厳しく生活指導を受けるそうです。

西日本新聞のネットニュースより

a0216711_09591214.jpg


笑えない。。。--;




[PR]
by tubomilog2 | 2017-05-22 06:42 | 中学生活 | Comments(0)

12歳、教育の結果の一つです。

先日の母の日、さやが手紙をくれました。

そこには、たくさんのありがとうと、嬉しい言葉の数々がありました。

その中の一文に、こうありました。



「やっぱり、中学生になって、私がいろんなとこで、

 みんなからすごいねって言われることが多いのは、

 私の小さいころからの教育や環境がよかった部分だと思うから、

 お母さんには感謝するばかりの毎日だな~(笑)」



まあ、なんと嬉しい言葉でしょう177.png177.png177.png

そこで、私は、お礼を言いました。


「手紙には、たくさん嬉しいことが書いてあったよ、ありがとう!

 小学校では、ほんとは、さやはもっといろんなことが出来たり、

 取組めたり、上手になったりしたんだと思う。

 でも、実は、お母さんは、ある程度のところで止めていたんだよ。

 中学生になったら、もっともっと伸びていくだろうと思ったかね^^。

 今はもう、お母さんはその手を放したのよ。

 だから、今のさやは、すべてさやだよ。」と。

すると、さやは、

「じゃあ、あたし、今、『魚』?」 (←水に放たれた魚)

私「だね~(笑)」

さや、「そっかー! そういうことかあ(笑)。」




さやが字を読める頃から、たぶん4才くらいから、

私は、毎年さやの誕生日に手紙を書いていて、

その手紙に必ず書くこと(手紙を書かない年は口頭で)があります。

それは、

『あなたの思うように生きてね。』という言葉です。

年によって表現は違ってたと思うけど、このことを言い続けてきました。

この言葉は、さやへのメッセージですが、

実は、毎年、自分自身への戒めでもあったのでした。

自分の子が『思うように生きる』ことが出来る、

そして、それがその子の幸せにつながるということは、

子の思考や行動に問題がないように育て上げるということです。

そんな環境を整え続けるということです。

私は、こんなに大きな命題を掲げていたという事になるんですね。

(いやあ。。。言葉にするとなんとスゴイこと!)

でも、さやが5歳の時にどんぐりに出会って、

どんぐり子育てができたことで、

それが実現できたと思うのです。

もちろん、至らないところもあるし、さや自身、

これからもっと成長してくわけなのですが、

その土台となるものは、ある程度出来たといえるのではないでしょうか。

これが12歳の教育の結果の一つといってもいいかもしれません。

すみません。自慢に感じるかもしれませんが。。。

決して自慢したいわけではなく、どんぐり子育ての一つの結果を

みなさんにも知っていただきたくて、書いてます^^。




中学生になってわかったことがあります。

小さいころからメディア制限をして、

受動的な行いを極力減らして、

宿題等の反復的学習は避け、

習い事の内容や量を調整してきました。

子どもは好奇心の塊なのですから、

見たい、知りたい、やりたいの連続です。

でも、やりすぎないところで止めておいて、

成長段階を優先し、

今しなくてはいけない、

心・情緒を守りながら視考力をつけることをしていった結果、

大切な部分を壊すことなく、

自らの好奇心持って、

爆発させるほどのパワーで突き進むのことができるているのではないのでしょうか。



さやのように、目立つものに興味が多く、すぐに動く子はわかりやすいですけど、

見た目は静かで、でも心はバリバリ燃えている子もいれば、

自分とって良いタイミングを見ている子もいるでしょう。

個性は違えども、きっと、どんぐり子育てをしてもらえた子たちは、

12歳以降、自信を持ってどんどん前進していくんじゃないかなあと思います。

この『自信』はガラスではないのですものねっ!!





『あなたの思うように生きてね♪』

もう、このメッセージも卒業ですね。

もう、伝えなくても大丈夫!

そう思った母の日でした。

こんな幸せな思いをくれてありがとう!


Smile^^。










[PR]
by tubomilog2 | 2017-05-16 12:37 | 中学生活 | Comments(2)

入学から1ヶ月、とばすね~!

中学入学して早1ヶ月が経ちます。

さやの話を聞いていると、

GWも終わり、クラス全体も落ち着き、

授業もしっかりと進みだしたように感じます。

さや自身としては、部活が決まり、

日々のスケジュールも安定しはじめ、

勉強にしても、趣味にしても、その他生活の諸々にしても、

だいたい自分の動きに予測がつくようになり、

緊張もほぐれてきて、精神的も安定してきたように感じます。


まだ、1ヶ月しか経ってませんが、

さや、中学生活、とっても飛ばしてます(笑)

とにかく、あらゆることに関わりたくて、興味や好奇心がいっぱいで、

見て、聞いて、触れて・・・とにかく、時間いっぱいに動いてます。

いくつかお話しすると、

入学早々には、学級委員長になり、

一泊二日の自然教室では、実行委員兼班長。

運動会のブロック長(4ブロックで戦います)に推薦されるも、

先生から、「学級委員としての運動会の仕事もあるからやめて下さい」と言われ断念。

部活はお話しした通り剣道部に入部し、

さらには、「けごちゃんクラブ」というボランティア的な部活にも入りました。

クラス一足が速いので、運動会ではもちろんリレー選手。

大トリのブロック対抗リレーにも、3年生から直にお誘いを受けたそうで、快諾♪

ブロック対抗となれば、絶対に負けるわけにいかない!! そんなわけで、

毎朝、6時半から公園で30分間、ランニング朝練(自主練)をはじめました。

学級委員を受けた時点で、いろいろと目立ってしまい、

いろんな人たちから何かと仕事を任されているようで、結構大変だと思うんです。

きちんとこなしているのかどうかは・・・わかりませんが、

家庭訪問では、先生から、

「とにかく、頑張ってますよ! 自然教室の班長としての仕事、

はじめての経験の割に、なかなかよくできてましたよ!」との言葉。

一つ一つ、試し歩きしながら、

友だちとの絆を勇気に替えて、

チャレンジしてる毎日なのでしょうね~。

まるで水を得た魚のようです(笑)

こんな感じで、

充実感200%の表情で、毎日学校に行ってます。



Smile^^。  















[PR]
by tubomilog2 | 2017-05-15 13:20 | 中学生活 | Comments(2)

新中学生 新たな歩みを始める場面に。

さやのクラスの担任の先生は、

数学担当の女性の先生(私より年齢が上みたい)です。

学級通信第1号に載っている、こんなお話しをご紹介します。

この話しは、

入学式後の教室内で、

先生が強調して仰っていたことです。

とても心に残ったので。


「中学校は新しい歩みを始めることができる場面」です。

小学校には、

楽しかったこと、ケンカしたこと、嬉しかったこと、

出来たこと、出来なかったこと、嫌だったこと、

様々な思い出があると思います。

しかし、思い切って、一人ひとりが転入生になった気分で、

記憶をリセットし、

過去にこだわることなく、互いにいいところ探しからはじめて、

新たな気持ちで友達になってみませんか。

新たな出会いが、

自分でも気づかなかった可能性に

気付かせてくれるかもしれませんよ。


                   以上 学級通信より。


さやの中学校は、さやの小学校と、お隣の小学校の2つの小学校から来ます。

男子70名、女子62名の 計132名の新入生です。

クラスの半分が顔見知りなだけに、

緊張感もさほどない様子。

それだけに、先生のお話しは、とても印象深く心に残ったのです。

先生は、

「クラスを見渡すと、よく知っている友達がいると思いますが、

中には、新しい自分で中学生を迎えようと思っている人もいるかもしれませんね。

この、入学という機会に、ぜひ、やってみてほしいのです。

よく知ってる友達に、

『ねえ○○さん、○○さんって、どんな趣味があるの?』とか、

なんでもいいので、新しく出会った気持ちで話しかけてみてください。」と。


この言葉を言ってもらっておくと、とてもいいですね。

あるのとないのとでは違うと思います。

さやの小学校にも、不登校の子が数名いたしました。

中学校には、今年度より、クラスに入る前に一旦休む教室というのを設けたそうです。

新しいステージのはじまり。

みんながみんな、もちろんさやも含めて、

100%の前向きな気持ちでスタートできるわけではないと思います。

今の時代に、とても優しいお話しだったと、

先生に感謝しました。


また、

娘の生きるステージが変化したことを、

親としても実感させられます。

親も、そんな子どもの新たな歩みをサポートできるよう、

家庭を整えておきたいですね。


Smile^^。









[PR]
by tubomilog2 | 2017-04-20 10:48 | 中学生活 | Comments(3)

文化祭に行ってきました♪

a0216711_17132857.jpg
卒業式の翌日。

さやが希望する高校(学区内トップの公立高校)の文化祭に行ってきました♪

クラスごとに趣向を凝らした企画が満載で、

とっても楽しかったです。

ほんとによく考えられ工夫されチャレンジしてました!

さやは、

「来年の文化祭も絶対行く!」と張り切ってました。

そんな感じで春休みが始まりましたが、

変わらず朝から夕方まで外で遊んでます^^;

「卒業までは、卒業するの嫌だなあ。さびしいなあと思ってたけど、

卒業したら、卒業最高!って思えた。 だって遊べるもん♪」ですって。。。

この連休は、おこづかいでサッカーボールを買い、

張り切って(笑)友だちを誘っていました。

春休み、はじけまくってます~~!!


Smile^^。











[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-21 17:13 | 中学生活 | Comments(0)