つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中学生のさやの様子( 5 )

アウトラインが見えた時・・・わかった!!

期末テストが終わり、ホッと一息です^^。

さやは、また、部活に戻りました。

足はまだまだ治る気配はありません。。。



テストの結果も続々と帰ってきているので、

まとめて記事にしたいと思います。

その中で、気になった事。

技術のテスト問題の中にこのようなものがありました。

a0216711_12391693.jpg
Q  ・・・なぜ、ステンレスが作られたか理由を答えなさい。

さやの回答は、

「生活用品などにも使える軽い物が必要となったから。」

正解は、

「鉄はそのままではさびやすい金属のため、
 さびない金属を開発するためにつくられた。」

これ聞いてショックでした。

知らなかったんだ。。。

教科書には載ってないけど、先生が授業中に話をした内容だそうです。

でもでも、授業で聞き漏らしていたとしても、

ステンレスという身近なモノのことについて、

これまでわが家のキッチンで話したことなかったかな?



これはステンレスだけに言えることではないんですけどね。

小さいころからのいろんな経験や見て触れて感じたものや、

本の中に出てきたものや親とのコミュニケーションの中で知った事。

そんな雑多なことがたくさんあって、そんな中で、

授業を受けた時、

「ああ、そうかあ、あの時のアレだなあ!!」

と感動したり、わかったり、腑に落ちたり・・・

「学ぶこと」って、

生きている中で度々であうことが繋がって、

深い学びになっていくのが理想だと思うので。

これは大人になっても続くものですよね^^。




またまたピアノの先生との会話からですが、

先生の息子さんは、中学生になってぐんと伸びる時期が来たそうです。

勉強ができるようになったなあと感じたのは、

イメージが出来たときだそうです。

つまり、これまでの経験や知識などがつながり、

アウトラインが見えた時、突然わかるようになったそうです。

「わかった!!ぼくわかったよ!!」と興奮して話してくれたそうです。


先生は、そんな息子さんを見て、

これまで裾野を広げておいてよかったと感じたそうです。

何気なく触れてきたこともとても良かったと。



特に「社会科」など、限りなくある分野は明確に表れるそうです。

様々なことに興味を持てるような子育て、環境づくりをしてきたからこそ

理解できるようになったのだと思うと。

さらには、

日頃から、わからない部分に思いをはせるように心がけていると、

理解できることもますます増えていき、

よい結果につながっているそうです。


先生の息子さんは、小学2年生くらいからどんぐり問題に取組み、

さやも、一緒の時期にどんぐり教室へ通ってました。

先生の子育てというのは、

「どんぐり式」で子育てしようと思ってされたわけではありません。

ただ、良い子育てとは何かを追求し、

そんな中で「絶対学力」を読まれ、

糸山先生にいろんなことを質問され、

いろんなことをお話しされていました。

糸山先生の理論にとても共感されていました。

良い子育てをしたいと学び、実行する親というのは、

どんぐり理論にとても近いカタチでなるのではないかと思っています。



とてもとても忙しい中学生活。

充実の中学生活です! 

とても輝いていて、素晴らしい時期だと思います☆

その中で、勉強の重要性が高いことは当然のこと。

だからこそ、小さいころからの子育てが、

五感を使って、

ゆっくり、じっくり、丁寧に、自分で体験し、

それを大切な宝物として納めておいて、

それが、中学生以降になったとき、

理論と共に深い理解と納得につながり、

「わかった!!」「見えた!!(まさにどんぐり!)」となるのでしょうね。

親が子にしてあげられることって、

イベントに参加するだけ、本を与えるだけ、

習い事に行かせる、塾に行かせるなど、

そういうことではないのだということが、

明確に、明確にわかる中学時代です☆




そう考えると、私の子育ては・・・足りてないなあ(笑)

足りてない部分は、勉強してもらわなくてはなりませんね。。。

ごめんね。。。


今日も、とりとめない話になりました。

お付き合いくださり感謝です!


Smile^^。










[PR]
by tubomilog2 | 2017-07-05 12:37 | 中学生のさやの様子 | Comments(0)

どんぐり教育・どんぐり子育てで良かったと思うこと

このお題の内容、多いですよね、私。。。(笑)


つい先日の事。

さやが言いました。

「中学になってもね、医者になりたいって人が多いんよ~。

たくさん稼げるとか言う人いるけど、それだけで決めるもんなんかね~。

わから~ん。」  と。

「さやは、将来の職業について、今の時点ではどう考えてるの?」

と私が聞くと、

「まだ、漠然としてるけど、やってみたいことはあるよ♪

それについても、時々ネットで調べてるし、その職業に就ける条件もわかってる。

私としては、やりたいことを仕事にするのが一番いいと思うんやけどね~♪」

とさやはいいました。

そう、素直に、そう言える娘を嬉しく思いました。


いろんな壁が立ちはだかっても、

その気持ちをずっと持ち続けていてほしいです。


そして、私はこう言いました。

「何のために高校行くのか。何のために大学に行くのか。

そもそも、何のために勉強するのか。

そういうことについては、いままでもたくさん話し合ってきたよね~。

さやは大学行きたいと言ってたから、大学を卒業したら、

あとは、趣味世界で生きていくのだと思う。

趣味というと遊びのようにも聞こえるけど、自分の好きな分野という意味で言ってる。

お父さんは、金融に興味があったからその業界だし、

お母さんは、住まいのことに興味があったから不動産の業界を選んだんだよ。

そういうことだと思うよ。」と、私も素直に答えました。


私がこうしてはっきりとした考えがあるのは、

どんぐり理論で子育てしてきたから言えること。


子育て・教育をするうえで、

インプットとして、どんぐり理論を学び、

アウトプットとして、子育て環境を整えたり、どんぐり問題に取り組みました。

そのいう過程で、純正どんぐりっ子とは言えず、

オリジナルにはなってしまったと思うし、

それが良かった部分と、良くなかったと感じる部分はあります。

でも、それもこれも、「どんぐり」がどうこうではなく、

保護者である私が、どう選択し、どう実践したかの結果でしかないと

心底感じています。


いまさら時間はもどらないので、

修正はできないけど、

私が学び、実践してきたことは本当によかったのではないかと

感じています。


どんぐりっ子ブログや卒業生のブログでのつながりも、

私にとっては、とても大切なこと。

どれだけ助けられたか、そして、今も助けられ続けています^^。

それから、自分の子以外の子にも、どんぐりを伝えている方々。

自分の子だけでも四苦八苦している私は、

自身が力不足で伝播出来ないことを考えると、

本当に頭が下がります。

心から応援しています。


私のブログなんて、性格的にマイナスなことはあまり伝えたくなくて、

良かったこと、うまくいったことばかり書いているから、

単なる自慢ブログに見える人もいる(だろう)中で、

こうして時間を取って見て下さり、

思いを感じて下さることに、意を酌んで下さることに、

ただただ感謝しかありません。



ネットはコワイ存在だと思います。

そのような中でも、心が伝わるよう、

これからも、ブログは続けたいと思っています。

これも、私にとって、良かったことのひとつです♪


Smile^^。

















[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-20 12:00 | 中学生のさやの様子 | Comments(4)

中学生のわからん帳・・・俯瞰してみてね♪

「わからん帳・・・作らない」記事には、

みなさんからコメントをいただき本当に嬉しかったです。

その後、いろいろと考えています^^。

理想としては、わからん帳を「作らせる」ではなく、

本人が、必要と思って、工夫が施されたわからん帳を「自ら作る」こと!ですが、

いまのところ、その様子は全く感じられないので、

そこに少しでも近づけるよう、

投げかけていきたいと思っています。



そんなことも考えながら・・・

昨晩、先日、こんなことをしてみました。

IF法で「俯瞰」の文字を書いてみました。

「俯瞰」の読みと意味も学習しました。

何事も、「俯瞰する」こと大事よ♪ とね^^。



a0216711_10192599.jpg

ついでに、

鳥の目、虫の目、魚の目・・・

「3つの目」も伝えてみました(笑)


a0216711_10192514.jpg

わが家には、大小サイズのホワイトボードがいくつかあるので、

気が向いたら、漢字でも、英語でも、落書き、心の声・・・

いろんなことをホワイトボードに書きます。

最近、書けるようになったという「驚嘆」が気に入ってるそうです♪

最近、漢字テストで間違ったものも振り返り書いてました。


a0216711_10192649.jpg




私が理想とする「わからん帳」という形はちょっと置いとくとして、

さやには、

自分の学習について、

少し高い位置から客観的に眺めてみて、

分析して、

自分でやることを決めてくれるといいなあ♪ と期待しています!


Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-12 13:23 | 中学生のさやの様子 | Comments(2)

さや、足を傷めました

先週末、ジャンプすると左足が痛い(甲が痛い)というので病院に行って、

レントゲンを撮ると特に悪い様子はなかったのですが、

MRIを撮ってみると、‘第2中足骨疲労骨折’の初期状態と判明しました。

左足の人差し指の付け根あたりが痛んでいます。

とばしすぎました。。。

治療には安静しかないのですが、

体育大会に向けての練習も追い込みで、

なるべく足を使わないように・・・と言っても多少はやってるようです。

「痛かったら止めるから大丈夫!」と。。。

心配です。


ーー;






[PR]
by tubomilog2 | 2017-05-24 17:08 | 中学生のさやの様子 | Comments(2)

中学入学したらホッとした

a0216711_11352575.jpg
雨の中の入学式でした。

友人から、雨の入学式にちなんで、

「雨垂れ石を穿つ」という諺メッセージをいただきました。

どんなに小さな力でも根気よく続けていれば成果は必ず得られる!




雨の入学式スタートでしたが、

お昼には雨は上がり、

爽快な心持ちになりました。



式を終え、教室へ行き、制服姿で先生の話を聞いているさやを見ていいると、

私の心の中に、

「あぁ、ここまできたんだなぁ。」という達成感が湧いてきました。

主人も、

「12年間お疲れさまやったね~」と言ってくれて、

同じような心境だったのかなあと感じました。



いろんな思いがあふれ出ましたが、

娘の、希望と自信に満ち溢れた表情を見ていたら、

「子育て、これで良かったな。」と素直に思えました。






ただ、学力に関しては、未達だと思います。。。

どんぐりを見ていると、出来ているところと出来ていないところがあって、

出来ていない部分については、これから

さやに頑張ってもらわないといけないんです。

私の力不足のために、HybridBrainとは言い難い結果で、

本当に申し訳ない思いです。




その夜、さやに、

「中学入学したら、なーんかホッとしたよ~」

と話したところ、

「子育て終わった」感いっぱいの私の表情を見たさやは、

「ちょっと~! 私、これからなんだけどぉ!!!」

と、「まだまだ、見ててよね」感いっぱいに答えてくれました。

その言葉が、嬉しくて嬉しくて、

「その言葉、嬉しい~!!」と伝えました^^。


毎日のように

「やりたいことがいっぱいあるぅ、何しよう♪ 何しよう♪」

と言ってます。

ほんとに輝いてますよ。

こんなに輝いて中学生を迎えられるなんて、

どんぐり子育ての力を実感しました。


桜Smile^^。












[PR]
by tubomilog2 | 2017-04-12 13:20 | 中学生のさやの様子 | Comments(8)