つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:毎日のできごと( 286 )

#近頃のキモチ

#子育て環境設定した家庭
#小学校卒業
#宿題マシーン卒業
#よー(よく)がんばった! (親)
#ほんとにマシーン終わったんだぁ (親)
#わーい♪ (親)
#何しようかな♪ (親)



Smile^^。(イヒヒッ)


[PR]
by tubomilog2 | 2017-04-06 12:34 | 毎日のできごと | Comments(0)

卒業後 ~ 春休みを満喫中♪

さや、毎日朝から晩まで遊んでます。

卒業最高!!と言ってます。。。



遊んでるのは女の子仲良し5人組なんですけどね、

この友達が6年生で同じクラスだったおかげで、

さやは以前の自分を取り戻せたようです。



このグループは、他の友達をいつでもウエルカムにしていて、

ある子が入って遊ぶ時、そこにいない子の陰口が始まると、

5人は、それぞれのやりかたで、陰口を言えない雰囲気を作り出すそうなんです。

そう、このグループでは、絶対に人の悪口を言わないことに(自然と)なっていて、

言いたいことがあるならきちんと本人に言おう!という感じ。


もし、陰口が出ると、ある子は他の話に切り替えたり、

ある子は、「サッカーしようよ~」と切り替えたり、

ある子は、「・・・。(笑顔003.gif)」で無言のメッセージを伝えたり。。。

彼女たちの中にいると、最近とがってきた雰囲気の子でも、

もともとの笑顔あふれる子に戻っちゃうという感じです。



この5人組、みんなの趣味が多種多彩で、

発想や話題の切り口が全く異なる子が集まっていて、

とっても面白くって。

でも、ちゃんとそれぞれの個性を尊重していて、

共有する楽しみもあって、

そういう部分が毎日を輝かせている理由なのかもしれませんね。



昨日は、午前中サッカーで汗を流した後、

午後は、神社・寺めぐり。

福岡の都心の学校なんですけどね、校区内にはたくさんのお寺や神社があるんです。

ひとつひとつ巡って、お参りして、石段でおしゃべりして、

日頃の悪事を詫びたり(笑)、

お地蔵様を眺めたり(笑)、

薄気味悪い場所を楽しんで(笑)。



はじけてばかりの女の子たちに見えますが、実は、

それぞれに抱えていることもあったりして、

結構真剣な話、精神的な話、哲学的な語り合いも多いようです。

「私、何のためにいきてるのかなあ。」とか、

「将来なりたいものないけど。。。」とか、

「部活ってしなきゃいけないのかなあ?とか、」

そういう言葉が出ることもあるそうですが、

それぞれが自分なりの哲学を話し、

心を通わせているようです。



家に帰ってきたら、

トーンが5つくらい上がってる感じで

1日の出来事を話してました!

この春休み、いい感じに調整&前進しているように思います。

4月に入ったら、今度は、中学生活の話が中心になるのかな?


Smile^^。









[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-29 17:05 | 毎日のできごと | Comments(2)

さやの習い事『ピアノ』~ 感性の扉♪

2月にさやの習い事『ピアノ』について少し触れたのですが、

先日、ピアノの先生とお話しし、

とてもよくわかったことがあったので書きます。



以前記事で書いた内容で、

以下、さやにとってピアノとは?と聞いたときのさやの返答。

「ピアノを弾くことが・・・というわけではなく、

私にとっての大好きな「表現をする手段としてピアノがあるって感じ。

別に、ピアノでなくてもいいのかもしれないけどね。

ピアノに限らず、音楽全般に言えることなんだけど、

音楽を聴いたり、ピアノを弾いていると、

音というよりイメージが浮かぶんよね~。

なぜかわからんけどね、

突然、写真?風景?というか、そういうのが頭に出てくるんよ。

音が色で見える(イメージできる?)人っているじゃない。

私には現実的に色は見えないけど、

こんな感じの色合い(グラデーションとか)とか、風景とか、

今まで見たことある描写や、見たことないものも出てくるんやけどね、

リアルな現実でない・・・つまり人のいる世界ではない、

人間が出てこないものが、音楽で表現できる(見ることができる)! ということ。

そういう感じ・・・・かなあ。




こんなこと言ってますけど・・・私にはまったく理解できなくて・・・

というと、先生は、


「演奏をする人と、演奏しない人との感じ方は全く異なるのですよ。と。また、


「演奏中に「発散」しているものは、

他のもの(スポーツだったり絵を描くことだったり・・・)発散するものとは

全然違うものが出ていると思います。とも。


色とかイメージとかを感じて、

 そのグラデーションのこの辺のあたりで弾くとかいう感覚は

 演奏者はよくあることなんですよ。

 そうですか。さやちゃん。。。そうですか。扉が開いていたんですね!!」


扉!?


そうかあ、感性の扉が開いていたということなんだあ。


そして、

この扉というのは、簡単に存在するものではないことも知りました。


「小さいころ練習のやり方によって、扉を閉じてしまったまま大人になり、

演奏している人が非常に多いんですよ。

扉が開いている人とそうでない人というのはすぐにわかります。

扉というのは、大人になってからでは、どんなに頑張っても開かないものなんですよ。と。


そうかあ、音楽の分野も、教育と同じなんですね。



そういえば、

先生は小さいころから言ってくださってました。

(※ピアニストにするつもりはないということを断ったうえで4歳からレッスンを開始)


「子どもの頃にしか習得することができない部分を大切にレッスンしています。

 技術的な部分は、その後からで十分育ちます。 

 さやちゃんには、今は、いろんな感じたもの触れたものから

 たくさんの宝物を心に貯めておいてほしいと思います。」と。




そういえば1年ほど前(5年生時)、練習しないことを相談したとき、先生は、

「さやちゃんは、今は、いろんなことに興味を持って、いろいろやりたい時期でしょう。

さやちゃんが、今後もピアノを続けるかどうかはわかりませんが、

もし、いつか、‘ピアノ’にベクトルが向いた時に、うまくいくように育ってますよ。

そうなるように教えてますよ。と。」

納得しました。



やっぱ、環境なんだな。

普段は練習もあまりせず、やる気が(全く!)ないように見えるけど、

本人にとっては、

ピアノはなくてはならないものなんですね。

全くわかりませんでした。


そういえば5年生の後半でいじめにあっていたころ、毎日毎日ピアノを弾き続けていました。

私は、「没頭することで気を紛らわせていた」と捉えていたのですが、

そういうものではなさそうです。

「人間が出てこない世界が見れる」というのだから。。。



先生が、扉を閉じることなく、そのように大切に育ててくださったから、

いま、まさにそのたくさんの宝物たちを使って

表現が好き、楽しいと思えるようになったのでしょうね。


最後に先生は、

「お母さんとはドンピシャの考え方ですから、とてもやりやすですよ^^。」

と言って下さいました。 もう感激でした!

このように、同じ価値観で子どもを一緒に育てて下さる、家族以外の方がいてくださること、

さやはなんて、ラッキーなんでしょう☆☆☆





そして、今回知った、もう1つのことがあります。


私が先生に、

「娘はいろいろなことに器用で、

小手先でちょろちょろっとやって良い結果を出すタイプだと思うから、

ピアノに関しても心配してたんです。」というと、


「いいえ、さやちゃんは、小手先だけでやって、その場だけうまくまとめたりしませんよ。

自分のペースではありますけど、ちゃんと向き合ってやってますよ。」と。


「さやちゃんのように、多くの事に興味を持ち、それなりに上手にやれる子、

お母さんからしたらさやちゃんしかしらないから普通に思うかもしれませんが、

誰もがそうではないんですよ^^。


ただ、これからは、世界が広くなり、同じようにできる子もたくさんいる中で、

さやちゃんがどうこなしていくのかですね。とても楽しみです♪


中学生、高校生になってもピアノを続けている子というのは、大まかに2通りあります。

1つは、音大を目指す子。

もう1つは、頭のいい子です。頭がいいというのは、とっても忙しい学生生活の中でも、

勉強も部活も友人関係も、そしてピアノも限られた時間で効率的にできる子です。

なにより、ピアノが好きで、ピアノを続けるかやめるかなどという考えはないような子です。


4月からは、限られた時間の中でやるピアノの練習法をさやちゃんに教えます。

さやちゃんが、今後もピアノを続けるかどうかはわかりませんが、

やり方というのはありますからね^^。」とも。


これには衝撃を受けました。

私は娘を疑っていたことになります。

謝罪しかありません。

私は、この後、心から娘に謝りました。


わかっているようで、わかっていない。。。

応援できてなかったですね。

なんと情けない親でありました。


「習い事」については、

わが家はこの先生のおかげで、

成長に支障がなかったと言えると思います

まれなケースではないでしょうか。


今回、先生と話した中で、他にも重要なお話しがあったので、

後日記事にしますね。




Smile^^。


















[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-24 16:36 | 毎日のできごと | Comments(2)

大丈夫?

普段、フルタイムで働いてまして、そんな平日の昼休みは、

スーパーに買い物に行くことが多いです。

手製弁当を気持ち早食いし(笑)、

買い物メモ見ながら、スーパーを1周します。

食料品のスーパーを1周し、

珈琲ショップで豆をひいてもらい、

ホームセンターで日用品を買う!!!!!

休憩時間1時間以内に終わらせなくてはならないので

超ダッシュです。

職場から歩いて5分圏内にこれらのお店はあるのですが、

マイカーを使います(爆) 1秒を争いますからね^^。

そんな私の昼休みの表情はお見せできないわぁ。。。


それはさておき、

そんな昼休み、スーパーのレジで感じたことです。

私の前に並んでいた、30代前半と思われる主婦(乳児づれ)さんが、

レジのスタッフさんと交わした会話より。

スタッフさん
「ポイントカードはお持ちですが?」

主婦さん
「大丈夫です♪」

スタッフさん
「袋はご入り用ですか?」

主婦さん
「大丈夫です♪」

スタッフさん
「10,000円からでよろしいですか」

主婦さん
「大丈夫です♪」


全部「大丈夫です♪」って、明るく答えていらしたけど。。。

よくわからなくなってきて。。。



「大丈夫です」

実際、私自身も使ってます。 

すっかり万能語になってしまった「大丈夫」を、

私はどんな時に使ってるのか振り返ってみると、

だいたい、深く考えたくない時(疲れてる時)に使ってることに気づきました。

本来は、話している相手に対して、

大丈夫な状態だとしても、

「結構です」とか「良いです」とか「足りてます」とか

意味のある言葉で返していますが、

その言葉すら考えたくない、気遣えないときに使ってました。

いかんですね!!

今晩、さやと話し合ってみよう!

「大丈夫」について。



Smile^^。



















[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-22 16:26 | 毎日のできごと | Comments(0)

卒業しました!

a0216711_22561303.jpg


a0216711_22561408.jpg


a0216711_22561499.jpg


とうとう卒業しました!

みなさんが見守って下さったおかです!

ありがとうございました(⌒▽⌒)

あー、ひと区切りつきましたね〜〜。




感想は…

式終了後に教室に戻り、

一人一人が家族へメッセージを伝えました。

さやは、

「家族のみんなは、私に、

あれしろ、これしろとは言いませんでした。

それは単に私を放置していたわけではなく、

自分の力でチャンスをつかめ!

ということだと思いました。

ありがとう!」

と言ってくれました。

嬉しかったです!


smile^ ^。




[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-17 22:54 | 毎日のできごと | Comments(4)

さや、好き嫌い、ありません。

a0216711_17254742.jpg

スーパーで普通に買ってきたミニトマト(アイコ)をあるものに漬け込むと・・・

必ず浮いてきます。

この時期だと、イチゴ、浮いてきます。

何につけたかというと・・・



天然高純度貝殻100%パウダー 「リムーバブルX」  

a0216711_17322944.jpg
すごくいいので宣伝します^^。

白い粉なんですけどね、耳かき一杯程度の量を水に溶かします。

これにつけると、美味しさが増すんですよ~

いやいや、

正確には、「増す」のではなく、一皮むけた」んだと思います。

本来のおいしさを取り戻したのでしょう☆☆☆


野菜、果物はもちろんのこと、

お米や、わかめ、ところてん、こんにゃく(灰汁とれてるし)なども。

驚くなかれ!

魚(切り身、刺身用ブロック)も、

肉(さすがにばら肉は漬けることはできないけど、

鶏肉は必須!ほんと鶏肉はおどろくほど出ます。)


食材そのものがおいしいと、食べ方も変わりますよ。

さやは、ドレッシング、マヨネーズとか絶対に使いません。

「そのままが1番美味しい!」と言います。

美味しいものをたくさん知っているからかな?

好んでまでは食べないというものはあるけど、

嫌いなもの、食べることができないもの・・・全くなしっ!!



Smile^^。












[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-13 18:25 | 毎日のできごと | Comments(0)

中学入学までしておくことに悩む。。。(過去ログ熟読中)


中学入学するまでにやっておくこと、

たくさんあると思うんですど。。。

中学生活全般に関しては、あんまり不安はないんですけどね。

重要な学習に関しては、どう投げかけていいのか、

どこから話していいのか、

悩んでます。

どんぐり先生からのメッセージ(「中学生のための教育講演会」)を、いつ、どう伝えたら良いかも。

中学になったら自分でやり方を工夫して勉強することについては

既に伝えてます。

(自動宿題しますマシーンは存在しない、とか。)



今は、過去ログ熟読中です。

過去ログって、一度流して読んだことあるんですが、

今読むと、本当に底から納得できることがたっくさんありますね。

親として成長したということかな。

いまごろ? (笑)



Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-01 15:39 | 毎日のできごと | Comments(4)

わかっているだろうと思わずに...

12歳になった娘は、

自己確立期(思春期)に入ったわけです。


娘とのやりとりにも、気を遣うことが増えました。

反抗というほどの態度はないのですが、

以前とは明らかに違います。

そんな娘の機嫌も気になることもあり、

なんとなく、こちらからの言葉も少なくなってしまうことも。。。

でも、最近感じたんですが、

親子関係はもちろんの事、夫婦間、祖母との関係においても、

これくらいのことはわかってくれているだろう、と思わずに、

伝えることが大切なんですよね~。



思い起こせば、

娘との関係においては、小さいころは、

「かわいい かわいい 大好きよ~チュー」みたいなことが

平気で言えていたわけですが、

さすがに12歳にはね~。 

あ、でもぎゅーっと抱きしめることは結構ありますよ。

まだ、苦笑してくれるだけいいけど^^;

でも、言葉を変えればいいだけで、

「あなたが、笑ってくれると、私のこころがほっこりするよ」

「あなたが、元気で出かけて、無事に帰ってきてくれるとホッとするよ」

「あなたが、おいしそうにご飯食べてくれることが嬉しいよ」

「家族のことを気にしてくれてありがとう!優しい心を持ってるね!」

「近所の人にあいさつして、気持ちがいいね。お母さんも嬉しいよ。」

「家族で楽しい話しながら食事できるって幸せだなあ」
・・・・・・・・・

普段の幸せ、たくさん出てくるでしょう。

どれだけ、言葉にして伝えてますか?

私は、

親がそう感じていることくらい子どもはわかってるだろう、と思わずに、

口にして伝えたいと思っています。

子どもは、「何をいまさら~」「気持ち悪い~」などと笑い飛ばしたとしても、

安心するんじゃないかと思うんですよね。

子どもは、親が120%の気持ちで愛していることを、

当然に知っている、わかっているはずだと思ってませんか?

子どもだって、不安を抱いてる部分はあると思います。

だから、笑い飛ばされても、苦笑されても、

伝え続けることって大切な事じゃないかと、

子どもが12歳になって気づいた愚母です。。。


Smile^^。









[PR]
by tubomilog2 | 2017-02-28 16:53 | 毎日のできごと | Comments(2)

さや、「生きる意味」を考える!?



下の写真は、最近、学校に提出した文章です。

6年生になり、将来の夢について考えなくてはいけない、

答え(夢)を出さなくてはいけない、

しかも、そのスケジュールまで立てなければいけない!!

そんな授業が多くありました。

本田圭介やイチローや石川遼たちが書いた卒業文集の影響でしょうか???

なんか違うよなあと感じる1年でした。




この作文は、そういったことの集大成となるような意味合いで

出された課題なのではないかと思うのですが、

テーマは自由だそうで、

将来なりたいものが、まだはっきり定まらないさやは、

「将来」について考えて気づいたことを書くことにしたようです。


a0216711_11580015.jpg


a0216711_11014462.jpg


a0216711_11014465.jpg

「こういうことに気づけたことで

将来どういう方向に進みたいか少し見えてきたよ~と言ってました。


‘将来の夢’ をテーマにした調べ物やまとめものが多い1年でしたが、

『将来の職業』にこだわらず、

自分が好きと感じるものはどんなものか、とか、

そういったところを考えることで十分ではないかと感じました。

子どもの心の動き、成長の度合いを考えても、

生きる「哲学」の部分を学ぶだけ、ふれるだけ、

さらに、できれば考えてみる、

もっと、つきつめて、友達同士議論してみる、

そこを詰めてから、その先に、

「あこがれ・夢」が乗っかってくればいいんじゃないか

と、思ったのですが。。。



必死に考えさせられ、書かされる子どもたちが不憫でなりません。

特に、「中学受験」も相まって、親からレールを敷かれる子が多くいます。

これから、「自分」と向き合って生きていくんだ!

自分で試行錯誤しながら生きていくんだ!という、

そんな準備もさせてもらえない子が多くいることに、

改めて気づかされました。



Smile^^。













[PR]
by tubomilog2 | 2017-02-27 11:30 | 毎日のできごと | Comments(0)

サードプレイスを求めて♪


今日は、娘のことではなく、私の話。

a0216711_12245585.jpg


a0216711_12245671.jpg


スターバックスコーヒーのコンセプト。

お客様のサードプレイスとして。」

うまく言い表しているなあと思います。



まさに、このサードプレイスを求めている私。

私のサードプレイスは、Cafeですね 063.gif

私は、昨年から、いろんなカフェめぐりをしていて、

自分の感性、自分の舌に合うカフェを探し続けています。

写真は、最近お気に入りの珈琲店です♪




週末の休日、娘が友だちと遊ぶ機会も増え、

主人と私がぽつんと家に残されることが多くなったこともあり、

一人で出かけたり、

主人(珈琲大好き♪デザート大好き♪おしゃべり大好き♪なので

喜んでつき合ってくれます♪)と出かけたり、

お友達と出かけたり。

サードプレイス探しを続けています♪



Cafe Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2017-02-24 15:11 | 毎日のできごと | Comments(0)