つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:さやの中学勉強法( 25 )

覚えようとするから忘れるのさっ♪

a0216711_15421086.jpg

昨日、4月~5月学習の漢字のまとめテストの結果がかえってきました。

またまた100点!!

クラスで1人。学年でも1人みたい。

で、今回も質問。

私「漢字ドリルも宿題も全く!してないのに、なんでいつも100点なわけ?」

すると、

さや「フツー」

私「どうやって覚えよーと?不思議~?」

さや「暗記しようと思うけん、忘れるとよ!」

  「あたしも経験あるよ。覚えよう覚えようと思って、

   1から10まで覚えたとしても、

   6~10個めを覚えた時にはすでに1~5個めは忘れとるけんね。」

私「へぇ~」

さや「1回で覚えることよ!!」

私「どうやって?」

さや「え? 1回見るだけよ。フツーに。」


私は、どうしてもそのやり方が聞きたくて、聞いてみても

言ってることがよく分からなくて。

たぶん、言ってる感じでは、

「覚える」というより、「記憶する」「脳に焼きつける」

ようなことを話してました。



IF法は、さやにとってはすでに「フツー」なことなのね。

おそるべし!!


Smile^^。














[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-25 05:42 | さやの中学勉強法 | Comments(10)

200点とってきたらなんて言う?

「子どもが100点ばっかりとってくるんです~053.gif

なんて言うと、イヤミに聞こえるんだろうけど、

どんぐりを知る人たちとつながるこのブログではためらいなく言えますね^^。

今回は200点とってきました(笑^^;)

「200点って何?」と聞くと、

4年生の漢字仕上げ200問テストがあったそうなんです。

<表>
a0216711_1095415.jpg


<裏>
a0216711_953986.jpg




「200問書くって、疲れるよ~。

先生ね、最後のテストやけん、字の丁寧さも見るらしいったい。

やけん、丁寧に書いたらほんっと疲れた~。

そのあと、字が書けんかったもん!」と。

年度末は、テスト!テスト!の時期ですね。。。

「200点とったの私一人やったよ066.gif」と娘。

「丁寧に書けたね~!!200個も大変やったね~。」と私。

すると娘が、

「みんなからスゴイって言われた!

先生からは、『さやさんは・・・もう・・・完璧ですっっ!!』って言われた。

でね、友達からは、

『さや、いつも100点ばっかで、お母さん喜ぶやろう?』って言われたけど、

『ん~、まあ・・・・・ねえ~』って答えといた。なんて言っていいかわからんかった。」と。

そうよね、私、喜んでないもんね^^;


「で、漢字ドリルとか、一切書く練習してないのに、なんで書けるの?」と聞くと、

「目と閉じて覚える!」と。


2年生の時に、IF法を使って漢字を覚えることを教えたことがあるのですが、

とくに家庭学習としてやったことはありませんでした。だから、

3年生までは、漢字テスト40点とかもあったけど、

点数は気にせず、「6年生までに覚えればいいからね~」と話して、

特に何もさせてませんでした。

でも、4年生になって、毎回100点とってくるので、

「あれえ?覚えてるねえ。」とは思っていたのです。

正式なIF法のやり方ではないようだけど、

目を閉じて頭の中で書いて覚えているようです。

短期的な暗記なのか、しっかり覚えることができたのか、

あいまいではありますが、4月からは5年生。

様子を見ていきたいと思います。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-03-19 05:13 | さやの中学勉強法 | Comments(8)

糸島ウォッチング♪

福岡のお隣には、糸島市という自然豊かな街があります。

糸島は、昔は、「怡土(いと)群」と「志摩郡」に分かれていて、

その後、合併して「糸島群」となりました。

近年、志摩町と二丈町、前原市が合併し、糸島市が誕生。

これに伴い、糸島郡は消滅したというわけです。



今、さやは、社会の授業で「糸島(伊都国)」について学んでいます。

クラスでグループに分かれ、調べ学習をしているようです。

さやは、「自然・歴史グループ」に入り、熱心な様子^^。

家にも持ち帰り、書籍や地図、冊子などを読みながら、まとめていました。

a0216711_115234.jpg


a0216711_115348.jpg



実は、わが家は、「糸島」大好き!

ドライブしたり、地元の野菜やお肉を買ったり、

ボーイスカウト福岡22団の活動拠点である野営場にも行きます。



でも、歴史には触れたことはありませんでした。 そこで、

週末は、「伊都国歴史博物館」に行ってきました。

a0216711_11547.jpg


平原古墳では、日本最大の銅鏡が発掘されているんですね。

驚きです!!

実際に古墳や城跡などを見ることができ、

私たちも知らないことを一緒に学ぶことができ、

とっても有意義な一日となりました。

そういうわけで、昨晩のおうち学習にも力が入っていたわけです。



わが家では、学校での体験や学習が、日常の生活と関わりをもてるように心がけています。

友達と楽しく学んだことが、その後も楽しく、深く広がっていくような、

ちょっとした仕掛けができるといいと思っています。

子どもの感性はとっても柔軟ですから、

何かを見て、触れ、感じるごとに、そのことと、自分の体験とを次々とリンクさせ、

納得したり、疑問を持ったり、意見してみたり、展開してみたり・・・

私たちには想像しえないことを、どんどん考えてくれます。

子どもの発想力はすごいなあと感じます。



これからも、

世界中には限りなくワクワクが存在しているのだということを感じてくれるような、

そういう関わり方を心がけたいです^^。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-01-21 12:19 | さやの中学勉強法 | Comments(0)

90÷20は何ですか?と聞かれたら・・・どう答える?

先日、算数の授業で、先生から問題が出たそうです。

「90÷20を、自分なりに考えて解いてみてください。」

という、先生からの問いに、

さやは、

「4.5」と答え、提出しました。



すると、先生は、

「答えは合ってるんだけど、「少数を使った割り算」はまだ習ってないから、この答えはちょっと違うね。」
(「少数」は習ってます。)

と言って、「4あまり10」と書き直しさせられました。

それが、このノートです↓↓↓

a0216711_13403875.jpg



さやは、この日の晩、私が仕事から帰ってくるなり、

「ママ、ちょっと聞いてよ~~~031.gif

と、納得できない気持ちを話してくれました。




実は、この日先生が投げかけた問題は、

このような↓↓↓新単元、「何十でわる計算」の導入のための質問だったのです。

a0216711_1340401.jpg



驚くことに、この問いに対し、

なんとなんと、さや以外のクラスの子全員が、「4あまり10」と答えたそうなんですよ!!!!!

これって、どういうことなんでしょうか???

新単元が始まることを予測して(教科書みたらわかるし)の答えなのか?

予習しすぎ?

あまりのある割り算の反復しすぎ現象か?

はたまた、先生が求めている理想の答えをわかってのことか? KY???


ともかく、いずれの理由にせよ、

子どもたちは、学ぶことを楽しんでいるのだろうかと、

いろいろなことを感じた、

ちょっと不安になる奇妙な出来事でした。



smile^^。、
[PR]
by tubomilog2 | 2014-10-28 05:40 | さやの中学勉強法 | Comments(2)

分からん帳を作ろう♪

さあ、七月に入り、

今年も後半戦突入ですね。

(年々早くなるわっ007.gif)


18日は一学期の終業式。

あらあら、もう夏休みじゃないの!

学級通信には、

夏休みの宿題の連絡が008.gif

a0216711_11175583.jpg



わが家の夏仕度003.gif

そろそろ分からん帳の準備に取り掛かりましょう!

a0216711_111755100.jpg



昨年の夏は、わずかな進化だったかな。

娘がゆっくりちゃんとは言え、

今年は、さらに進化ほしいな♪


というわけで、

分からん帳準備の確認にため、

以下、糸山先生のブログから、

コピペさせていただきましたm(__)m

どんぐり倶楽部の「良質の算数文章問題」をご使用の場合は、
進化を体験する最良の環境を設定できる最も都合のいい時期ですので、
下記に設定方法を書いておきます。

<どんぐりで夏に進化する「夏進化計画」>
0.必ず、クロッキー帳(大)を用意する(新聞紙大の用紙でも可能)
*マルマン クロッキーブック大356mm*268mm
1.「分からん帳」用の問題を用意する。(問題番号を記入するだけでもいい)
*日頃ヒントを出してしまい、本当のお宝である<進化の鍵>となる「分からん帳」問題が少ないと、この進化は難しい。
2.夏休みの宿題は、家族総動員で2〜3日で、全て終わらせ、余計なことを考えなくていい状態にしておく。
3.「分からん帳」の問題1問を、1〜2日で考えぬく。ただし、必ず見開き2ページに収める。
*高学年は週5問までOK。低学年は週3問までOK。
*どうしても、粘りたい場合には1問を何日かけてもOK。覚悟して思考の忍耐力を養成することが大事。
4.通常通り、全く勉強しない日を1週間に1日はとる。
5.基本に忠実に行う。
*飲み物やお菓子を用意して、親は隣で、違う問題を下手な絵図を丁寧にキチンと楽しく描きながら解く。
*最も難しい「思考の忍耐力」を育てるのが、「分からん帳」を使った進化方法ですので、粘るお手本が必要です。
6.できなければ、更に来年の「分からん帳」用に保管しておく。この問題こそが、<進化の鍵>となります。

<諸注意>
※学習に関しては、習い事(イベント参加は除く)も含めて、どんぐりの「分からん帳」以外は一切手を出さずに、外遊び(自然を相手にした遊び)に費やすことが大事です。読書でさえも、仮想現実に引きこもる材料となりますから時間制限が必要なくらい危険です。特に、自他の区別がつきにくい(せ町の順序として、まだまだ回りとの相関関係を認識できない年齢である)9歳以前に「本の虫」になっているような場合は、ある程度強制的にでも、読書制限をしたほうがいい結果に繋がります。
※「分からん帳」を作っていない場合は、前半で作り、後半で進化を図る。
※「どんぐり問題」が初めての方は、2週間のリセット期間(宿題も含めて学習・習い事は一切しない)をおいて、1日1問だけの、お絵描きまでの「どんぐり問題」体験をする。その際は<0MX〜3MX>を使用。
■もちろん、「分からん帳」には数問しかない子供もいます。その場合には、反射養成以外でしたら、何の制限もありません。自分で宿題をやって、習い事をして、〜して、で結構です。要は12歳までに育てたいものの優先順位を間違わなければいいのです。

………………………………………………

以上。

進化の夏になりますように072.gif



smile^ ^。
[PR]
by tubomilog2 | 2014-07-02 10:52 | さやの中学勉強法 | Comments(4)

漢字テストと家庭訪問

6月の家庭訪問で先生が真っ先に話したこと。

「さやさんは、授業もしっかり聞いていて、発表もよくしています。

みんなから、とても頼られています。字もとても綺麗で☆

ただ、毎日、宿題もきちんと取り組んでいるのに、

漢字テストで20点や30点をとるなんて・・。申し訳ありません。。。

7月に入ったら、まとめテストがあります。これが成績表に直結するので。

本当に申し訳ありません。。。」と。



これは、モンスターペアレンツ対策なのか!?と思いました^^;

“先に誤る”よくあることですが、家庭訪問で真っ先に謝罪があるなんて。

私は、話しました。

漢字テストの点数は、全く気にしていないこと、

その時、その時の娘を100%で見ていないこと、

漢字テストの採点が返って来た日には、漢字のどの部分が思い出せなかったのか、

その部分を自分で理解し、再度覚えること(IF法)をやっていることなどを、

丁寧に伝えました。

ただ言えなかったのが、宿題自動マシーンが稼働していること。

ごめんね、先生。。。





7月に入り、1学期のまとめシーズン到来!

つまり、連日、漢字テストというわけです020.gif

そもそも、20点・30点採っていたときのテストというのは、

1週間で習った漢字を、毎日宿題で84字書いて、

その週の最後の日に、覚えているかどうかを確認するためのテストでした。

だから、毎日84字を書いてないさやは、そりゃあテストの点数は低いはずです。

それはわかっていましたし、いちいちテストの点数は見てませんでした。



でも、どうでしょう。

a0216711_1325746.jpg


7月に入り、連日行われている1学期のまとめの漢字テスト。

連日高得点です!

何度もいいますが、書く練習してません。ゼロです。

明日いやーな漢字テストだなあといいながら、

漢字ドリルをぺらぺらめくったりはしてましたが、書きません。

もちろん、これも、“今”のさやなので、これがすべてではありません。


しかし、毎晩眠い目をこすりながら、朝早く起こされ泣きながら、

友達と遊ぶ時間を削られ、やって当然のことなのだと断言され、

繰り返し、繰り返し漢字を書く子たちよりも、良い点数をとっているんです。





家庭訪問では、先生はこのようなことも話されました。

「さやさんは、先日の学年別CRTテストで、算数も国語も98点です。

こんなに高得点とれる子は少ないです。習い事は何をしているのですか?」と。


私が、土曜日にピアノを、月に2回の日曜日にボーイスカウト活動をしています、というと、

「では、平日の放課後は何を?」

毎日友達と遊んでます♪ と、いうと、驚きの表情で、

「毎日・・・遊び・・・ですか?」

とおっしゃるので、ついでに、

「毎週土日もアウトドアで遊んでます♪」と言っておきました003.gif

先生は、首をかしげていました。

最近の、さやの高得点ぶりに、

きっと、親が躍起になって勉強させているのだと思ってるのではないでしょうか。




この家庭訪問が終わって。。。

同席した、同居の私の母が

「勉強してないってわかって、先生唖然としてたじゃない!

勉強も宿題もさせないのはおかしい!素質があるんだからやらせなさい!

将来、とんでもないことになるよ!

漢字テストで20点なんて聞いてない!ありえない!

あなたが勉強させてないからでしょ。

あなたにはきちんと勉強させてたからいい点とってたじゃない。

あの子は、勉強したいって言ってるのに机にも向かわせない。

勉強するなっていう親がどこにいるの?

中学生になって、さあ勉強しましょうと言われても、そのときにはやる気なくしてるよ!

やりたいって言ってる時にやらせるべきでしょ!

よく考えなさい!!!!!!」

などと1時間ほど説教されました。


私は、「責任は、親である私がとるから。。。」としか返せない。

いままでも、たくさんバトルしてきたけど、全く理解してもらえないので

もう、あきらめています。





先日、あるセミナーですばらしい言葉と考え方を教わりました。

そのひとつをご紹介。

佐藤一斎氏の

「重職心得箇条」 第三条

断固、守るべきものは守り、変えるべきものは変えよ

(参考書籍:「人の上に立つ人」の勉強 三笠書房)
アマゾンで目次等が見れるので是非見てね♪


進みながら、軌道修正も必要です。

自分の考えが間違っていないか、何度も何度も確かめることも必要です。


私は、何かで不安になる度、心が小さくなってきた時に、自分にこう言い聞かせます。

人生、やるかやらんか! です。  信念を貫く強さを!




Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2013-07-05 12:43 | さやの中学勉強法 | Comments(7)

さやと漢字

「ママ~、あたし、前にあった漢字テスト20点やった♪(100点満点で・・・)」

なぜか、楽しそうに報告する。。。

まあ、反復演習してないんだから当然か。

「でねぇ、木曜日に漢字50問テストあるって。」

と、火曜日に言う。

そうかあ、じゃあ、IF法で少し覚えてみるか!

と、いくつか、難しい漢字だけを覚えました。





で、水曜日。

視力トレーニングへ向かう車の中。

目を閉じて、覚えた漢字を思い出してみることに。。。

「農」

「庭」

「それからぁ・・・」

・・・・・・・・zzzzzzzzzzzz


a0216711_15245698.jpg


気付いたら寝ていた003.gif



テストが終わり、聞いてみると、

「50問中12問は書けんかった。。。」

おぉ!38問も書けてスゴイじゃないか!

さやは、漢字の読みはバッチリなので、

今、書けないことは気にしてません。



難しいのは、家族の反応。

同居の母が、漢字テストの結果を聞いて、

「宿題をちゃんとせんと、下~の方に下がるけんね!」

と、クギをさしたらしい。(私の前では言わない。)

さやが、

「ママ、私、明日から宿題、自分でしようと思う。」

と、言ってきた。

この辺のところが、一番難しいね^^;




そうそう!!

さやの担任の先生の新出漢字の教え方なんだけど、

ちょっとだけIF法に近い。


30秒ほどじーっと眺めて、

次に目を閉じて、大きく手で書いてみる。

目を開けて、書けなかったところを確認する。

という手順らしい。



この作業中に、正しいIF法をやれるといいかも。

自主的にやれるかどうかは本人次第だけどね^^。







Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2013-06-07 12:17 | さやの中学勉強法 | Comments(0)

3年生 わが家の宿題事情^^。

夜、さやが寝て、家事が終わり、ホッと一息して寝室に行くと、

毎晩、毎晩、ベッドの上に

「漢字ドリル&ノート と 算数ドリル&ノート」が

布団かぶせて置いてあります。


私、「はぁ~。。。」とちょいため息つくけど、

「よぉし、今日も無心になるぞぉ!!」と003.gif

もうひと仕事こなします。

a0216711_16364939.jpg


漢字ドリルは毎日1ページ(84文字)。 

84文字も多すぎ!!頭おかしくなるので無心でやります。


算数ドリルも毎日1ページ。

宿題マシーン、立派に稼動してます☆☆☆



2年生までのさやは、毎日、ルームで、ちょこちょこ~っと宿題をして、

私に「あとお願いね!」と手渡していたけれど、

3年生になったら、ちょこちょこしなくなりました003.gif

マシーンは100%稼働中です!!

さや、宿題との関係、ふっきれたかっ!?



ルームでは、下校後、おやつ食べた後、

30分くらいの学習時間があるそうですが、

今、いったい何をやってるのか?

心配になって聞いてみると、

「ずっと、しゃべっとぉよ♪」と。

毎日楽しそうです060.gif

1・2年生の面倒をよく見てるそうです。





変わったこと。

以前よりスローペースになったこと。


さやは、超スローなテンポの人です。

彼女は、このスローさが、心の安定、情緒の安定につながるのです。

この穏やかさが、いい個性なんですよね。

だから、宿題をしなくなって、スローさが増したということは、

大変喜ばしことだと感じています。




た・だ・し

出かける準備も超スローなので、

正直、以前よりも、私のイライラは増しましたけどね。。。





Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2013-05-10 12:48 | さやの中学勉強法 | Comments(1)

割り算知らないどんぐりっ子が割り算をすると・・・


2月のことだったかな。
時々送られてくるSゼミのDM。
断っても、しばらく経つと送られてきてしまうよね。なんで?
今回はこんなのが入ってました。

a0216711_13282176.jpg


子どもが食いつきそうな付録ですね。
さやは、これを見て、
「63わる9は?  割り算しらん!」っていいながら数式を眺めてふと、

「あ、そういえば、ちょうど今日ね、Mさんがね、

63わる9は7よ!って言って、

みんなにスゴーイって言われとったよ。」と。

Mさんも、きっと、この付録を手にしたんだろうね^^。

Mさんは、さやのクラスで“頭のいいグループ”と呼ばれているグループの一人です。

さやに“頭のいいグループ”の頭のいい人ってどんなふうに頭いいと?

と聞くと、ドリルや音読を人より進めていて、計算が速い人だそうです^^;

まあ、そうなるよね~。



で、さやはこの付録にどんな反応を示したかと言うと、

この計算携帯をしばらく眺めた後、「あっ!」と何か

ひらめいたようで、こんな絵を描き始めました。

a0216711_13301612.jpg

a0216711_1330287.jpg


まず9コの丸を描いて、63を9の丸に振り分け、

1周すると正の字を描いていきました。

おぉ!! 割り算の意味わかってるやーん!!

正の字で、“7”の正解を導き出したというわけです!

やるねえ! なんて言っていると、

こんどは、「そういえばさあ・・・」

と、頭の中に何か浮かび上がった様子。そしてこう言いました。

「ほら、ママ、あのーほら、トライアングルよ。

63 と 9 と 7 やろ!

ね!! しちく 63やん!!  スゴッ!! 」



そう、スゴッ!!なのよ☆

よくわかったな。

我が娘、サイコー!!



失礼だけれども、今回のMさんとさやの反応の違いは、

数年先には、絶対に大きな差になると確信したね☆☆☆



で、この話には続きがあってね、

数日後のルーム(留守家庭)での勉強時間に、ドリルしてる3年生の子がいて、

その子が、割り算わからなかったらしい。

すると、さやが、持ってた(持ってってるのがステキ☆)トライアングルを

その子に見せて使い方を教えたらしい。

その子もスゴッ!って感動してたって^^。

で、それを見ていたルームの先生も、「これすごいわねえ☆」と絶賛していたそうです。

そういえば、2年生後半から、

トライアングルをラミネートしてランドセルに忍ばせといただけで、

使い方もきちんと教えてなかったな(愚母でごめん)。

自力で気付くなんて、ほんとスゴッ!!



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2013-04-05 12:26 | さやの中学勉強法 | Comments(2)

「冬休みのドリル」

冬休みに入り、さやは、今日から学童(なかよしルーム)に通っています。

先週、ルームからのお便りで、

冬休みのルームに持ってくるもの として、

「弁当 水筒 勉強道具(ドリル) 本1冊 ・・・」と書いてあった。

「勉強=ドリル?」

納得いかないなあ。

で、作ってみた!

さやオリジナル☆「冬休みのドリル」であります!

a0216711_12565188.jpg



表紙には、大好きな「ルカリオ」を印刷しといた♪

これをみたさやは、

「やったー!!ありがとうママ053.gif

と、飛び上がって喜んでました。

本人、超~~~気に入ってます^^。

で、中身はというと、

a0216711_12565652.jpg


2年生の冬休み。

九九を呪文のように言わされ続けたこの2ケ月間が終わり、

トライアングルをじっくりやっていくのもよい時期ではないかと。。。



どんぐり問題を、とも考えたのですが、

一緒にやりたいという思いもあり、

今回は、2MX49を入れて、1問、ゆっくりやってね。と伝えました。

a0216711_1257236.jpg



2MX49
ゆっくり丁寧に計算しましょう。
1. 1205 - 876 =
2. 1004 - 85 =
3. 1000 - (214+389)=
4. 1mのリボンを3mm切ると、残りの長さは、何cm何mmですか。
5. 1つの辺が3cmの正方形の周りの長さは何cmですか。
6. お菓子が、4個ずつ5列に並んでいます。3個食べると、何個残りますか。



今朝は、嬉しそうに、リュックに「冬休みのドリル」を入れて登校しました!!

どんな勉強時間を過ごしたのかなあ♪


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-12-25 05:56 | さやの中学勉強法 | Comments(0)