つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宿題を楽しもう♪  

入学してから私とっての頭を悩ますことは、「娘の宿題」。

親として危惧するのは、とにかく、宿題をさせられることで勉強嫌いになってほしくないこと。

幼児のころから、“学ぶ”ことは楽しい! と思えるような環境を大切にしてきたから

これだけは変えたくないなあ。

でも、悲しいことに学校の宿題とは、その思いとは真逆のベクトルなんです。



毎日の宿題に「音読」があります。


音読する教材は、こくごの教科書か、副教科書「かがやき」

a0216711_1263261.jpg


a0216711_1271961.jpg




「かがやき」の中で、「くもの糸・芥川龍之介」をさやが気に入っているようなんですが、

教科書にはお話のほんの序章しか載っていなくて、

「この続きのお話が読みた~い」というので、一緒に図書館に行って探してきました。


a0216711_12105069.jpg


開くと、

a0216711_1254336.jpg


うっとり

とっても美しい描写でしょう!

さやは、美しく描かれた“お釈迦様”に惹かれた様子。

a0216711_128421.jpg




お釈迦様からもらったチャンスをつかめず地獄へ落ちたカンダタ。

「なんでカンダタは地獄へ落ちたの?」

「どうしてお釈迦様は助けなかったの?なんでくもの糸を切ったの?」

「カンダタ、どうしたら助かったんだろうね?」


と、自問自答していたので、

「お母さんも理由がわからないから、わかったら教えてね♪」

と言っておきました。

すると、数日たって、いろんな面白い答えが返ってきたんですよ。

その数日後にも、また違った答えが・・・。

こんなふうに、時間をかけて、心を揺さぶられながら、感じて、味わって・・・

子どもの学び・成長の過程がとても面白いなあと感じています。



この毎日の音読宿題というのは、よんだらカードに記録し、親がサインして提出するんですが、

そのカードは1枚に10回分の音読記録が書けるようになっているため

クラスの多くの子が、毎日1枚提出しているそうで・・・

つまり、毎日10回も音読しているわけです。

そして、そのカードの右上には、「○まいめ」とあり、

自然とその枚数を競い合っている様子。

さやも、「お母さん、今日は音読2回聞いてくれる?」とかいって、はやく次の1枚にいきたがります。

しかし、断じて

「1回だけきかせてくれるかな。

好きなお話を1回だけ、丁寧に読んで聞かせてほしいな♪」と話します。

「じゃあ、1回だけ、丁寧にキレイな声で読むから聞いててね^^。」と言って読んでいます。

ときどきは、私が選んだ絵本を私が読んで、今日の音読宿題とすることもあるんです。



私は、小学生の子どもには、反復・スピードは良い学習方法ではないと思っています。

ゆっくり、じっくり、丁寧に。

ワクワク学んで、心を育てたいですね♪



私は仕事をしているので、宿題を見てる時間もとても貴重な母子コミュニケーションの時間。

音読の成果がどうとかでなく、宿題をフル活用して、娘との時間を楽しみたいです☆☆☆


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2011-07-19 00:00 | 宿 題 | Comments(2)

ヤマトさん♪

a0216711_12554628.jpg


ある日曜の朝。


「ピンポ~~ン♪」


「お母さ~ん! あのね、お父さんのお友達のヤマトさん って人がね、
お父さんのゴルフバック持ってきてくれたよ♪」



ゴルフ疲れが吹っ飛ぶねっ037.gif

いつまでもこんな幼くいてほしいなあ★



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2011-07-17 00:00 | 毎日のできごと | Comments(0)