つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

美術鑑賞♪

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想

福岡市美術館へ行ってきました♪

a0216711_14372551.jpg


大変な来場者数で(10万人突破したそうですね)圧倒されました。

とにかく、美しい絵の数々!

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザではありませんが、

もうひとつのモナリザ(アイルワースのモナリザ)を観ることができました。

美しかったです☆


レオナルド・ダ・ヴィンチにふれることができて幸せでした。

「モナリザ」と聞くだけで、世界中の多数の人がすぐにイメージがわくような作品って、

そう多くはありませんよね。

ほんと、すごいです☆


展示の最期の方にあった、

フランス国王フランソワ1世に抱かれて67歳の最期を迎えるシーンの絵がとても印象的でした。



娘も、美しい絵画にうっとり見入っている様子でした。

大勢の観覧者の中、ひょこひょこっと前に行って、じーっと観てましたね。



かと思えば、肖像画を見ていた娘は、突然私のとこへ駆け寄って来て、

「ママぁ、レオナルド・ダ・カ・プリオって、髪の毛とひげの境目がわからんね~」

と言って、周囲爆笑でした^^。

おいおい。。。^^;


やっぱり、ホンモノに触れることはとっても大切。

別の常設展示室で開催されていた、 国宝金印 「漢委奴国王」も見ることが出来たのですが、

ホンモノって小さかったんだ~

教科書や雑誌ではわからない。

小さくても、金印の迫力はすごかった☆

実際に見て感じることの大切さを実感した1日でした^^。


みなさまに新モナ・リザの微笑みを^^。

a0216711_15135574.jpg






Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-29 14:37 | 毎日のできごと | Comments(2)

お父さんとどんぐりをやってみた♪

先週のどんぐり難問題に挑戦した翌日の夜のこと。

さやがお父さんにこの難問の話をしてみたところ、

「よぉし お父さんもやってみるゾ♪」と、張り切るお父さん。

ならば私も、と、さやも別問題に挑戦。

とっくに寝る時間が過ぎているのですが、2人でベッドの上でどんぐり合戦???

#]
a0216711_12512828.jpg


あーだこーだと言い合ったり、もくもくと描いたり、

見ていて面白い光景でした^^。


さやがじっくり取り組んでいる間にお父さんはダウン。

あれれ?いつの間にかzzzzz

お父さんは、「いやぁ、どんぐりは頭つかうなあ~ 

なかなかなものだ!!」と、うなっていました^^。

a0216711_1252432.jpg

↑お父さんが寝たので、ベッドを広々と使ってどんぐり中♪


で、さやが取り組んだ問題はこちら。

1MX74
5分で3枚の巨大カードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
カードの厚さは10mmです。
この機械は、積み重ねたカードの厚さが15cmになると自動的に止まってしまいます。
では、11時45分から機械を動かし始めると、何時何分に機械は止まるでしょう。


a0216711_12402465.jpg



a0216711_12541769.jpg


カードの厚さが10mmで、15cmになるまで製造機は動く続けます。

巨大カード、

どんどん飛び出す!飛び出す!

次々にカードが積み重なりました。

こーんなに!!

a0216711_12554954.jpg


11時45分に製造機が作り始め、

そこから、10mmごとに5分ずつ。

11時50分、11時55分・・・・・・・・・と描き重ねていき、


a0216711_1304919.jpg


カード製造機が止まる時間がわかりました!

やったね☆☆☆


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-25 12:36 | どんぐり | Comments(2)

家族で取り組むどんぐりの面白さ発見♪

ある休日のこと。

娘と母と私の三人で同じ問題をすることに。

お互い見合わないようにしよう♪と、筆箱や本で壁をつくり

みんな真剣に描きました☆

どんぐり教室以外でどんぐり問題に取り組んだのは、そう、年長さんの時以来です~。

1MX64
でんでん小学校では、秋の歓迎遠足で10cm離れた公園に行きました。
朝8時30分に学校を出て、25mm歩いたところで、10時になりました。
歩く早さが同じだったとすると、公園には何時何分に着いたでしょう。


a0216711_9115231.jpg



“単位”換算を教えました。

1センチメートル=10ミリメートル


歩いた道のりと時間を同時に線で表していることに感心!!

a0216711_9121421.jpg


時間の読みが不十分で、答えは間違っているのですが、

それにはこだわらず、

三人とも考え方、描き方を説明しあいながら楽しい時間を過ごしました。


“公園”のイメージひとつにしても、

家族でこうも違うのかと、

みんなで新しい発見ができて、とっても面白かったです♪


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-24 12:38 | どんぐり | Comments(0)

その幼稚さが愛おしくて・・・

a0216711_17294420.jpg


床に寝そべって何してる???

a0216711_17304968.jpg


割り箸鉄砲で悪者退治中!



狙い撃ち!!

a0216711_17353144.jpg





大雪の日、友達と電話で待ち合わせして、

おにぎり2個と水筒とおやつを持って児童会館に行きました。

こうして、休日、親から離れて遊ぶようになるのですね。

ちょっと寂しさを感じる母でした。。。

児童会館では、体育室で汗を流した後、工作室へ行ったそうです。

工作の本をみたり、先生に教わったりしておもしろい作品が出来上がり、

3時間くらいかけて創った、たっくさんの作品たちと共に帰ってきました☆


娘は何かと描いたり創ったりすることが好き。

私は創作系が苦手なので、

娘の幼児期、もっと生活の中で創ることを体感させてあげたかったなあ

と、悔やんだりもしています。



幼児期の環境の影響か、それとも子どもの個性か。。。

わが娘は、創作に関しては、意外にも“幼稚さ”を感じます。

子どもなんだから幼稚でいいんですけど、

ほかのことが大人っぽいというか、いろんなことを上手くこなすタイプなので

そういう部分が特に目立つのだと思います。

娘のちょっと幼稚な工作を見ると、

すっごく愛おしく感じてしまうのです。かわいくて仕方ありません^^。

そんなことないですか?

今回のように、お手本を見たり、先生に教わったりすると立派なものを創るのですが、

自由工作なんかになると、

紙をくるくる巻いて“剣”とか^^。

他の子と比べれば、この部分に関してはちょっと幼稚だけど、

この子には、そういうゆっくりと成長している部分があるんだなあと思えて、

ギューギュー抱きしめたくなります(笑)



小学1年生にもなり、成長著しい中で、

すっかり個性がでてきたなあと感じるけれども、

実は、まだまだ完成形にはほど遠く、

自分のペースで見たもの感じたものを吸収していってるんだなあと。

こういう成長のムラに感動をおぼえるのでした☆


a0216711_1823777.jpg


箱の自由製作となるといっつもいっつも“迷路”。

よくよくみると、以前より、より細かな迷路に手が加わっていました。

少しずつ少しずつ成長しているのですね☆


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-23 12:25 | 毎日のできごと | Comments(0)

どんぐり*難問

先週のどんぐりポケット♪
問題、一緒に選ぼうというので、
「CDとばし大会っておもしろそう♪」という私の一言で決定した1問。

今日は全校CD飛ばし大会の日です。
50人が一緒に飛ばします。
上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度3倍でした。
5人の記録をあわせると640mになりました。
下位2人の差を20mとすると、最下位は何mになりますか。



思ったとおり、CDとばし大会を描くってた~のし~っ060.gif019.gif

a0216711_12563131.jpg


緑色の風にCDが飛ばされている様子を描いています。

a0216711_12565270.jpg



し・か・し・・・・・

この問題は難問だったのでした!!

途中、「うーむ。。。」とうなる娘と私。

問題の通り描き始めて、途中、上位3人の長さを足すところで終了。

(写真がわかりづらくてすみません。。。)

a0216711_12571768.jpg



娘は問題文のとおり、描き始めたのですが、

どんぐり先生は、これは難しい問題だから問題の通り描かない方がいいね。

とおっしゃいました。

5年生でも出てくるレベルの問題だとか!!

a0216711_1258177.jpg


言葉の意味、「上位」、「下位」、「最下位」などを説明することから始まったこの問題でした。

私も問題読むだけでは全くわからなくて、

絵に描いても解けるだろうか・・・・と。




どんぐり先生は、

a0216711_12584369.jpg


右下(赤字)のように上位下位5人の長さを描いてくれました。そして、

表彰台の絵が描けていたので、

ここまでで、あとは「わからん帳」行きでいいよ~☆

と言ってくれました。



すると娘は、俄然はりきりだして、

「いいや、来週もその次もずっとずっとこの問題する~!」

と、先生に宣言し、負けん気いっぱいに教室を後にしました^^。


次、どうなるのかな?

楽しみですね~♪


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-22 12:56 | どんぐり | Comments(2)

作文・・・その後 2

前回のつづきです。

娘と「差別」について話していると、

自分が小学生の時、道徳の時間を思い出しました。

学校では正しいことを教わります。

これはとても大事なこと。

でも、人と人との間はとても複雑で

いつも教科書どおりにはいかないもの。

そんなこと、娘は成長過程で体験し考えていくものだろう。

親として出来ることは、

正しいことを正しいこととして伝えるだけではなく、

親であっても人間であり、

間違いを反省しながら生きていることを

正直に伝えていきたいと思います。





「差別」というにはちょっと違うものですが、

私には、忘れられない恥ずかしい過去があります。

そうは、私が就職したばかりの頃のことです。

取引先の男性(50代の方)で、建築現場監督をされていた方が、

当時私が勤務していた会社によく出入りされていました。

若い社員にいつも声をかけてくださり、

楽しい話をしてくれたり、時にはおやつのお土産を下さったり、

社内では話せないような相談にのってくれました。

そんなとても温かいお父さんのような方。

ある日、私は、受付で、その方から、「これ現場の鍵、返すね。」と言って、

キーホルダーのついた鍵を渡されました。

「はーい!」と言って、手を出したその時、

その方の、色黒で肉厚で土やら油やら何やらがこびりついた手を見て、

私は、自分の手をぱっと引っ込めてしまったんです。。。

とっさに「わぁぁぁぁぁぁぁ!!なんてこと!!」と心で思ったときには時遅し。

その方は、私に、「ごめんごめん汚れてて~^^」と笑って、鍵を机に置いて帰っていきました。

そのことは、もう10年以上も忘れられずにいます。

何かにつけ、恥ずかしいことをした自分を思い出すのです。



私にとってはとても恥ずかしい過去。

いまだに、「なぜ手をひっこめたのだろう」と考えることがありますね。

娘にも、このことを話してみたいと思います。



続きはまた。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-18 12:07 | 毎日のできごと | Comments(0)

作文・・・その後 1

a0216711_12523647.jpg


人権作文として応募されたそうで、

みごと入選し、このように掲載されました。

ポストに入ってた市政だよりを開いたら、中にはさまったこの「こうろ」にさやの名前が!!

驚きでした!!

以前に賞状はもらっていて、新聞に出るかも?と先生が言ってらしいんだけど、

こういう形で載ってるとは!!


これを見たたくさんのお母さん方、先生方からたくさんのお褒めの言葉をいただきました!

純粋な気持ちを取り戻しました~などと言っていただき、嬉しい限り。

娘に聞くと、先生の訂正があったのは、ほんの少しだったそうです。

ま、これはこれでいいか。




この前日に、先生から、入選作品集をいただきました。

さやは、連日この作品集を読みふけっています。

小学生、中学生の作品がずらりと載っていて、いろいろと考えさせられる話ばかりです。

7歳のさやは、何を感じてるのかな~?

聞いてみると、

さやは、この作品集の中で、「差別」という言葉が気になったらしいのです。

どんな意味かと聞くので、いろんな事例を挙げて話してみました。

仲間はずれは良くないね~、とか、ちくちく言葉はやめたいね~などと話して

その日は終わったのです。

私は、それから、一晩、いろんなことを考えました。

続きは次回。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-17 12:35 | 毎日のできごと | Comments(0)

リアル筆算?

ある晩のこと。

娘と私の母が楽しそうに何かしているので見てみると、

母が娘に紙に筆算問題を書いて、娘がそれを解いてました。

繰り上がりの足し算を教えてもらったようで、難問に挑戦中。

母がどんな教え方をしたのかはわかりませんが、

とにかく楽しそうだったので、その場はそれで。。。


後日、また同じ遊びをしていたので、

「今度はさあ、リアル筆算をやってみようよ♪」と言って、

私がお財布からジャラジャラ~とたくさんの硬貨を出しました。

(実はリアル筆算をさせるために、この数日間両替しまくってたのでした^^。)


a0216711_15253050.jpg




どんぐり倶楽部の、「ビジュアル筆算」↓を参考に、リアルにやってみました。

a0216711_15225950.jpg


左側に大きく問題をかいて、

それを、具体的に硬貨を置いてみる。

百の位に百円玉を、

十の位に十円玉を、

一の位に一円玉を置きます。

一の位から足していき、

10になると、上の位の1枚に交換し置きます。

ゆっくり、数えながらやってみるけど、

なかなか難しい様子。

そういえば、「リアルお買い物ごっこ」したことなかったなあ、なんて思いながら。。。

10円10枚で100円。

知ってると思ってたけど、よく知らなかったことに気づく私。

ゆっくりゆっくり、1度だけ、リアル筆算!!



私:「本物のお金でやってみてどうだった?」

さや:「筆算って、紙に書くより、ほんとうのお金でするほうがおもしろいね♪」


学校で習っていないことを先取りすることは

我が家ではしないことにしています。

でも、今回は、やってみてよかったかな?と思っています^^。



次の日、お小遣い帳をつけている娘を見てひらめき~☆

「リアルお小遣い帳」作ってみようかな♪

これっておもしろそうじゃない???



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-16 12:22 | 娘の学習 | Comments(2)

白の世界へ

a0216711_12491785.jpg


ボースカウトの活動で、九重へスキーに行ってきました。

娘も私も初スキー!!

ビーバー隊の副長が丁寧に教えてくださったおかげで、娘も私も滑れるようになりました☆

娘なんてほんとスゴイんです!!

私が行けたのは第1のリフトまで。

娘はその上の第2のリフトに乗り、副長と一緒に高い高いところから滑り降りてきました。

急斜面では転び転びだったそうですが、とにかく勇ましく滑っていたと聞き驚きました。

ふもとで待ってた私に笑顔でさっそうと滑り降りる娘の姿に圧巻でした☆☆☆

「成長したなあ」どころじゃありませんって。

娘を尊敬します。ホントに^^。



帰りはみんなで筋湯温泉へ。

a0216711_12583449.jpg


疲れと痛みを癒して家路に着きました。



娘に、感想を聞くと、

高いところからの見晴らしは最高だったと。

何度も転んで、起き上がるのが難しかったけど、

とっても楽しかったと。

行ってよかった。又行きたいと、話してくれました。




“本物体験”で子どもは成長するのですよね。

“本物”を感じることはとても大切なこと。

“本物”で得られるものは大きい。

ボーイスカウト活動では、いつもこのことを実感します。

そして、それを見守ってくれる団委員長をはじめ、隊長や副長、

お父さん、お母さん方に本当に感謝感謝です!


どうしよう~  スキー、クセになりそう^^。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-15 12:58 | ボーイスカウト | Comments(0)

ゴールセッティングをしてみませんか?

今年の私の目標の一つは、

「自分と向き合う時間をつくること」です。

その理由はというと・・・


産婦人科ドクター 吉田穂波さん のお話 にある、

「死ぬまでにしたい10のこと」リストを考えてみたところ、

なかなか出てこない! そこで、吉田穂波さんのいう、

・三年後、あなたはどうなっていたいですか?
・今、本当に欲しいものは何ですか?
・自分が死ぬ時に何を遺したいですか?
ゴールセッティングをしてみませんか?

という問いに、私って、自分がどうありたいのかってのがぜーんぜんないんだと落胆。。。

独身時代は、まだ、「自分探し・自分磨き」(いくら探してもたどり着かないのは今となってわかることですが)

など称していろいろやってたし、自分に対しての欲もあった。

でも、今は子育てを理由に自分を放棄。

自分は最後でいいというのは、美しいようで、美しさをなくす行為なのです。

自分を大事にできなくて、家族を心から大事にできるわけがないですよね~


今年は、このことを頭において、

自分と向き合ってみようか、と思ったのです。

まずは、そんな時間も持てないから、

時間作りからね、と思ったものの



やってみると。

今、自分がゴールを考えているというアンテナをはっていると、

なぜか自然と、そういうことを考えられる環境が出来てきました。


自分と向き合うといっても、机に向かってペンを持って・・・・・なんてすることじゃない。

歩いてるとき、車に乗ってるとき、お風呂の中、仕事の合間などなど、

ちょっとしたときに、これまで気にしなかったようなものがヒントとなって、

自分のこととして考えられるようになりました。

重い目標を立ててしまったかと思ってたけど、意外と簡単でおもしろいものです。



まだまだ、漠然としたものがぼんやり自分の中に湧き出てきたとこです。

そんなふとした感覚を昨日ご紹介した80円ノートに書くわけですよ003.gif


“自分”は未知なものなんだなあとつくづく感じます。

自分だから、どうにでも変えられるのに、

次々と沸き起こる気持ちに押されて変えられない。

他のせいにする。先延ばす。あきらめる。無視する・・・・・・・。



自分のゴールが明確にあれば、

日々自分が向き合っているモノ・コトが意味深いものになるし、

やる気も湧き出るってもんです!

仕事や家事や子育てに追われる怒涛の日々で、

「あー自分の時間がほしい~。何で私だけが・・・」なんてぼやいてることが全く無意味なことに気づきます。

とはいえ、「させていただいている」と思えるほど人間が大きくないのですが(笑;)

自分のゴールのための一つの行為と思えると、

“いやいや感”が激減ですね。




洗っても洗っても湧き出てくる洗濯ものの山を見ても、

ま、がんばろうかな♪

と思えてくるのが不思議だね。

達成感や充実感だけではないものが

やる気の元になるものだと知る私でした。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-02-05 12:20 | 毎日のできごと | Comments(4)