つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カメラと一緒に秋を歩こう♪

日曜日は、テニスをするため、飯塚市の筑豊緑地へやってきました。

少し肌寒いけど、動いてると汗をかきます。


最近、娘は、写真を撮ることが楽しいようです♪

誕生日のプレゼントにもらったコンパクトデジカメと共に出歩き、

気に入ったモノや景色があると

立ち止まってカメラを構えます。

お友達の笑顔もたくさんです♪



カメラがお供するようになって、

周りの風景や様子をよく観察するようになった気がしますよ。

それもいいですね^^。




筑豊緑地では、とてもいい写真が撮れていたのでここでご紹介^^。


a0216711_1412166.jpg

                                      

a0216711_1414573.jpg

                                      

a0216711_1465023.jpg

                                     
(お散歩中のカワイイわんちゃんに遭遇♪)



またひとつ、自己表現の場が増えました♪


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2014-11-17 05:56 | 毎日のできごと | Comments(2)

21世紀を生き抜く・・・真剣に考えてみませんか?

今日は、個人的に尊敬する佐々木裕子さんの著書をご紹介します。

a0216711_10203930.jpg


この表紙読んでみてください。

ハッっとしませんか?

(アマゾンで中身の一部が読めますのでぜひ開いてみてね♪)





佐々木さんは、現在小さいお子さんを子育て中で、

この本を書くにあたって、このようなことを言われています。


「私が母親として、娘の未来に何を残してあげれるだろうか。

彼女が大人になったとき、世の中がどうなっていて、

その時彼女が自分で幸せをつかむためには、

どのような力や考えを身につけておく必要があるだろうか。

彼女には、どんな未来になっても、たくましく生きていってほしい。

どんな荒波にのまれようと、生き抜く力をもち続けてほしい。」と。


多くの親御さんが、このようなことを思ってらっしゃるのではないでしょうか。

私もそう思います。

でも、どうしたらいいのかな。

私はこの本の表紙に書いてある、

今の世の中からわかる、『変化の兆しに自分で気づくこ』 とが必要なことなんじゃないかと考えています。

まわりの情報に振り回されず、地に足を付けて、ほんの目の前のことからでいいから

変化を認識しなくてはなりません。

そのうえで、

子どもに、「させるべきこと」と、「させてはいけないこと」を明確にし、

子育てしなくてはならないのだと、再認識しました。



私自身、ビジネス社会に身を置いていて感じます。

これまでの成功例が簡単に通用しないことがほとんどです。

私の業界でも、人口構成、家族構成が変化し、

さらに人々のライフスタイルが多様化し、

人の反応というのが予測できないケースに日々対応していかなくてはなりません。

マニュアル通りのやりかたは通用しません。

また、1人のカリスマがいて、皆、その人についていく時代でもないです。



チームで、それぞれの専門性、知識と経験を持ち寄り、

自分の個性を持ってアイデアを出し、どんどん挑戦し、実行しながら、

結果、市場の反応を見ながらそれを修正し

再度チャレンジする、という時代です。



この先、もっともっと、複雑で難しい時代になるから、どう生き抜くか・・・とよく言われます。

じゃあ、

「複雑な時代ってどう複雑なの?」 

「難しい時代ってどんなことが起きるの?」

「生き抜くってどういうこと?」

「そもそも、今のままじゃいけないの?」

・・・・・クリティカルシンキングで考えてみましょうかね~^^。


子どものことだけじゃなく、

自分自身が、どう生きるのか、

夫婦としてどう生きるのか、

家族全体としてどう生きるのか。

私、今、真剣に考えてます!!



冒頭の本は、内容すべてをおすすすめしているわけではありません。

スキルをご紹介したいわけでもありません。

みなさんが、そんなことを考えるきっかけになればと思って紹介してみました^^。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2014-11-11 05:12 | 毎日のできごと | Comments(0)

伝えていくために私は何をすべきかな?

昨年、さやの誕生日に贈ったもの。

司馬遼太郎 『二十一世紀に生きる君たちへ』  (司馬遼太郎記念館)

a0216711_14411442.jpg


先日、10歳の誕生日を迎えたとき、ふと思い出し、

もういちど読み返してみました。

二十一世紀に生きる君たちへ   司馬遼太郎

私は、歴史小説を書いてきた。もともと歴史が好きなのである。
両親を愛するようにして、歴史を愛している。

歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、
「それは、大きな世界です。
かって存在した何億という人生がそこにつめこまれている世界なのです。」と、
答えることにしている。

私には、幸い、この世にたくさんのすばらしい友人がいる。
歴史のなかにもいる。
そこには、この世では求めがたいほどにすばらしい人たちがいて、
私の日常を、はげましたり、なぐさめたりしてくれているのである。
だから、私は少なくとも2千年以上の時間の中を、
生きているようなものだと思っている。
この楽しさは
--- もし君たちさえそう望むなら --- おすそ分けしてあげたいほどである。

ただ、さびしく思うことがある。
私がもっていなくて、君たちだけが持っている大きなものがある。
未来というものである。
私の人生は、すでに持ち時間が少ない。
例えば、二十一世紀というものを見ることができないにちがいない。

君たちは、ちがう。
二十一世紀をたっぷり見ることができるばかりか、
そのかがやかしいにない手でもある。
もし、「未来」という街角で、
私が君たちを呼び止めることができたら、どんなにいいだろう。

「田中くん、ちょっとうかがいますが、
あなたが今歩いている、二十一世紀とは、どんな世の中でしょう。」

そのように質問して、君たちに教えてもらいたいのだが
、ただ残念にも、その「未来」という街角には、私はもういない。
だから、君たちと話ができるのは、今のうちだということである。

私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。
ななめの画がたがいに支え合って、構成されているのである。
そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きている。
社会とは、支え合う仕組みということである。

原始時代の社会は小さかった。
家族を中心とした社会だった。
それがしだいに大きな社会になり、今は、国家と世界という社会をつくり、
たがいに助け合いながら生きているのである。

自然物としての人間は、
決して孤立して生きられるようにはつくられていない。
このため、助け合う、ということが、人間にとって、大きな道徳になっている。
助け合うという気持ちや行動のもとは、いたわりという感情である。
他人の痛みを感じることと言ってもいい。
やさしさと言いかえてもいい。

「やさしさ」
「おもいやり」
「いたわり」
「他人の痛みを感じること」

みな似たような言葉である。

これらの言葉は、もともと一つの根から出ている。
根といっても、本能ではない。だから、私たちは訓練をしてそれを身につけねばならない。
その訓練とは、簡単なことだ。
例えば、友達がころぶ。
ああ痛かったろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分でつくりあげていきさえすればよい。
この根っこの感情が、自己の中でしっかり根づいていけば、
他民族へのいたわりという気持ちもわき出てくる。

君たちさえ、そういう自己をつくっていけば、
二十一世紀は人類が仲良しで暮らせる時代になるにちがいない。
鎌倉時代の武士たちは、「たのもしさ」ということを、大切にしてきた。
人間は、いつの時代でもたのもしい人格をもたねばならない。
男女とも、たのもしくない人格に魅力を感じないのである。

もういちど繰り返そう。
さきに私は自己を確立せよ、と言った。
自分には厳しく、あいてにはやさしく、とも言った。
それらを訓練せよ、とも言った。
それらを訓練することで、自己が確立されていく。
そして、”たのもしい君たち”になっていく。

以上のことは、いつの時代になっても、
人間が生きていくうえで、
欠かすことができない心がまえというものである。

君たち。
君たちはつねに晴れ上がった空のように、
たかだかとした心を持たねばならない。

同時に、ずっしりとたくましい足どりで、
大地をふみしめつつ歩かねばならない。

私は、君たちの心の
中の最も美しいものを見続けながら、以上のことを書いた。

書き終わって、君たちの未来が、真夏の太陽のようにかがやいているように感じた。





次々に計画されたTODOや、降ってくる情報に追われ、

同時にいくつものことをこなすことがフツーになった現代。



公園でみんなが集まるまでのわずかな時間や

習い事が始まるまでの数分すらも宿題をする子が多いようです。

宿題を持って家を出ないと遊びに行けない子が多いみたいなんです。

変な時間管理を身につけてしまっていますね。

そんなんじゃ、生活の中で感じ、味わうことはできませんよね。





私たちは、昔の、のんびり、ゆっくりとした時が流れる時代を知っているけど、

今の子どもは、その感覚がない子が大半を占めています。

時間に追われて、じっくり考えること、丁寧にモノを観察することもできない。

面倒なことを嫌がり、効率的であることが最優先という価値観。



そんな中で、人を感じることができるだろうか?

人にやさしくできる心の余裕を持てるだろうか?

人の痛みを自分のことに置き換えられるだろうか?

人が助けを求めていることに気づけるだろうか?




そんなことを考えると、私たち大人は、

極力不要なことを取り去ってあげて、

きちんと伝えていかなければならないことがたくさんあることに気づきます。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2014-11-07 05:48 | 毎日のできごと | Comments(2)

チェリーちゃんは友達との共同作品さっ♪

昨晩のどんぐりです。

3MX46
ハムスターのチェリーちゃんがお散歩に出かけました。
まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花を見てから
お昼ご飯を食べました。
帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、
南に850m歩きました。
では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、
どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。


a0216711_10155861.jpg


以前は、類題でわからん帳にいった問題がありました。

また、ここで進化を見ることができてとても嬉しいです♪



a0216711_10155865.jpg


実は、今回の絵は、2度も描き直しをしています。

普段は、その日のうちに描き直しすることはあまりありません。

今回は、1度目に答え合わせしたところ、答えが違うと知り、

再度絵を見直し、自分で間違いをはっきりと見つけたために、

描き直した、という経緯です。

ただし、別ページには描かず、継ぎ足し描きして大規模な作品になっているところが

さやらしいなあと思ってみてました^^。

a0216711_10155973.jpg



北へ南へ・・・東へ西へ・・・

あっちこっちと歩いているうちに、

「チェリーちゃん、遠回りやね~。・・・ あ、散歩やった。いいね~♪ 」

と、1人で楽しんでました^^。




ちなみに、

今回のチェリーちゃんは、家に遊びに来ていたお友達が発案し、

下書きしたものを、さやが絵にしました。

共同作品の可愛いハムちゃんですね

a0216711_1016024.jpg

[PR]
by tubomilog2 | 2014-11-06 05:15 | どんぐり | Comments(0)