つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

漢字マスター法

前回記事の漢字に関する話では、たくさんのコメントやメールを頂き、

みなさんが、漢字学習に関してとても関心があることがわかりました。

私自身、「IF法教えたんだから、そのうち出来るやろ~ね~♪」

と、軽く考えていたものですから、

再度、IF法をおさらいしてみました^^。


★IF法(イメージフィックス法) 以下、どんぐり倶楽部過去ログから引用です。

<手順>
■一度も漢字を書かずに誰でも漢字を書けるようになる方法
1.お手本は、大きいものを使ってください。小さいと自動記録してくれません。どんぐり倶楽部ではA4用紙の半分に一字です。
2.全体をよく見て形を覚えます。
3.目を閉じて頭の中で再現しますが、写真のようにはっきりとは見えない状態が正常です。
4.目を閉じて再現してみる...
書かない!<覚える>ってのは<思い出すこと:視覚イメージ再現>!
5.再現できない部分・不確かな部分を確認する
6.目を開けて、再現できなかった部分だけを意識して見る
7.再度、目を閉じて、先ほど再現できなかった部分のみを再現。このときに頭の中で大きく拡大すると思い出しやすくなります。
8.目を開けて、細部も気をつけて確認する。全部を再現できるようにする。
9.目を閉じて、全体を再現する...ここで、書けそうだなと感じたら書かなくても100%書けます。
※ココで終わり。確認の意味で最後に一回だけ頭の中で再現した漢字を意識しながら書いてもOK。

                                    ★引用おわり

★IF法の原理を読んでみよう♪
 イメージフィックス法の原理

上記原理を読んでみると、

娘が言っている、「記憶する」とか「脳に焼きつける」とか言ってるのが理解できます。

『覚える』こととは、『思い出す=視覚イメージの再現』ということだから、

短時間で、一発でマスターしたわけですね☆☆☆


で、娘にまたまたヒアリング。

今回聞いたのは、いつの時点で覚えているのか。

私「教科書読むときに覚えてるの?」

さや「教科書読むときは、『これ何て読むんだろう?』と思ってるだけ。そこじゃないと思う。」

私「新出の漢字は、先生が黒板に書いて教えるのかな?」

さや「あ、そうよ! 新しい漢字は、1文字ずつ先生が紙に書いたものを

   まず、みんな一緒に右手を挙げて、宙に大きく1回書く。

   で、こんどは、人差し指(※)でもう1回、今度は机の上に大きく書く。

   そして、最後に何も見ないで1回机の上に書くよ。

   たぶんこのときじゃないかな~?。私が漢字を覚えるのは・・・。」


※人差し指で書くというのは、この先生独自の方法。
 指で漢字を書くのが一番覚えるという持論があるらしい。

さや「それとね、漢字は意味を考えるよ。

   漢字テストでは、意味も一緒に覚えたものの方がよく書けると思う。

   例えば、『覚』だったら、『見えること』とかさ。

   不安なのは、簡単な漢字やね。画数が多かったり複雑な漢字の方が覚えやすい。」


そうかあ。

原理を読むと、よく理解できますね。

複雑な漢字のほうが、より覚えやすいということに納得です!

ただし、糸山先生が以下の事をおっしゃってます。

幼児・児童期には、必要最低限に留めることが重要なポイントです。

データは多くても意味がないどころか、時間的にも意欲的にも

工夫するという思考回路そのものの育成を阻害することになる。





『漢字』は私たちの日常、すぐ近くにあるものですから、

ついつい、生活ルールと同じように、マスターしておかなくては

ならないように思いますが、

IF法を理解した今、

『漢字を書けるようになること』の捉え方が自分の中で変化し、

必死になって覚えさせることではない理由が明確になりました!


Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-30 11:36 | 娘の学習 | Comments(2)

覚えようとするから忘れるのさっ♪

a0216711_15421086.jpg

昨日、4月~5月学習の漢字のまとめテストの結果がかえってきました。

またまた100点!!

クラスで1人。学年でも1人みたい。

で、今回も質問。

私「漢字ドリルも宿題も全く!してないのに、なんでいつも100点なわけ?」

すると、

さや「フツー」

私「どうやって覚えよーと?不思議~?」

さや「暗記しようと思うけん、忘れるとよ!」

  「あたしも経験あるよ。覚えよう覚えようと思って、

   1から10まで覚えたとしても、

   6~10個めを覚えた時にはすでに1~5個めは忘れとるけんね。」

私「へぇ~」

さや「1回で覚えることよ!!」

私「どうやって?」

さや「え? 1回見るだけよ。フツーに。」


私は、どうしてもそのやり方が聞きたくて、聞いてみても

言ってることがよく分からなくて。

たぶん、言ってる感じでは、

「覚える」というより、「記憶する」「脳に焼きつける」

ようなことを話してました。



IF法は、さやにとってはすでに「フツー」なことなのね。

おそるべし!!


Smile^^。














[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-25 05:42 | 娘の学習 | Comments(10)

大学生を見て感じたこと。

昨日、仕事の関係で、わが母校の学術文化祭に行ってきました。

久々、フレッシュな大学生と触れ合えて嬉しかったです。

昨日見たのは経営学研究部の発表。

大学周辺の開発プロジェクトということで、シェア住宅やリラクゼーション、スポーツ店、お菓子屋さんなどなど、面白いアイデアが発表されていました。

最近の大学では、サークル活動などをわずらわしく感じる学生も多い中、このように仲間同士で協力しながら一つのことに取り組む若者達は貴重な存在なのかもね~などど感じながら発表を聞きました。

いくつか、質問もさせてもらいましたが、ちょっと気がかりなことが。。。

わが母校の学生を悪く言いたくはないのですが、大学生の割には少々内容が貧弱であること。

以外に現実的で「夢」を見ていないこと。外堀だけ埋めて中身が薄いこと。

視野が狭いことなど。


一人一人、とても熱心に説明してくれて良い印象でしたが、

これから社会に出ていくことを考えると不安で、母親心に心配になってしましました。

とっても失礼な話だけど、少し前にうちの娘が社会科研究で、福祉施設の現状と課題や、

醤油業界の現状と課題の発表のレベルと比較しても・・・うーむ・・・どうなんだろう。

10歳と20歳。。。10年の差ってなんなんだろうなって、その間の成長って?と、考えさせられました。


最近の新入社員は・・・という話をよく聞きます。

私が勤める会社の若者も、怒られるとすぐへこむし、謝らないし、すぐ休むし・・・。

1つのことをやれと言えば出来るけど、自ら考えては仕事できなくて。

はっきり言ってやる気が感じられないんですよね。


昨日の学生を見ていても、「疑問を抱く」とか「追及したい欲求」とか「具体策を練る」とか

「アイデアを出す」ということが貧弱なのかもしれないと感じました。

子どものころから塾や習い事ばかりで目の前のことに多くの時間を費やされ、

IT進化で新しい刺激に振り回され、ラクに楽しいものが手に入り、少し苦しくなると親が助けてくれる。

広い視野で物事を捉える余裕や、自然を眺めるゆとりや、夢を語る時間や自分で壁を乗り越える経験などが少なかったのかもしれないと感じます。


現在、私は会社でグループリーダーをしていますが、部員の中でも「2-6-2の法則」です。

2割はよく理解でき、意見も出る。2割は理解できないし発言しない、

もしくは反対している。あとの6割はどっちでもいい。他力本願、自分で考え出せない。


で、テクに頼ってみようと思い、セミナーなどで教わるような思考方法を

伝えたりしてみるも、それ自体をうまく使えない。ピンとこない。

「そもそも、考える必要があるのか。」という態度。


「どうして考えてくれないんでしょうか。」と、上司に聞いたところ、

「日ごろから、様々なことに意識する習慣がなければ、

考えろと言われても考えることは難しいだろう。」と言われました。

(まあ、私の勤める会社は中小企業ですから、すべてではないとは思いますが。)



米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏の話では、

2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、

大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」ですってね。

日本においても同じような傾向になるのでしょうね。

ますます、「自分で生き抜く力」が必要だということです。


だからって、「21世紀型スキル」などと言われてもね・・・


結局のところ、突然能力は備わらないわけで・・・

やっぱ12歳までの教育こそがすべてやね、と、改めて確信した昨日の出来事でした。


Smile^^。







[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-23 12:31 | 毎日のできごと | Comments(0)

今年も♪

a0216711_921772.jpg


梅ジュースが美味しくできました!

a0216711_921879.jpg



smile^ ^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-22 05:20 | おいしいもの | Comments(0)

さや、パトカーに乗る。

昨日の放課後の出来事だそうです。

さやの学校区は、福岡の中でも超都会の小学校区です。

その割には、意外に穏やかな街ですが、

最近は、「刃物を持った男がいた」 とか、学校からの、不審者情報メールがくることがあります。

実際、さやも、公園で、「下半身露出の男」に声をかけられたことがあります。

そんな情報に敏感になってきたのかどうかわかりませんか、

昨日の放課後の出来事です。


いつものように、男女数人であそんでいたところ、

あるマンションの1Fに若い男の人がケータイを右手でいじっていて、

左手に、ナイフらしきものを持っているのを見たそうです。

怖くなったさやたちは、全員で、交番に行き事情を説明。

みんなそれぞれが、

「あのですね~!」
「男の人がですね~!」
「ナイフが・・・!」

と、我先にと話すので、

おまわりさんが、「じゃあ、一人ずつ話そうか。」

と、落ち着かせてくれ、話を聞いてくれたそうです。


現地確認のため、

代表として、さやと、女の子Mちゃんが現地へ。

なんとパトカーに乗って!!

初パトカーを怖がるMちゃんを落ち着かせ、さやがしっかりと説明。

さやが恐れたことと言えば、

容疑者に間違われないか・・・ということ。

「Mちゃんにびたっとくっついて端っこにおった。」といっていた。



パトカー3台も出動し(わおっ!!)、おまわりさんが、男の人に質問。

結局は、所持していたのは鍵の束だったそうで一件落着。

は~、お騒がせだったけど、何もなくて良かったね^^。


さやの小学校では、

『すぐに交番か学校に言う(行く)!』

が、徹底されてる。

おまわりさん、大変ですが、子どもたちをよろしくお願いします!



※いつも見守って下さる交番に、御礼のお葉書出そう!


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-18 12:57 | 毎日のできごと | Comments(2)

ムダばなしの効果

今日はちょっと長話です。

子どもが帰宅して親に今日一日の出来事を話すとき、子どもが話していることを分析したことありますか?

うちのさやは、私より早く帰宅しているので、

私が仕事から帰ってくると、「おかえり~。ママ~あのね~今日ね~・・・」と話しだします。

私が夕食の準備をしている間、食事中、食後の自由時間、お風呂上がりの前後、寝る寸前まで・・・。

だいたい、今日一日の出来事をず~~~~~っと話してくれてます。

内容は、友達とのやりとり(ケンカやウケたこと等)が一番多く、次いで授業での出来事、

クラブや委員会の活動報告などです。そんな中、意外とよく話すことが、人から聞いた『ムダばなし』です。

『ムダ』と表現すると、話してくださった方に失礼になるのですが、本来話していた内容から、

ちょっと脱線した、いわゆる『雑学』的な内容という意味です。



私は、娘の小学生生活を見ていて、『ムダばなし』の効果は絶大だと感じています。

娘のケースで言うと、話してくれるのは、学校の担任の先生、ピアノの先生、かるたの先生、

ボーイスカウトの指導者の方々・・・etc

社会人として、経験者として、知識人として、一人の人間(男・女)として・・・

『ムダばなし』の中から、先生の性格を読み取っていることもあります。

「○○先生って、こんなこと考えるなんて、意外よね~」などと言います^^。

または、‘その世界のプロ’が語る雑学の魅力でもあるように感じます。



先生が話す『ムダばなし』は、子どもの心にずんずん入り込むようです。

例えば最近で言うと、さやの担任の先生は英語に興味があるそうで、

アメリカの文化に関する本をよく読んでいるそうです。

あるとき、さやが、主人と私に

「日本人って、『自分がしてほしくないことは、他人にしないようにしましょう!』って教わるでしょう。

でも、アメリカ人は、『自分がしてほしいことを、他人しよう!って思うんだって。』

私は、アメリカ人の考え方の方がわかるな。」と。


3年生くらいまでは、先生のムダばなしを聞いて、『○○だって~』と教えてくれるだけでしたが、

4年生後半くらいからは、前述のように、『そのことについて私はこう感じた』という

自分の考えを付け加えるようになりました。

特に、3年生の時の担任の先生は、とっても楽しい先生で、授業中、

「え~、ここからはムダばなしですが・・・」といろんな話をしてくださっていたようです。

そこから目がキラキラ輝く子も多かったんじゃないかなあと想像します(さやもその一人^^。)



さらには、聞いた話をきっかけに、家族内でクリティカルシンキングすることも頻繁にあります。
(もちろん否定し合わないことが前提!)

さやは、10歳後半。抽象思考も顕著に表れるようになり、何かと主張するようになりました。

「私はこう思う」「私だったらこうする、こうしたい」ということを、

家庭の中でも、自由に話せる環境ができているなあと感じ、嬉しく思います。

あたりまえですが、子どもって、「自分」を主張したがっているんですね~。

そして、主張することで、周りがどう反応するかを見ているようにも思います。

私たちは、鏡の役割をしてるのかもね。
(ますます、周りの対応の仕方が重要ってことですね~^^;)

そうやって、自分の価値観を確認したり、修正したりして自分を形成していくのかもしれませんね。

私は、子どもにはどんどん主張させてあげたいと思います。

どうせ否定されるから言わない。
言いたいけど、自信がない。
そもそも考えてない。考えることができない。(これこそ問題だけど・・・)

もし、そうだとしたらとっても残念。

全ての子が、積極的に主張できるわけではないし、

『心の声(内心)』もとても大事。

でもでも、できるだけ、「自分」を出す環境を整えてあげたいものですね。




Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-16 18:10 | 毎日のできごと | Comments(2)

あなたが私を選んだんだよ♪


わが家のトイレの壁には日めくりカレンダーがあります。

ある日の朝、トイレを済ませたさやが私のところに走ってきて言いました。

「ママ、今日のトイレの一言読まんで!お父さんのことを好きになるけん、読まんで~!」

と。

何?

と思ってトイレをこっそり覗いてみると・・・

a0216711_1426029.jpg


a0216711_1426143.jpg


なるほど~と思い、娘にこう話しました。


「さやがまだこの世に生まれるずっと前、魂だったころ、

空の上から地球を眺めて、『どのお母さんのところに行こうかなあ♪』

『どのお母さんだったら、自分の使命を全うできるかなあ』って考えて、

『あ、この人にしよう!』ってママを選んで、ママのお腹の中に入ってきたんだよ。

あなたが、私を選んだんだよ!! ありがとう!

これがね、『命のリレー・愛のリレー』053.gif

ステキよね~♪



だからね、選ばれたママはね、さやが自分の人生を楽しめるよう、

自分の思うように生きていけるよう、

一生懸命サポートしようと思っているよ!」

と言って、ぎゅぅ~っと抱きしめました。

するとさやは、とっても満足した顔で去っていきました^^。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-12 12:25 | 毎日のできごと | Comments(2)

きれいでした

a0216711_18394367.jpg


太宰府天満宮にて。


smile^ ^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-11 18:38 | 毎日のできごと | Comments(0)

ターシャ・テューダーに会って。


昨晩は、三越で開催されている、

ターシャテューダー展に行ってきました

a0216711_7562955.jpg


「生きることを楽しむ」

簡単なようで、能力があってこそなのですよね~


人生を楽しめる力を備えてくれた両親に感謝し、

幸せを感じさせてくれる家族に感謝!


ターシャのように、最期まで、ゆっくりとじっくりと、

人生を味わいながら生きていけたらいいな〜

a0216711_7562851.jpg


a0216711_7563046.jpg



ターシャのお庭が好きです。

ターシャのティータイムの写真が好きです。

ターシャの時間を大切にする姿勢が好きです。


慌ただしい日々だけど、

1日にのうちのほんのわずかでも、自分だけの時間を!!


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-10 07:53 | 毎日のできごと | Comments(0)

かるた楽しいっ

今日は、競技かるた大会in宗像大社でした。


家では練習はしない主義の娘(笑)。

普段は、

月1回の練習に行き、

先生や友達と試合を楽しんでます^^。


とにかく暗記! 暗記! 

スピード! スピード! ではなく、

取り方の工夫や、戦略を練ることに力を注ぎ、

その先に、「勝ち」か「負け」かがあるだけのこと。


何よりかるたの試合を身体いっぱい楽しむ!

そんな彼女の姿勢が大好きです??



試合を見ている主人と私はというと・・・

札が詠まれるごとに一喜一憂しているのですが(笑;)



でもでも、親は、子どもの「ペース」、「世界」を守ってあげることが最重要だと

試合を見るたびに、身に染みて感じています。

a0216711_16574322.jpg



そういう中で、個人戦3位入賞!

楽しんで結果良ければ笑顔もいっぱい072.gif072.gif072.gif

今回も感動をありがとう!!

a0216711_16583738.jpg




072.gif072.gif072.gif
[PR]
by tubomilog2 | 2015-06-08 12:58 | かるた | Comments(0)