つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

さや、株を買う?!

昨晩、娘との会話が面白かったので…^_^

私 「今日、仕事でN社の株主総会に出席したのよ〜」

娘 「へぇ〜、株主たくさん来てたぁ?」

私 「うん。550人くらい。」

娘 「って、そもそも株ってなに?」

私 「自分が応援したい会社にお金を渡して、頑張ってもらうんだよ〜」(かなりアバウトな説明だが…(・_・;)

娘 「私だったら、『ゆめタウン』の株を買うよ! だって、最近、イオンに押され気味だから、負けてほしくない‼︎」
a0216711_20455823.jpg





これは、娘のぶたさん貯金箱。

中が4つの部屋に分かれていて、

使い道を考えながら貯金できる^_^


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-30 13:48 | 毎日のできごと | Comments(0)

さや、林先生へひとこと!

日曜日夜のテレビ 林先生が驚く初耳学で
林修先生が東大女子50人を前に、
社会で活躍できる人になるためには
どうすれば良いかについて、話してました。

同居の私の実母は、私の教育方針に常に不満を持っていて(笑)
娘に何もさせていない(つまり、塾に行かせていない!家で勉強させていない!)と
事あるごとに私に激しく説教をします。

昨晩、この番組を見ていた母が、娘を部屋に呼びつけ、見ないさいと。



林先生の話を、かなりカツアイしてお話しすると、

東大女子50人にアンケートをとったところ、
最も大切だと思う教科は 『英語』 という結果でした。

それに対し、林先生は、圧倒的に大事なのは数学だと言います。

社会で活躍できる人になるために必要なものは、
①問題を解決する力 ②新しいものを創造する力  であり、
数学はそのために必要な科目だそうです。



料理の違いを説明する場合、
例えば一般的には以下のようになると思われます。

目玉焼きは、卵を割って焼いた料理
スクランブルエッグは、溶き卵をフライパンで炒めた料理
オムレツは、溶き卵をフライパンで炒め、焼き固めた料理

そこで、料理の四面体という本が紹介され、
この著者は、全く違う捉え方をしており、
数学が重要だと考えるポイントだそうです。


この本では、全ての料理は、
火 空気 水 油
の4軸で分類されると言います。

「油で焼く」という本質的には同じ料理であり、
目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツは同じ場所に分類される。

目玉焼きは、卵の姿焼き
スクランブルエッグは、卵の崩し焼き
オムレツは、卵の崩し固め焼き
頭の中で整理できてしまう、
数学的な考え方をモデル化なんだとか。

もう、ここまでくると私には理解できず。。。

林先生が言うには、
問題解決や新しいことを考えるには、
数学が得意だと論理的に整理ができるから良いと。

物事を要素に分解し、
その論理関係を単純化して考えることができるかは、
数学ができるかにかかってくるからって。

確かにそうやね~と思いました。

この番組見た方多いのかもしれませんね~。




これを聞いた娘の感想。

「林先生って、共感できる話をする時とそうじゃない時が半々やね。

算数って、大切だと思うけど、問題解決するのに、公式とかでできるわけじゃないやん!

そんな単純にはいかんやろっ!!

解決するには、“こころ” がないとさっ!」 と。



小学6年生女の子の感想。

いいねえ☆☆☆

そうだよね、そうだよね! と共感しあいました^^。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-29 17:52 | 毎日のできごと | Comments(0)

驚きの出来事

いつだったかの日曜日。

さやは、友達との約束時間に、約束の場所に行くと、2人のうち1人しかこなかった。

ということがありました。

次の日、学校で理由を聞くと、

「土曜の夜、塾の宿題を徹夜でやっててね~、

お母さんに、日曜日は友だちとの約束があると話したら、

塾の宿題が終わったら、少し寝てから行きなさいって言われて、

朝寝たら、起きれんかった~ごめんね~。。。」とのこと。

噂には聞いてたけど、ほんとに徹夜で勉強してたんだね。。。

その子は、同じクラスの子で、私立の中学校を受験する予定で、母&おばあちゃんが躍起にやってる様子。。。

〇文式塾や、個別指導の〇ライとかいろいろな塾に行かされてて。。。

確か、4年生の時、〇文式塾に行ったら、出来が良くないから、1年生からの問題を毎日大量に解かされてた。

あーあ。心配です。





娘の学年は3クラスあって、

娘のいるクラスは、なんだか、なんらかの選抜でクラス替えされているようで(公立校でそんなことあるのかな?)

テスト成績の高い子や優等生タイプの子が多く、

中学受験する子が、他の2クラスのは数人しかいないのに対し、

このクラスは過半数が受験するそうで。。。

※塾に行ってない子は、クラス総勢29人中、さやと、あと2人くらい。

そんな中で過ごす娘の近況が心配な面もあるのですが、

娘は、相変わらず、(受験しない)友達と、毎日毎日、楽しく遊んでいます♪

涼しくなった9月末だというのに、

大汗かいて帰宅し、「先にお風呂入るね~」と元気に服を脱ぎすててる様子に

ホッとするのでした。。。(笑)



Smile^^。










[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-26 10:20 | 毎日のできごと | Comments(0)

子どもの心のホームはどこにある?

子ども同士って、お互いの家族のことをよく話すようですね。
(話さなくてもでもいいことまで。~~;)

さやは、毎日毎日、学校での出来事ををたくさん聞かせてくれるので、

お友達のご家族の様子についても知る機会が多いんです。

(あちらのご家族からすると、まさかそんなことまで

私が知っているとは全く想像していないでしょうが。。。)


いやあ、驚くほど、いろんな家庭事情があるんだなあと、

聞けば聞くほどほんっとに驚きます。

‘親の無知、身勝手さ’ というのは、教育においてだけではないですね~。

今の時代、「ライフスタイルの多様化」は当然になり、家族のカタチも様々になってます。

けど、「家族」って変形させちゃいけない部分があるじゃないですか~。



夫婦関係、嫁姑関係、仕事関係・・・大人の事情が子どもに影響していることが多いですね。

ほんとに多い。

子どもへの負担は計り知れないです。

いやあ、正直、ほんとわが家にだって多少の問題はあるし、

他人の事は厳しく言えないのですがね。。。



つい最近の話なんですが、

母親から裏切られたというさやの仲のいい友達が、

事情を話した後に言った言葉が切なくて、切なくて。

「さや、私、やっぱ友達が1番なんだってわかったよ。」 って。

あー、こういうときに、誰が救いの手を差し伸べられるのだろう。

“学校” が救いの存在であればいいのに。

と思いました。



家庭は「ホーム」であるはずなのに、

子どもへの負担、ストレスを与える場になってる現実があります。

選挙が始まりましたが、ICT環境整備もいいけど、

それよりももっと先に、

子どもの心を守る場所を考えてくれないかと切実に願います!!


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-23 12:08 | 毎日のできごと | Comments(0)

6MX36 どんぐりとおやつ♪

a0216711_14541231.jpg


a0216711_14541297.jpg



a0216711_14541375.jpg



a0216711_14541397.jpg



a0216711_14541387.jpg





最近のどんぐりの取組みの様子はというと、

淡々と描き進めています。

行き詰る様子はあまり見られません。

難易度低めを選んでいるからだろうか?

それから、

取組み場所は、変わらず、

お気に入りの場所である、ベットの上でおやつを食べながら。。。

どんぐり時間がはじまると、

部屋から聞こえてくる叫び声。

「おやつ、ちょ~~だ~~~~~い!!」

『どんぐり&おやつ』 ずっと変わらない^^。


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-21 12:53 | どんぐり | Comments(0)

5MX47  少数は敵!!

a0216711_14193837.jpg


a0216711_14193801.jpg




8は2の4倍だから、

2は8の4分の1 

と、答えるものとばかり思っていたのですがね。。。

どうして、0.25倍・・・小数なんだろう。

どうして、筆算するんだろう。

本人に、

「答え見たら、分数で書いてあったよ」

と、伝えると、

「やっぱし!!そう思ったっちゃんね~」と。

小数は敵ですね!!

分数で考えることを言い続けなくてはなりませんね!!




Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-04 07:18 | Comments(0)

5MX68 「6年生になるとわかるんやね♪」

昨晩のどんぐりです。



a0216711_14180351.jpg






ヒカルぴょんは、さやのお気に入りキャラの一つです^^。

脚の角度がポイントらしいのです^^。

a0216711_14180309.jpg





平均の問題ですね~

『平均』 が理解できているのは良いのですが、
まあ、絵図で解いたとは言えないですね。



問題を読み、丁寧に解いている様子は伝わりますが^^。

a0216711_14180395.jpg



5年生問題へのチャレンジ!

さやいわく、

「これ、5年生の時やってたら、絶対わからんかったと思う。

でも、今は、問題読んだだけで、だいたいわかる。

6年生になると、わかるんやね~~」  

と、自分に感動してました072.gif072.gif072.gif

が、平均的な回答なだけに、さびしい気持ちになりました。。。

a0216711_14493137.jpg



Smile^^。




072.gif072.gif072.gif
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-03 06:16 | どんぐり | Comments(0)

「いじめは卑怯なこと」を実感した運動会。

先日の運動会。

保育園の運動会も、小学校の運動場を借りて開催していたので、

小学生最後の運動会ということで、計10年間の運動会を思い出しながら、

感慨深いものがありました。

a0216711_20410219.jpg




そんな運動会だったのですが、

私にはどうしても確認しておきたいことがあったのです。

それは、5年生の時に娘をいじめていたSさんがどんな子なのか...ということ。

そう、私は、参観に行ったことはあっても、その子を意識したことがなかったのです。

クラスも離れ、もういいことかもしれないのですが、やっぱ気になる。

で、ゼッケンで名前を確認し、様子を見たところびっくり!

ママ友から聞いていたように、顔つきはとっても大人びている。

さやから聞いていたように、美容にうるさいとのことで、なるほど、

日焼け対策で他に見ない装いでした。

(体操服に長袖とスパッツ&日よけの帽子着用)

背が低くて、痩せていて、繊細な身体つき。

こんなにか細い子を相手に、

身長は150cmを超え、体力測定では男の子をしのぎ、

人並み以上の身体能力を持つうちの娘がどうしてやられたのか。。。

つい、

「なんで、あんな小さな子に。。。?」と、ぼぞっと言ってしまい、

それを聞いていたさやは、

「そうなんよ。 正面からケンカ売ってきたら、買ってやる。

そして、絶対勝つ自信あるんやけどね。

骨折れるくらいのキックしてやるのにさあ、

陰でやられたら。。。無理やね。」 と。

そっかあ、

いじめが卑怯なことってこういうことかあ。




Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-02 05:14 | 毎日のできごと | Comments(1)

喜ぶ大人(・_・;

a0216711_22445174.jpg


昨日の宿題、

始まりの線を書いたことと、

筆算を省略せずに書いたこと、

褒められた(^O^)/

娘は苦笑い(;^_^A

Smile^ ^。






[PR]
by tubomilog2 | 2016-06-01 22:40 | さや小学生の宿題 | Comments(0)