つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

どんぐり教育・どんぐり子育てで良かったと思うこと

このお題の内容、多いですよね、私。。。(笑)


つい先日の事。

さやが言いました。

「中学になってもね、医者になりたいって人が多いんよ~。

たくさん稼げるとか言う人いるけど、それだけで決めるもんなんかね~。

わから~ん。」  と。

「さやは、将来の職業について、今の時点ではどう考えてるの?」

と私が聞くと、

「まだ、漠然としてるけど、やってみたいことはあるよ♪

それについても、時々ネットで調べてるし、その職業に就ける条件もわかってる。

私としては、やりたいことを仕事にするのが一番いいと思うんやけどね~♪」

とさやはいいました。

そう、素直に、そう言える娘を嬉しく思いました。


いろんな壁が立ちはだかっても、

その気持ちをずっと持ち続けていてほしいです。


そして、私はこう言いました。

「何のために高校行くのか。何のために大学に行くのか。

そもそも、何のために勉強するのか。

そういうことについては、いままでもたくさん話し合ってきたよね~。

さやは大学行きたいと言ってたから、大学を卒業したら、

あとは、趣味世界で生きていくのだと思う。

趣味というと遊びのようにも聞こえるけど、自分の好きな分野という意味で言ってる。

お父さんは、金融に興味があったからその業界だし、

お母さんは、住まいのことに興味があったから不動産の業界を選んだんだよ。

そういうことだと思うよ。」と、私も素直に答えました。


私がこうしてはっきりとした考えがあるのは、

どんぐり理論で子育てしてきたから言えること。


子育て・教育をするうえで、

インプットとして、どんぐり理論を学び、

アウトプットとして、子育て環境を整えたり、どんぐり問題に取り組みました。

そのいう過程で、純正どんぐりっ子とは言えず、

オリジナルにはなってしまったと思うし、

それが良かった部分と、良くなかったと感じる部分はあります。

でも、それもこれも、「どんぐり」がどうこうではなく、

保護者である私が、どう選択し、どう実践したかの結果でしかないと

心底感じています。


いまさら時間はもどらないので、

修正はできないけど、

私が学び、実践してきたことは本当によかったのではないかと

感じています。


どんぐりっ子ブログや卒業生のブログでのつながりも、

私にとっては、とても大切なこと。

どれだけ助けられたか、そして、今も助けられ続けています^^。

それから、自分の子以外の子にも、どんぐりを伝えている方々。

自分の子だけでも四苦八苦している私は、

自身が力不足で伝播出来ないことを考えると、

本当に頭が下がります。

心から応援しています。


私のブログなんて、性格的にマイナスなことはあまり伝えたくなくて、

良かったこと、うまくいったことばかり書いているから、

単なる自慢ブログに見える人もいる(だろう)中で、

こうして時間を取って見て下さり、

思いを感じて下さることに、意を酌んで下さることに、

ただただ感謝しかありません。



ネットはコワイ存在だと思います。

そのような中でも、心が伝わるよう、

これからも、ブログは続けたいと思っています。

これも、私にとって、良かったことのひとつです♪


Smile^^。

















[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-20 12:00 | 中学生のさやの様子 | Comments(4)

今週は、期末テストがあります!

期末テストの範囲です。
a0216711_00105762.jpg


はじめてのテストなので、

課題になってるワークをやりました。

毎晩、部屋にこもって、

23時くらいまでやってます。

土日もほぼ勉強してました。

「あとどれくらいあるの〜?」

と、聞くと、

「無限∞…」と一言(笑)

日曜日は、ワークも終わり、

弱点強化に入ったそうです。

思いっきり、期末テスト勉強してます。

私からは、

この勉強では、

社会と理科は完璧マスターだよ!

と話してますし、その理由も理解してくれてます!

時間をかけてノート作りをしていたり、

試験勉強としては無駄なやり方がみられます。

これも、はじめてのことなので、

こちらとしては苦笑しながら、

まずは静観しています。

さあ、

この勉強から、今後、工夫が出来るか、

期待したいと思います。

こんなに勉強するなんて思いもしませんでした。

正直、困惑してます…。

a0216711_00105817.jpg


a0216711_00105841.jpg




smile^ ^。

[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-18 23:47 | Comments(0)

『東大話 ①』

最近、「東大」に関する話題が重なったので特集です^^。

私は仕事上、接待で取引先や関係先の人たちと会食の場に同席することが多いんです。

私が勤務する会社は中小企業ですが、私の所属が不動産部で、土地開発をしているため、

大手デベロッパーや大手ゼネコンさんの方々と、

お会いすることも多いんです。

先日は、大手デベさんとの会食でした。

私がとても楽しみにしていたのは、

そのメンバーの中の東大卒の女性(28歳)と会えることです。

この女性Iさんとはじめて会ったのは約2年前。

東大を卒業し、お父様のお仕事と同じ不動産業を選び

(財閥系)不動産デベロッパーに入社。

東京出身で東京本社採用なのですが、

若いうちに全国いろんなところを見てみたい!思いで、

入社2年目に人事に転勤希望を出し、

まずは九州に来たというわけです。

そういうアグレッシブな考えの持ち主ですから、

私が出会ったときには、

すでにお仕事もしっかりされていて、

開発グループの中でも光る存在のようです。

意見も、バシバシ!!言われてるようです^^。

『東大卒』でしかも凛とした美しさ、強さを持つ女性、

同席のオジサマ方から質問攻めです(笑)

「どうしたら東大に合格できるの?」
「そうとう勉強したでしょう。」
「もともと頭いいんだろうね~」
「小中高は一貫校?」
「おうちは医者?」
「そもそもなんで東大選んだの?」

矢継ぎ早に質問が・・・(笑)

確かに聞きたいところですね~。

彼女はどんなことを聞かれても、全く自慢げな様子を見せず、

「このオジサマ達、なんでそんな質問するの?」というような顔で答えます。

彼女の話を箇条書きにするとこうです。

・小さいころからお父さんといろんなところを旅していた
・お父さんがいろんなことを教えてくれ、見せてくれ、連れて行ってくれた。
・小中高校と、学校は、東大を目指すのが当然の学校に行ったから、特別な事ではない。
・勉強に関しては、お母さんの方が熱心だった。お父さんは、
 「こんなに勉強しなくても・・・」と言っていた。
・そんなに裕福でもないのに、塾にいかせてもらったりしてたので、
 その期待に応えたいとは思っていた。
・親戚が子どもに「お姉ちゃんみたいに東大行けるように勉強頑張るのよ」
 とか言ってるけど、「行くもの」と思うことだと思う。
・勉強は・・・とにかくたくさんしました。
 塾には行っていたけど、塾に行ったから合格したとは思えない。
 自分なりに勉強をやりきったところが合格につながったと思う。
・若いうちに、たくさんのことを見て触れて経験したい!
・なんでも挑戦したい!怖いものはない感じです^^。

とのこと。

とても自信に満ちていて、美しく輝いてます☆



ちなみに、会食中、

オジサマ方が、最近娘さんに嫌われはじめたという話題で盛り上がり。。。

「女の子ならだれでもそうですよ~」とか、

「仕方ない、あきらめましょう~」とかある中、

Iさんは、DNAの話から始まり、

近親相姦がなぜいけないのかという理由を話し、例を挙げ、

娘がお父さんを嫌がる理由を理論的に説明してくれました!

スゴイ☆

こういう方は私の周りにはいないので、

いろいろと刺激になりました^^。

お偉いオジサマ方がぽかーんとする様子もちょっと面白かったです^^、

楽しい夜でした。





Smile^^。 東大話つづく。。。
















[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-17 10:23 | 毎日のできごと | Comments(0)

社会人になっても学び続けるものだけど・・・

私が勤務する会社の本棚の一部です。

たくさんの本があります。

ビジネス書や自己啓発書が多いですが、

別室の大型本棚には、歴代社長が残された文学小説などがたくさんあります。
a0216711_16410155.jpg

会社にある本に関わらず、社員が読んでいる本をちら見してると、

いろいろ考えることあります。

社会人になっても、当然、学び続けるわけですけど、

自分に不足していることや、

新しく取り入れたい学びもたくさんありますから、

書籍を利用して学ぶことは必須ではあります。

しかし、30代でバリバリ仕事する時期に、

こーんな本とか、


a0216711_16405601.jpg

こーんな本とか、

a0216711_16411329.jpg

最近はやり?

こーんな本とか、

a0216711_12231156.jpg



「企画書出して」と言われて、「企画書の書き方」の本が机にのってたり、

「会議の司会進行を担当するから」と、「ファシリテーションの力が身につく本」を開いたり、

「プロジェクトチームに入ったから」と、「通るプレゼン!」とか読んだり、

いいんだけど、

・・・いいんだけどね~。

なんだか、違和感を覚えるんですよね。

そういう私も、決して、こういったことがしっかりできるわけではないのですけど、

ただ、マニュアル的な思考に飽き飽きしてるんです。

全くできないのなら仕方ないのですけど、

何かに頼らなければならない様子をみると、悲しいです。

与えられたものをこなせば良い、

という道を歩んできた結果かもしれません。



40代になって感じることですけど、

30代の時は小さい子の子育てで四苦八苦でしたが、

最近は、違う意味で家庭の事に引き込まれているように感じます。

子供の手は多少離れても、今度は親の問題
(わが家は実母一人にかなりの気力を使います。。。)や、

パートナーとの問題、健康面・体力面の維持、

さらには、今後の第2の人生(老後とは言いたくないな)へのことも

視野に入れて、家を整えたり、マネープランも見直したり、

いろいろと長期的な計画を立てる必要性も出てきました。

それに、ストレス発散の時間も、当然、とーぜん必要!!

最近は、太極拳をはじめました!

こういう時間は優先的にスケジュール帳に書きこまねばなりません!!



ともなれば、「働く」ということを継続しながら

「自分とそのまわりの大切な人たち」と共に

幸せに生きていくためには、

やはり、基本的なことに戻っている時間などないということ、

マニュアル的なビジネス書読むくらいなら、

小説を読んで、頭より、心を動かせたい!!



ある40歳の女性がいうには、

「私、以前の職場がサービス業で、体を使ってきたから、

今の仕事のように考えることが苦手なんですよね~」と。

さらには、何もないところからやっていくなんて

自分にはできないといいます。

この人の言う「考える」こととは、

問題をとらえ、現状を把握し、解決策を見出し、

アイデアを加えながら、よりよい方向へ導くべく解決していく

ことのようです。

以前の職場でも、より良いサービス提供のために

いろいろ工夫したはずだと思うのですが、

こういう捉え方をするということは、

きっと、業種の問題ではなく、個人の問題なのだろうと感じています。

できないから、

「できませんので、やりません。」で通ればいいケドね、

そうならないから、いろいろな病も出てきます。

私の会社でも、ここ数年、心の病で長期休養をとる人が増えてきました。




こういうことがあると、

若いうちに、やっぱ学生のうちに、様々な経験を通して、

基本的なスキルを習得しておくことは大切だなあ、

部活や何かの活動でも何でもいいけど、

自ら計画し行動し工夫し実行する、

そんな体験をしておく必要があるなあ、と感じます。

高校受験、大学受験の勉強は、そう意味でも本当に最適だと思います!

多くの人が受験を経験して社会人になりますが、

社会人になって、差が出るという事は、

そのやり方にも差があったということでしょう。

学力だけの差ではなさそうです。



受動的な姿勢で過ごし続けていては、

基本的なスキルすら身につかずに成人してしまう危険があるなあと、

ついつい、自分の娘のことに置き換えて考えてしまっています。



今春入社した、初々しい新卒の女性を見ていると、

「さやも、10年後には、こんな感じなのかなあ。

どんな社会人になるのかなあ。」

と思います。

そんなに遠い話ではないのですよね~。





今日はとりとめない話になりすみませんでした。

おつき合いくださりありがとうございました。


Smile^^。





[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-16 12:25 | 毎日のできごと | Comments(0)

宿題を工夫しよう♪

『1P(ワンピース)ノート』というのを毎日書いてます。

この中に、自学宿題があり、

これにかかる時間が半端ない。。。

国・数・英・社・理・体育・音楽と、

毎日1教科を選び、

1つテーマを考え、

自分で好きなようにやってます。

こんな感じです↓

a0216711_10200955.jpg



a0216711_10201026.jpg

a0216711_10201019.jpg

a0216711_10201153.jpg
部活が終わり、19:30頃帰宅し、

20:00までピアノを弾いて

晩御飯を食べ、

ちょっと(5~10分くらい)リビングでくつろいだら、

即部屋に閉じこもります。

宿題のはじまりです。

この1Pノートだけに、1時間半~2時間くらいかけていることになります。

その他の宿題もあるので、結構な時間を机に向かっています。

他の中学校のお母さんに聞いても同じ様子だそうで、

みんな同じことがんばってんだなあというのを知りました。

ということは。。。

この日常の中で、プラスαの学習を進めていくには、

今の1Pノートや宿題を効果的なものに変化させるとか、

かなりの工夫が必要なようですね。

どんなことをするか楽しみな部分です♪



Smile^^。









[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-13 14:01 | さやの中学勉強法 | Comments(0)