つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

感動をありがとう! 第2位

さやの趣味・・・『音楽』だろうと思います。

4歳から習っているピアノ。

さやのピアノの先生は、発表会はされず、年に1回開催されている、

ピアノオーディション(順位をつけないので、オーディションと呼ぶそうです)

に挑戦することにしています。

参加は任意なので、7月頃課題曲が発表され、数曲の中から決めて、

夏休みを中心に課題曲を練習し、9月に参加申し込みをし、

11月の本番に調子よければ出場するスタイルです。

この、「調子よければ」というのは、もしかしたらさやだけかもしれません。

他のお子さんのレッスンを見たことはないのですが、

ピアニストになるためにレッスン通っているお子さん、大人の方も多いようなので。

今回、さやが選んだバッハの曲は、課題曲の中でも弾きやすいものでしたが、

やはり、中学生の部のなると、レベルアップしました~。

約4ヶ月の練習期間があるのですが、なかなか進まなくて。。。

力量が足りないのか、単に練習不足なのか、何なのか。。。

オーディション前日は、剣道の新人戦が丸一日ありまして、

それが終わってからの、前日レッスン。 もう20時過ぎてました。。。

その最終レッスンで、先生からは、

「今から修正することは出来ないから、聞いているみなさんに、

『どう、美しいでしょう~』という気持ちで弾いて下さい」とアドバイスいただいていました。

当日は、中学生の部12人中5番目の演奏。

1年生は2人だけのようで、2人とも、同じ曲を選択していました。

2年生、3年生となると、課題曲の中でも難しい曲を弾くんですね。

来年、さやが、あのような曲を弾いているとは想像つきませんが。。。

とても上手に演奏する人たちの中で、

さやの演奏は、ちょっと練習不足が目立つ結果ではありましたが、

最後まで、美しく、気持ちのこもった演奏が出来ていたと思います。

終了後の先生からのコメントは、

「緊張した? 『緊張しない緊張』というのもあるからね。

 いつもと違う演奏してたから緊張したのかなと思いました。

 うん。これから、作戦を練り直します。」と。

いつもの温和な先生から笑顔が消え、

厳しい講評をいただきました。

そう、これが大事ですね!



夏前から始まった、この山場への道筋。

最終日がこのオーディションでした。

本当に、頑張ったし、よく踏ん張ったと思います。



ステージの上で、大きな大きなピアノで表現しているさやを見て感じたこと。

「やっぱり、プロセスが大切なのだな。」ということ。

中学生になると、学校生活や部活の中で、いつも「結果」を求められ、

はい、次。 はい、次これ。 

と、休む間もなく、課題が与えられます。

生活の中においては、行き帰りに重たい鞄を担ぎながら、

制服や髪型、持ち物や挨拶諸々・・・とにかくルールの中で生活しなくてはなりません。

がっちがちに固められた中で、

自分らしく、マイペースで、思い切って、夢に向かって、自分の壁を破り挑戦することなど、

難しい環境にあると感じます。

でも、子どもたちはとても一生懸命で、

そんな理不尽に慣れているのか(小さいころから理不尽の環境にいるから)、

少々、割り切った様子で生活しているように思います。

「どうせ○○だから。」

「仕方ないし。」

「そういうもんやろ。」

だれが、そんな夢の無いことを言わせたのか。



そんなことが、ピアノを聴いている時に一瞬に駆け巡って。。。

さやは、そんな学校生活の中で、

勉強に、部活に、ピアノに、生徒会に、その他いろいろなチャレンジに・・・

どれだけやれたといえるのだろうか。

または、無理はなかったのだろうか。

親として、保護者として、これでよかったのだろうか。

顔中ニキビもひどくなってしまって、

辛かったんじゃないだろうか。

でも、目の前にいるのは、

自分の好きなバッハの曲を、

ノリノリで表現している娘。

緊張も感じられるけど、楽しそう♪

「結果」はどうでもいい。

「プロセス」を大切にしなきゃいけないな。


正直、複雑な気持ち。

そんなことを考えながら、

年々表現豊かになる娘を頼もしく感じました。


Smile^^。







[PR]
# by tubomilog2 | 2017-11-24 16:55 | 中学生のさやの様子 | Comments(0)

感動をありがとう! 第3位

a0216711_14125624.jpg
最近、よく主人と話すのは、

「子どもがいるから、この年になっても、こんなに経験でるし、感動できるんやね~。」と。

小学生までは、成長してくれることがとても嬉しく、

そのひとつひとつに感動していたように思いますが、

中学生になると、ひとつひとつの物事にプロセスと結果があるため、

子どもの「一生懸命な心とその姿」に感動するのですね。

この秋、そんな感動ベスト3を振り返ると、第3位は、

「クラス対抗 合唱コンクール」。

さやのクラスは My Own Road ー僕が創る明日ー 

を歌いました。さやは、伴奏を担当しました。(上の写真、ピアノ横に立ってます^^。)


My Own Road ー僕が創る明日ー

何を目指しているのか

わからなくなり立ち止まる

振り返るだけじゃ何も変わらないと

気づいているのに

そんな時 力をくれるのは

いつでも明るい君の声

流れてる時間が輝いて

また素敵なことが待ってる気持ちになる

自分の力で 拓く道だから

一歩ずつでも 進めばいいよね

誰かが背中を押してくれるのを

待ってるだけの昨日から 変わりたいんだ

夢を探し続けても

答えがまだ見つからない

背伸びして格好つけても

心が違うと叫んでる

そんな時 勇気をくれるのは

いつでもまぶしい君の笑顔

流れてる時間が輝いて

また素敵なことが待ってる気持ちになる

自分の力で 拓く道だから

遠回りでも 進めばいいよね

かけがえのないもの 見つけてみせるさ

君と偶然出会えた あの日のように



青春ですね~。

フレッシュな1年生にとってもふさわしい選曲だったと思います。

さやは、まとめ役の一人として、リーダーや指揮者の子たちと一緒に頑張っていましたが、

みんながみんな、歌が好きなわけじゃないし、気分がのらない日だってあるわけだし、

そんななか、毎日毎日、歌え~歌え~も過酷なもんですよね。

特に男子は、途中飽きちゃって、もうチームワークぐちゃぐちゃになるし。。。

よくある、女子の、「男子、ちゃんとして~!」に、男子、

「だいたい、何で歌わないかんとやって!」と。

そうなのよね~。わかるわかる。

まあ、そんなことが1ヶ月ほど続き迎えた当日。

そんなもめごとがなかったかのような(笑)、

みんなの澄んだ声、初々しい声が会場に響き渡り、

会場のみんなの心を打ちました。

歌詞のような、未来へ向かう、希望に満ちたイメージを

上手に表現できたと思います。

とっても、とっても感動しました。

結果は、なんと学年1位!!

ドラマのようなストーリーでした^^。


さやは、今回の合唱コンのプロセスの中で、

たくさんのはじめての経験をし、学んだと感じました。

これまで自分一人で表現するために弾いていたやり方から、

指揮者と歌い手に効果的に(ここポイント)合せるやり方へ移行することが、

本人の中で、一番努力した部分だったそうです。

本番の演奏は、それがとてもよく伝わりました。

指揮者に合わせる、歌い手が入りやすい音の流れをつくる、

歌い手がイメージを表現しやすい強弱をつけるなど・・・

それがとてもよく伝わりました。

とても良かったと思います。



おめでとう!

そして、感動をありがとう!!!



Smile^^。









[PR]
# by tubomilog2 | 2017-11-22 14:10 | 中学生のさやの様子 | Comments(0)

久々に♪

気づけば11月も終わろうとしているのですね。

わが家は怒涛の2学期を突き進んでおります(笑)

中学生活って、スゴいスピードです。

(小学生活、ゆっくり過ごしててよかったな^^。ほんとに。)

特に運動部活動をしてるからかなあ、非常にハード!ハード!ハード!!!



やっと、一息つきましてね。

先週末、2学期の大きな山場を超えたんですよ。

期末テスト、剣道新人選出場、ピアノオーディション出場!!! (ありえーん!)

1学期からわかっていたこの1週間を、なんとか乗り切りました!

(私は)心身共に疲れ切ってます(笑)。

さやは、今週から、また新たに、

クラス対抗球技大会、剣道昇給審査、生徒総会(副会長になりました)に向けて、

勢いよく、走り出しました。 (す、スゴい。)



私、やっとブログに戻ってこれたな~。

ほんとくたくたで。(もう、しつこいって 笑)

でも、たっくさん、お話ししたいことがあるので、

ちょこちょこ投稿させてくださいね^^。


Smile^^。

[PR]
# by tubomilog2 | 2017-11-22 11:59 | 中学生のさやの様子 | Comments(1)

健康管理に気をつけたい9月です。

夏休み明けの「確認テスト」が終わり、一息つく間もなく、

剣道では、今週末の練習試合と来週の区大会に向けて練習に力が入ります。

また、今週土曜日は、生徒会役員の改選日(土曜授業)。

さやは、小学生からの目標であった、生徒会役員になるため、

今回は、副会長に立候補。

さやの中学校の生徒会は、

2年生の会長・副会長・書記と、1年生の副会長・書記の5名から成ります。

ここ1週間は、ポスター作りやタスキ作り、演説の原稿書きと練習、

応援者のクラスメートとの打合せなどなど、準備を進めてきました。

そして2日前から、毎朝校門に立ち、タスキを掛けて挨拶。

給食時間には、応援者と共に、全学年のクラスを周り演説してるそうです。

「2年生、3年生は、静かに聞いてくれるけど、1年生のクラスに入ると最高よ!

『おー!さや様が来たー!いえーい!!』ってみんなで盛り上げてくれて面白いんよ。」

驚きです。

さや、こういうこと、好きなんですね、知らなかった。

ハードだけど、すっごく生き生きしてます♪

私も知らない顔を見せてもらっています。



ここのところ、そんな感じで、朝早く登校し、部活して、帰宅後宿題して・・・

という感じなので、寝るのが遅いと、朝が辛そうで。。。

さすがに、昨晩は、夕食後バタン。。。寝てました。

朝までぐっすり寝たので、いつもより1時間早く起きて宿題をこなし、

今朝は、また張り切って登校しました。

日々の定例の宿題は大した内容量ではありません。

でも、疲れているし、集中力落ちてるし、なにより眠いしで、

2時間くらいかかってました。

でも、早朝にやると30分くらいで終わらせることができ、

『朝、宿題やるっていいね。頭もスッキリしてるし、これ、いいかも!』と。

そして、

『あたしね、夜は早く寝たいんよ。身長170cmまで伸ばしたい!そのためにも早く寝なきゃ!』

と言ってました。

私は165cmありますけど、170cmって・・・わぁ、スゴイ目標だ!
(※さや、現在の身長、約159cm。追い越されそうな勢いです。
  ちなみに、さやの足のサイズはなんと24cmです。私を超えた!)

毎日23時頃寝ていては、伸びるものも伸びないことは本人はよくわかっているようです。

睡眠不足をどうにかしようと話し合っていたところだったので。

宿題時間の時短はできそうなのでなんとか解決しそうな感じ。


それから、さや曰く『恐ろしい出来事』が起こったそうなんです。

昨日の数学の授業中のこと、さや、ついに居眠りしてしまったそうで、

(本人、『半分は起きていた!』と主張するが。。。)

ハッと目覚めたら、なんと、なんと、

開いていたノートに『please』の単語が書かれていたそうなんです!!

本人ビックリ! あたし寝ながら英単語書いとるし!! って(笑)

それは、前日の英単語テストで、時間がなくて書けななかった文字『please』だったそうで、

書けなかったことを悔やんで、悔やんで・・・寝ながら書いちゃったという(爆!)

好きなことに一生懸命な毎日はとても良いことなのですが、

まあ、こんな様子でして、毎日かなりの負荷があると思うので、

さやの健康管理はしっかり目を向けて見守っていようと思っています。



Smile^^。






[PR]
# by tubomilog2 | 2017-09-14 05:35 | 中学生活 | Comments(2)

あぁ。。。早期教育の名残が。。。

今日のお話しは、決して参考にしてはならない、

そりゃないよ!な保護者(私)のお話しです(笑)




先日自宅の片付けをしていたら、こんなものたちが出てきました。

a0216711_09331680.jpg
a0216711_11284538.jpg
a0216711_11295754.jpg
そう、以前にもお話ししたと記憶してますが、

さやが3歳の時に、私はさやを「し○だ式」の教室(週1回)に通わせました。

歌ったり踊ったり、読んだり書いたり、

右脳教育に励んでました。。。

で、4歳の時、ひらがなを書かせる練習が毎回あったので、

3回目くらいに、さやから、「またこれ?」と言われ、

そのときに、はっと気付いて、即、教室をやめました。

約10ヶ月くらい通ったと思いますが、

その間、いろいろな教材を買わされ・・・いや買いました。

もちろん、フラッシュカードもやりました。
(あまり使うことがなかった何万円もしたカード一式は、

売りに出すにも罪悪感で(笑)、出来ずに処分しました。)

早期教育の悪影響は残っているのでしょうね。

ほんと、その頃は、無知過ぎました。さやには、事あるごとに謝ってます。。。


上の写真はそんな教材の名残なのですが、

歌って覚えるシリーズでして、対象は3才から中学生とあります。

3才からこんなの歌ってたんだな。

変だよ、絶対。今はそういえるけど、その頃はまじめに聞いてました。

で、ふと、思い立ち、

さやと聞いてみました。

少しだけ覚えてました。

好きだったのは、星座の歌だったそうです。

中に、「七草のうた」というのがあって、春と秋の七草を

せつない音楽で歌ったものがあって、

さやはその後、頭から離れないようで、その曲ばっかり歌ってます。

いいのか、悪いのか。。。

この本とCDは、中学生が使うならありでしょう。

但し、中学生の学習には内容が無さ過ぎて、

受験勉強には全く役に立ちませんけどね(笑)

つまり、不要という事です。

そんな、恥ずかしい過去をお話ししてみました^^。

笑ってくださいね~^^。




Smile^^。








[PR]
# by tubomilog2 | 2017-09-13 15:53 | 毎日のできごと | Comments(0)