つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

社会人になっても学び続けるものだけど・・・

私が勤務する会社の本棚の一部です。

たくさんの本があります。

ビジネス書や自己啓発書が多いですが、

別室の大型本棚には、歴代社長が残された文学小説などがたくさんあります。
a0216711_16410155.jpg

会社にある本に関わらず、社員が読んでいる本をちら見してると、

いろいろ考えることあります。

社会人になっても、当然、学び続けるわけですけど、

自分に不足していることや、

新しく取り入れたい学びもたくさんありますから、

書籍を利用して学ぶことは必須ではあります。

しかし、30代でバリバリ仕事する時期に、

こーんな本とか、


a0216711_16405601.jpg

こーんな本とか、

a0216711_16411329.jpg

最近はやり?

こーんな本とか、

a0216711_12231156.jpg



「企画書出して」と言われて、「企画書の書き方」の本が机にのってたり、

「会議の司会進行を担当するから」と、「ファシリテーションの力が身につく本」を開いたり、

「プロジェクトチームに入ったから」と、「通るプレゼン!」とか読んだり、

いいんだけど、

・・・いいんだけどね~。

なんだか、違和感を覚えるんですよね。

そういう私も、決して、こういったことがしっかりできるわけではないのですけど、

ただ、マニュアル的な思考に飽き飽きしてるんです。

全くできないのなら仕方ないのですけど、

何かに頼らなければならない様子をみると、悲しいです。

与えられたものをこなせば良い、

という道を歩んできた結果かもしれません。



40代になって感じることですけど、

30代の時は小さい子の子育てで四苦八苦でしたが、

最近は、違う意味で家庭の事に引き込まれているように感じます。

子供の手は多少離れても、今度は親の問題
(わが家は実母一人にかなりの気力を使います。。。)や、

パートナーとの問題、健康面・体力面の維持、

さらには、今後の第2の人生(老後とは言いたくないな)へのことも

視野に入れて、家を整えたり、マネープランも見直したり、

いろいろと長期的な計画を立てる必要性も出てきました。

それに、ストレス発散の時間も、当然、とーぜん必要!!

最近は、太極拳をはじめました!

こういう時間は優先的にスケジュール帳に書きこまねばなりません!!



ともなれば、「働く」ということを継続しながら

「自分とそのまわりの大切な人たち」と共に

幸せに生きていくためには、

やはり、基本的なことに戻っている時間などないということ、

マニュアル的なビジネス書読むくらいなら、

小説を読んで、頭より、心を動かせたい!!



ある40歳の女性がいうには、

「私、以前の職場がサービス業で、体を使ってきたから、

今の仕事のように考えることが苦手なんですよね~」と。

さらには、何もないところからやっていくなんて

自分にはできないといいます。

この人の言う「考える」こととは、

問題をとらえ、現状を把握し、解決策を見出し、

アイデアを加えながら、よりよい方向へ導くべく解決していく

ことのようです。

以前の職場でも、より良いサービス提供のために

いろいろ工夫したはずだと思うのですが、

こういう捉え方をするということは、

きっと、業種の問題ではなく、個人の問題なのだろうと感じています。

できないから、

「できませんので、やりません。」で通ればいいケドね、

そうならないから、いろいろな病も出てきます。

私の会社でも、ここ数年、心の病で長期休養をとる人が増えてきました。




こういうことがあると、

若いうちに、やっぱ学生のうちに、様々な経験を通して、

基本的なスキルを習得しておくことは大切だなあ、

部活や何かの活動でも何でもいいけど、

自ら計画し行動し工夫し実行する、

そんな体験をしておく必要があるなあ、と感じます。

高校受験、大学受験の勉強は、そう意味でも本当に最適だと思います!

多くの人が受験を経験して社会人になりますが、

社会人になって、差が出るという事は、

そのやり方にも差があったということでしょう。

学力だけの差ではなさそうです。



受動的な姿勢で過ごし続けていては、

基本的なスキルすら身につかずに成人してしまう危険があるなあと、

ついつい、自分の娘のことに置き換えて考えてしまっています。



今春入社した、初々しい新卒の女性を見ていると、

「さやも、10年後には、こんな感じなのかなあ。

どんな社会人になるのかなあ。」

と思います。

そんなに遠い話ではないのですよね~。





今日はとりとめない話になりすみませんでした。

おつき合いくださりありがとうございました。


Smile^^。





[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-16 12:25 | 毎日のできごと | Comments(0)

宿題を工夫しよう♪

『1P(ワンピース)ノート』というのを毎日書いてます。

この中に、自学宿題があり、

これにかかる時間が半端ない。。。

国・数・英・社・理・体育・音楽と、

毎日1教科を選び、

1つテーマを考え、

自分で好きなようにやってます。

こんな感じです↓

a0216711_10200955.jpg



a0216711_10201026.jpg

a0216711_10201019.jpg

a0216711_10201153.jpg
部活が終わり、19:30頃帰宅し、

20:00までピアノを弾いて

晩御飯を食べ、

ちょっと(5~10分くらい)リビングでくつろいだら、

即部屋に閉じこもります。

宿題のはじまりです。

この1Pノートだけに、1時間半~2時間くらいかけていることになります。

その他の宿題もあるので、結構な時間を机に向かっています。

他の中学校のお母さんに聞いても同じ様子だそうで、

みんな同じことがんばってんだなあというのを知りました。

ということは。。。

この日常の中で、プラスαの学習を進めていくには、

今の1Pノートや宿題を効果的なものに変化させるとか、

かなりの工夫が必要なようですね。

どんなことをするか楽しみな部分です♪



Smile^^。









[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-13 14:01 | さやの中学勉強法 | Comments(0)

中学生のわからん帳・・・俯瞰してみてね♪

「わからん帳・・・作らない」記事には、

みなさんからコメントをいただき本当に嬉しかったです。

その後、いろいろと考えています^^。

理想としては、わからん帳を「作らせる」ではなく、

本人が、必要と思って、工夫が施されたわからん帳を「自ら作る」こと!ですが、

いまのところ、その様子は全く感じられないので、

そこに少しでも近づけるよう、

投げかけていきたいと思っています。



そんなことも考えながら・・・

昨晩、先日、こんなことをしてみました。

IF法で「俯瞰」の文字を書いてみました。

「俯瞰」の読みと意味も学習しました。

何事も、「俯瞰する」こと大事よ♪ とね^^。



a0216711_10192599.jpg

ついでに、

鳥の目、虫の目、魚の目・・・

「3つの目」も伝えてみました(笑)


a0216711_10192514.jpg

わが家には、大小サイズのホワイトボードがいくつかあるので、

気が向いたら、漢字でも、英語でも、落書き、心の声・・・

いろんなことをホワイトボードに書きます。

最近、書けるようになったという「驚嘆」が気に入ってるそうです♪

最近、漢字テストで間違ったものも振り返り書いてました。


a0216711_10192649.jpg




私が理想とする「わからん帳」という形はちょっと置いとくとして、

さやには、

自分の学習について、

少し高い位置から客観的に眺めてみて、

分析して、

自分でやることを決めてくれるといいなあ♪ と期待しています!


Smile^^。







[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-12 13:23 | 中学生のさやの様子 | Comments(2)

わが家の主役♪

部活が終わって家に着き、

玄関ドアを開けると、

両親がそろって玄関で

『おかえり~~っ!拍手~~~っ!!(パチパチパチパチ)177.png

『もう、やめてよぉ~。。。』

とあきれ顔のさや。

『なんで拍手なん?』と聞くので、

『だって、娘が無事に帰ってきたら嬉しいやん♪』と、両親で答えると、

『意味わからん。。。』と苦笑いされます。

小学生までは、当然、私たち夫婦の方が帰りが遅かったので、

中学生になって部活が夏時間になり、

今はさやの方が遅く帰ります。

毎日娘を迎えることなどなかったので、嬉しい主人と私なのです。




体育大会の日は、

玄関を開けるなり、家族そろって、

『さあ、今日の主役が帰ってきました~! はくしゅ~!!(パチパチパチパチ)177.png』に

右手を挙げ、廊下をパレード177.png177.png177.png

心底ご満悦のさやでした^^。



※ちなみに、両親が夕飯づくりに忙しかったある日のこと。
 帰宅すると拍手がないので、
 『今日拍手ないと?』とさや(笑)
 『ごめんごめん!ごはん作りよって帰ってきたこと気づかんかった!』と両親。
 『もう!』と怒られる両親(笑)


Smile^^。






[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-08 15:19 | 中学生活 | Comments(0)

中学生のわからん帳・・・作らないんです(泣)

さやは、わからん帳作るのを躊躇するんです~(泣)




ノート準備OK。

必要性の説明OK。

本人の必要性の理解・・・まあまあOK。

どんぐり卒業生のわからん帳の写真も見せました。

なのに、

「わからないところは、わからん帳に移してね~」

というと、

「え~~~っ!!」 と怪訝そうな顔をします141.png

なんで?


原因は何か・・・。

どんぐり問題のわからん帳作るクセができてなかった。。。

これに尽きると思います。

わからん帳づくりの重要性をいまさら知る愚母です。。。


わからない問題を記録して、

わからない問題だけを繰り返していくことは

本人、よく理解できています。

わからないところは、先生に質問することも、

よくわかっていて、聞くと、

ちゃんと先生に質問出来ている!と言ってます。

記録に残すことの必要性を伝えることでしょうか。




作らない(作れない?)問題点を洗い出し、対策を考えようと思います。

わからん帳が作れなかったら話にならんし!



体育大会も終わり、勉強モードへ。

昨日、

期末考査の試験範囲が出されたようです。

試験日までの学習スケジュールを作るように

プリントを渡されてました。

さやの考える大まかなスケジュールを聞くと、

始めのうちに、ワーク(提出課題)・練習問題で試し、

中間期間で出来なかったところをマスターして、

最後に再確認する! そうです。

いいと思うのですが、

そこに、わからん帳がいるやろっ!! と言いたいのですけどね~

おーい、気づいてくれ~!!


Smile^^。








[PR]
# by tubomilog2 | 2017-06-07 11:41 | 中学生のわからん帳 | Comments(6)