つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

子どもの頃の体験が豊富な人ほど・・・

国立青少年教育振興機構の調査研究
H22年「子どもの体験活動の実態に関する調査研究」報告書
-子どもの頃の体験は,その後の人生に影響する-


というものが、さやの学校の校長先生から紹介されました。

早速中身をネットで見てみると、

とっても興味深い内容がつまっていましたよ!


調査結果を成人と青少年の回答で分けると、

成人調査結果①
   子どもの頃の体験が豊富な大人ほど,やる気や生きがいを持っている人が多い。

成人調査結果②
   子どもの頃の体験が豊富な大人ほど,
   「丁寧な言葉を使うことができる」といった,
   日本文化としての作法・教養が高い。

成人調査結果③
   小学校低学年までは友だちや動植物とのかかわり,
   小学校高学年から中学生までは地域や家族との
   かかわりが大切だと思う。

成人調査結果④
   年代が若くなるほど,子どもの頃の自然体験や
   友だちとの遊びが減ってきている。


青少年調査結果①
   幼少期から中学生期までの体験が多い高校生ほど,
   思いやり,やる気,人間関係能力等の資質・能力が高い。

青少年調査結果②
   体験が豊富な子どもほど,
   携帯電話を持っている・読む本の冊数が多い、割合が高い。
   また,コンピューターゲームやテレビゲーム遊びをしない、割合が高い。

青少年調査結果③
   小学校低学年までは友達や動植物とのかかわり,
   小学校高学年から中学生までは地域や
   家族とのかかわりが大切だと思う。

報告書の最後のほうに

調査のための質問事項がまとめてありましたが、

特にこれが興味深い!

「子どもの頃の体験」 が大切だということは多くの人が

感じていることだと思います。

でも、その“体験内容”が今と昔では様変わりしている、

子どもの生活環境が異なる中で、

質問事項の中にあるような、

自然体験・動植物とのかかわり・友達との遊びなどなど、

昔は当たり前にあったことが、

現代の子ども達の多くは、その環境を作ってあげなくてはならなかったりするわけで・・・


だからだろう。

今回の小学校からのお便りには、校長先生が、

最近の若い人たちの規範意識や社会性の欠如を話題にし、

「みんなで体験活動しましょう!」と呼びかけています。

どんな体験活動ができるのか具体的に例を挙げてありました。

福岡の中では、大都会にある小学校です。

工夫に工夫を重ね、家族で意識しなくてはできないものなんですよね。

多くの家庭で、「子どもの体験」に感心を持つといいですね♪


Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-07-04 12:35 | 毎日のできごと | Comments(0)