つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

好きなことをする時間

子どもは遊ぶこと以外は「しなくてはいけないこと」なのかな?

学校から帰って、寝るまでの時間にすること。

・食事
・お風呂
・歯磨き
・明日学校の準備や着替えの準備
などなどなど・・・

遊びたいのに、これらのことが目の前にはばかって
ちっとも思い通りに遊べないじゃないか。

「ごはんよー」
と言っても、かなりふてくされる。
トランプの真っ最中だから。
声かけのタイミングも大切だけど、隙がないほど集中して遊んでるし。



日常、そんな不満・ストレスが感じられるんですよね。

大人のストレスからすれば、なんてことないストレスだろうと思うけど、
こどもにとっちゃあ、大変なストレスだと思う。

特に、宿題や習い事や家庭学習などを やらされていない子
自由な自分の時間が多くある分、
特に注意しなくてはならないことがあるのでは。

それは、“大人のペースに合わせてしまわないこと” です。
せっかく、子どものペースで過ごさせているのに、
「○○の時間よ」
「早くお風呂に入ってね」
「明日の準備しないと寝れないよ」
などなど、せっかくの良い生活がダメになってしまっています。
これくらいの声かけ普通だという意見が多いとは思うのだけど、
予想以上にも子どもはこれに反発しているように思うのです。


子どものストレス解消は大切。
我が家は、なるべく休日は自然の中で開放的に遊べるようにしています。

でも、平日の過ごし方は難しい。
どんなに遊びたくても、7時に家に帰ってきて、
すぐにご飯は食べなきゃいけないし、
早くお風呂も入って早く寝てほしいし。



で、最近、解決策とて、30分でも時間があれば、

「好きなことする時間」と題して遊ぶことにしました。

ご飯食べてからお風呂まで30分あるから、
「家族全員が何でも好きなことしていい時間にしよう♪」
と決める。

そうすると、輝いた笑顔で、
「わあ、何しよう何しよう♪」
とワクワク楽しんで過ごすようになりました。

それをするまでは、遊ぶにしても、時間つぶしに何かしていて
「お風呂よ~」と呼ばれると、イラッとしてる様子だったんです。


休日、朝から夕方までみっちり遊んで帰って、さあご飯、
と言うと、「もっと遊びたいのに~」と腹かく娘。
そんな体力ありありの遊び大好き娘だからこそ考えなくては。

今我が家では、「好きなことする時間」と題したこの時間は
娘の思いを尊重した時間であり、
また、生活に上手く区切りをつけ、
(お互いの)ストレスを少なくする策でもあります。


じゃあ、「好きなことをする時間」に何してるの?というと、

こんな遊び。

a0216711_12225574.jpg


最近は、カエル作りを熱心にやっていて、
カエルの跳躍オリンピックが開催されています。


a0216711_12225583.jpg


1日中やってます。飽きません。
試合結果が紙何枚にも渡って書かれていますが、
私には何のことが書かれているのか暗号のようにしか見れませんでした。
自分の世界に入り込んでましたね。。。

a0216711_12225522.jpg


アイロンビーズ作りも朝から晩までまる1日はまりました。

a0216711_12225598.jpg



好きな遊びに熱中できることはとっても喜ばしいことですね。

邪魔せずに子どもの希望をかなえてあげることが大切なのだなあと感じています。

やらなくてはならないこともあるわけで、

生活のメリハリをつけていくのもよいことのようです。



Smile^^。
[PR]
by tubomilog2 | 2012-09-26 05:22 | 毎日のできごと | Comments(0)