つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

『教育の結果』かぁ。。。

どんぐり先生のブログより、

■教育の成果は12歳で分かる を再読!


12歳まで、環境設定をしながらどんぐりを全うした家庭というのは、

どんぐりを選んだことに、『どんぐりの科学的な根拠』とか、

『どんぐりの成果(その大学に合格したか)』

というところにスポットは当ててないですよね~。


自分の子が12歳になり、心底理解できます。

やり始めの頃は、うまくいかずに、いらいらして、

どんぐりやってても成果はあるのだろうか・・・

などと考えたりもしました。

でも、

それなりにやり続けていると、

習い事や塾通いや宿題で余裕のない日々をあくせく過ごしているよそのお子さんと比べて、

目の前の自分の子は、

格段に落ち着いていて、思慮深くて、集中力もついてきていて

毎日毎日遊んでばっかりなんだけど、

それでいて、学校の授業はきちんと理解できているという、

『普通』の子に思えるんです。

これが『普通』なんじゃないかと思えるんです。



私の母からは、

「こんなに勉強させてもらえないかわいそうな子どもなんて

 どっこにもいない!!

 4年生から塾に行かないと大変なことになるのよ!!!」

と延々と怒鳴られることもありましたが、

「かわいそうなんかじゃないよ。きちんと成長してるやん。」

と思ったものです。そして、

比べていたお子さんのほうが

とってもかわいそうだと思えたのも

どんぐりを続けたから実感したことだと思っています。



どんぐり先生からの「卒業生へ」のメッセージを読んで、

娘が、「思考力養成って、終わったんだ...」とつぶやいたことを

どんぐり先生にお話(FBでコメント)したところ、

このようなお返事がありました。



終わったと言っても、本番前の慣らし運転が終わって、

これから本番ですからね。

ここからは、必要だと判断したら、

無理なスケジュールでの勉強でも、

やりたいよりも自分が必要だと判断したものは、

無理にでもやる時期ですね。

もちろん、体と相談しながらですよ。 と。


自分で必要だと判断して、実行する!

そうかあ、もう、私が手ほどきすることはないのだなあ、と

改めて思いました。

でも、この子一人でやっていけるのかなあ、

超マイペースでゆっくりさんだし、

いつの間にか3年間が終わってた...なんてことないよなあ。

趣味的なことばっかりやってるし、

人並み外れた体力があるのは安心だけど、

勉強にまで力がまわるのかなあ。。。

とか、いろいろと、心配な気持ちにもなるのですけどね^^;

でも、信じよう!

そういうふうに育ってくれているはずなのですからね^^。




どんぐり卒業生の保護者さんのブログを読むと、

夜も早く寝て、部活も趣味もして、
勉強はそんなに根詰めずにトップクラス・・・

読む人によっては、そこだけクローズアップして読めるかもしれませんが、

結果そうなっているのは、そこに、Hybrid思考回路を使いながら、

また自分の能力をうまく活用しながら、

そのお子さんの工夫と努力が

いっぱいいっぱい積み重なった結果なのだろうなと感じます。

だって、どんぐりっ子って、そうなるように・・・ねえ^^。

わが子はどうだろうか・・・期待します!!



Smile^^。








[PR]
by tubomilog2 | 2017-03-28 16:20 | どんぐり | Comments(0)