人気ブログランキング |

つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

新しい時代

さあ、今日から新年度。

職場も新年度で新入社員も入り、

引き締まる朝。

家を出る前には、玄関掃除してピカピカに。

盛塩をして、良い時代を迎える準備もOK!

さあ、もうすぐ新元号が発表。

さやはずっとこの日を楽しみにしていて、

いろいろ候補を考えてました。

今日は、朝から部活なので、

もしかしたら、武道場で知るのかもしれませんね♪

「本当はテレビの前で正座して発表を聞きたい!」

と言っていました。

“自分が大きく活躍する時代” を意識してるのでしょうか。

とても大切に思っていることをとても嬉しく、また頼もしく感じました。

新しい時代を、あなたと一緒に生きれることを

嬉しく思っています。


Smile^^。☆





by tubomilog2 | 2019-04-01 11:22 | 毎日のできごと | Comments(8)
Commented at 2019-04-09 06:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tubomilog2 at 2019-04-09 12:21
ゆりさん♪
初めまして!
コメントいただきありがとうございます。
本当に嬉しいです♡

ゆりさん、どんぐりをはじめて2年とのこと、
あー、羨ましいです。
私ももう一度その時期に戻りたい(笑)

ご質問いただいた宿題交渉の件、
わが家の場合は、「こっそり派」でした^^。
小学1、2年生の頃は、自動マシーンを受け入れてもらい難くて、結構、本人が宿題をしていました。
しっかりマシーンが稼働したのは3年生くらいからでした。
「こっそり派」を選んだ理由は、本人の性格です。
“先生は絶対的存在”という気持ちの表れでしょう、本人から、先生に言わないでほしいと言われました。
高学年になると、だんだんと“絶対的”意識も薄らぎ(笑)、どちらでもよくなったと思いますが、
マシーン稼働のスタイルが定着していたので、そのまま卒業まで継続したという感じです^^。
先生に気づかれることがなかったのは、一つは、私と娘の字が似ていたこともあると思います。(どちらかというと、娘の方が字がキレイでした。。。笑)

どんな方法をとるにしても、宿題制限はとても有効であったと思います!!娘は、周りの友達がどんどん学校や塾の宿題につぶされていくのを目の当たりにしていますから、本人が宿題制限の必要性をよく理解していました。いまでも娘から感謝されるほどです。

環境を整えるため、いろいろ大変なことがあると思いますが、中学生になると、良いも悪いも、自分のやってきた子育ての成果がどんどん目の前に表れます。
どんぐり子育て、自信を持って頑張ってください!
応援しています!!

いつも読んでくださりありがとうございます。
これからもおつきあいをよろしくお願いします♪


Commented at 2019-04-10 02:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tubomilog2 at 2019-04-10 19:23
ゆりさん、お返事ありがとうございます!
参考になるかはわかりませんが(笑)、
経験したことをお伝えできたらと思います。
コメント欄でもメールでもお待ちしていますよー♪
smile38@nifty.com
Commented at 2019-04-10 22:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-04-11 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-04-11 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tubomilog2 at 2019-04-11 11:19
ゆっくりどんぐりさん♪
はじめまして!
コメントくださりありがとうございます♡
どんぐり生活もずいぶん続いているようでいいですね!
高学年ということでしたら、
12才が近づくにつれ、親としては焦りますよね~
「あー、もうすぐ12才になるというのに、まだできてない。。。」という感じでしょうか。
はげしく共感しますっ(笑)

私の経験からしても、12才という区切りにとても焦りを感じていました。
娘は、どんぐりをなかなかやらなかったからです。
いろいろ口出ししましたが、
中学生になると、これまでの自分の子育ての成果が良い面も悪い面も現れてきます。
私のブログで書いているのは、良い面がほとんどですので、書いていない面では、たくさん悪いところも現れています。
その中で思うのは、どんぐり時代、もっとおおらかな気持ちで接することができたらよかったなあということです。
賢いお子さんだと思いますので、そうであるほど、子どもの中で理不尽感を強く感じる思います。
理不尽感が積もると、よくない面が出てくるケースが多いと感じます。

勉強についてもいろいろ言いたくなるとのこと、宿題か何か家庭学習をされているのでしょうか。お母さまが「勉強をさせる」方針でしたら、どんぐり併用はハードだと思います。
中学生になって、バリバリ勉強してほしいですから(笑)、ぜひ、小学生の間は授業の理解と、どんぐり問題だけで、学ぶことが好き!な環境を維持しておくことをおススメします。もちろん、IF法の習得などは効果大♪

生活面では、私、やり直したい程、反省しまくりです(笑)
アドバイスなど出来る立場では全くないのです~^^;
片付けなどは永遠の課題!!
1つ言えるのは、子どもは、親をよ~く見ていますので、
口出しよりも、やって示す方が効果的だと思います。
たとえば机の上のキープキレイでしたら、お母さまが毎日なさってみるのはいかがでしょうか^^。

最近のブログでお話ししていますが、
子どものことを想いながら(念じながら…心の中で「机の上片付けろ~」とか(笑))、毎日、机上をキレイにしてあげませんか?
いいことあるかもです~♪

長々とまとまりのない話であまり参考にならず申し訳ありませんが、
ゆっくりどんぐりさんが、親子で笑顔の毎日が送れますよう、応援しています♪