つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中学生のわからん帳( 3 )

「分からん帳作らん問題」ここでも明確に。

その後も、何だかんだと分からん帳作成が進まないさやです。

先日、思いもよらぬ出来事があったのでお話ししますね。



先週の土曜日、剣道部顧問の先生の、剣道時代の先輩が顧問を務めているという高校で、

合同練習をさせてもらいました。

先輩先生は、とても熱心にかつ丁寧に子どもたちに指導をして下さり、

時折、笑いも交えながら、でも厳しく教え下さいました。

その先生のお話しは、顧問の先生と比べると、理論的な表現が多いのですが、

それがとても新鮮で。

目指す理想形は同じでしょうけど、指導も角度が変わると、感じ方も少し違います。

普段、顧問の先生からいつも指摘されている弱点も、

表現が変われば、スッとわかって、

課題解決に光がさした子もいるかもしれないなとも感じました。




午前中で練習は終わり、

学校へ戻ってきて、顧問の先生からの言葉を頂くのですが、

その時に先生が言ったことは、

「今日の指導は、先生がいつも言っていることと同じことがたくさんありました。

でも、表現が違っていると違う事のように聞こえたかもしれません。

とても良い話がたくさんあったので、

もう一度、今日の指導の内容を振り返って、自分に落とし込んでください。

その為には・・・・・『剣道ノート』作ってるやつはいるかな?

作っていなければ、『剣道ノート』を作って、

今日言われたことを忘れないうちに書いておくように!」

という内容でした。

大切なことですね。




その後の月曜日、学校の廊下で顧問の先生とすれ違った際に、

『さや、ノート作ったか?』と聞かれたさやは・・・

『ノートは買ったんですけどぉ・・・』と。


で、私が、「分からん帳作らんのと同じやね。」というと、

「違う!『分からん帳』は自分が出来ないとこを書くけど、

『剣道ノート』は技やコツを書くんやけん。」

・・・そういうことではなくて・・・

「それに、私、携帯(ガラケー)のメモにこれまでの大切なことをメモしとるし!

ノートに書かんでもいいし。

だいたい、『剣道ノート』作る必要がないような気がする。」と。

どうです、これ?

分からん帳作らん問題と同じなんじゃないの?

いつわかるの? 分からん帳の重要性。

かなしいね(TT)




Smile^^。。。。できない。














[PR]
by tubomilog2 | 2018-02-01 12:22 | 中学生のわからん帳 | Comments(2)

「わからん帳」を作らんことがわからんっ!

どうして、わからん帳を作らんのか!?

わからんね~。

わからんね~。

ほんっとにわからんね~。

年末、さやにこの怒りをぶつけてしまいました。

話し合いの中で、

私「もし、3学期に1年間のまとめのテストがありますから勉強して下さいって言われたら、

 あなたはどんな勉強するの? 
 
 これまでのテストを引っ張り出して出来てなかったところをやるの?

 全科目のワークや教科書の練習問題をはじめからやり直すの?」と聞くと、

さや「そうよ。」

私「出来ているところを何度もしていたら時間がもったいないんじゃないの? 

  理解できてない、または自信がないところだけをやり直すと随分時間が短縮出来るんじゃない?」

さや「その時正解やったところも、今はできんかもしれんやん。」

私「・・・。こりゃ、大変だ。」


結局話し合った結果、

理科と社会はまとめたものがあるから作らない。

英語も作らない。

国語は漢字なら作ってもいい。

数学は作るということで納得してました。

本人いわく、

数学って、勉強してないんだよね。。。だから、勉強の仕方がわからなくて。。。

だからこそ、わからん帳を作る価値があるという結論に至ったのでした。

まずは、数学からでもいいから、勉強のスタイルをつくってくれ~!!


Smile^^。












[PR]
by tubomilog2 | 2018-01-11 12:53 | 中学生のわからん帳 | Comments(0)

中学生のわからん帳・・・作らないんです(泣)

さやは、わからん帳作るのを躊躇するんです~(泣)




ノート準備OK。

必要性の説明OK。

本人の必要性の理解・・・まあまあOK。

どんぐり卒業生のわからん帳の写真も見せました。

なのに、

「わからないところは、わからん帳に移してね~」

というと、

「え~~~っ!!」 と怪訝そうな顔をします141.png

なんで?


原因は何か・・・。

どんぐり問題のわからん帳作るクセができてなかった。。。

これに尽きると思います。

わからん帳づくりの重要性をいまさら知る愚母です。。。


わからない問題を記録して、

わからない問題だけを繰り返していくことは

本人、よく理解できています。

わからないところは、先生に質問することも、

よくわかっていて、聞くと、

ちゃんと先生に質問出来ている!と言ってます。

記録に残すことの必要性を伝えることでしょうか。




作らない(作れない?)問題点を洗い出し、対策を考えようと思います。

わからん帳が作れなかったら話にならんし!



体育大会も終わり、勉強モードへ。

昨日、

期末考査の試験範囲が出されたようです。

試験日までの学習スケジュールを作るように

プリントを渡されてました。

さやの考える大まかなスケジュールを聞くと、

始めのうちに、ワーク(提出課題)・練習問題で試し、

中間期間で出来なかったところをマスターして、

最後に再確認する! そうです。

いいと思うのですが、

そこに、わからん帳がいるやろっ!! と言いたいのですけどね~

おーい、気づいてくれ~!!


Smile^^。








[PR]
by tubomilog2 | 2017-06-07 11:41 | 中学生のわからん帳 | Comments(6)