つぼみろぐ2

tubomilog2.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

このブログは、どんぐりで子育てした子の記録です♪

改めて・・・なぜブログを書きつづけるのか...

ということに触れたいと思います。



私は、娘が4歳の時に、どんぐり倶楽部に出会いました。

久留米で11時間にわたる糸山先生の講演会を聞いて、

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題を実践しながら

どんぐり理論で子育てをしました。

「考える」とは何かを知り、

本当の学力をつける方法を学びました。





どんぐりに出会うまでは、子育てを「すること」に注力してました。

賢い子に育つよう、将来困らないようにと、

し○だ式レッスンに通ってフラッシュカードを頑張ってた時期もありました。

習い事も、将来のために何か早くからさせとかなくては・・・

と思ったこともありました。


しかし、

どんぐりと出会って、

教育とは「ヒト」を「人間」に育てること。

私が今している子育てと言う行動は、

実は、「ヒト」を「人間」に育て上げることだったのだと知ったのです。

だから、必要な「すること」もあるけど、

子どもに「しないこと」「させてはいけないこと」があることを学んだのです。


途中、上手くいかなくて、思い通りにいかなくて、

挫折の繰り返しだったと思います。

どんぐり問題も取り組んだ数は少ないと思います。

でも、

家族が育てたように育っていく我が娘を見ていると、

そのとき必要なこと、必要でないことをきちんと見分けて、

しっかり子育てしようと、初心に戻りながらやってきたと思います。




どんぐりで学んだたくさんの要素は、

青天の霹靂のようなショックでもあったけど、

その過程では、

私の子育てをとても楽にしてくれたし、

たくさん幸せにしてくれました。

それがこのブログに書いているそのままです。


どんぐり倶楽部を神格化しているわけではありません。

試してみては、子どもを見ていてこれは良いな! 

と実感しながら続けてきたというわけです。



いま、イキイキとした中学生活を送る娘をみていると、

私が選んだ道はやっぱり間違いじゃなかったと実感する毎日です♪

だからこそ、大切なことを知ってもらいたくて、確認してもらいたくて、

これからもブログを続けていこうと思っています^^。


どんぐり倶楽部 


Smile^^。








[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-26 11:13 | 毎日のできごと | Comments(4)

英検受験の結果

昨日、英検の結果をホームページで見ることができました。

5級
a0216711_16480801.jpg




4級
a0216711_16480428.jpg


4級、5級、ともに合格で~す!!!

やったね177.png177.png177.png

5級は満点でした。

4級は100点満点にしたら、76点かぁ。。。とちょっとしょんぼり。

でも、

本人、とっても満足そうでした!

おめでとう♪



祝Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-21 16:53 | さやの中学勉強法 | Comments(4)

理系?文系? ~ヤングアメリカンズから考える~

ヤングアメリカンズの説明会でのこと。


a0216711_13275404.jpg



実は、このヤングアメリカンズを知るきっかけになったのは、

仕事上で、九州大学のスタッフの方(文科省よりこられた方)との出会い。

九州大学でのヤングアメリカンズ説明会でも、

さやにいろんなことを話して下さいました。

その中で、特にさやが心を動かされたのは、

このような話でした。

「九州大学は、今年の4月から『共創学部』がスタートしたんだよ。

これは、いままでのスタイルとは違って、

授業もね、毎日がゼミみたいな感じ。講義を聞くとこともあるけど、

だいたいが議論し合ってる。

1つの分野にとどまらず、広い視野で、いまの世の中の課題や問題点などを

どうやったら解決できるだろうかと考えるんだよ。

例えば、地球温暖化のことを考えるとして、これは、日本だけのもんだいじゃないじゃない。

だから、他国の人たちと一緒になって解決していくことを学ぶんだよ。

だから、もちろん、そういう意味では英語は当たり前、ということにはなるよね。

この『ヤングアメリカンズ』というのは、そんな、今の若者に大切な要素が

たくさん含まれているんだと思う。とてもよいきっかけになると思うよ。」

と。

こんなにわかりやすく話してもらって、

さやも、かなり刺激を受けたようでした!




近年では、文系と理系の特長を備えた「文理融合型」と呼ばれる学部の新設が増えているようですね。

私は詳しくないので、ここで論じることはできませんが、

私自身が文系人間なので、理系の分野に入り込むことは考えられないのですが、

これからの新しい時代だから、いや、未知の時代に向けて、

これから、文系・理系の枠にとらわれずに、

掲げたテーマを追求していくような学部が増えるのでしょうかね~?

でも、分野を研究・追求している人々も必ず必要なのですから、

わかりませんね~。



ご参考までに・・・↓こんな記事もみつけました。
ここでは、日本ほど文系と理系の壁が厚い国はないとあるけど。。。
朝日デジタル


自分の子のことを考えると、

文系でも、理系でもどちらでもいいと思うのですが、

出来たら、そういうある一定の枠の中にいながらも、

別の分野にも興味や知識を持てるような人であってほしいと、

あくまでも(高~い)理想ですが(笑)、

これからの時代、娘がどのように道を歩むのか、とても楽しみです♪



Smile^^。



[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-19 16:36 | 毎日のできごと | Comments(0)

さや、男子の剣道大会に出た。

a0216711_10395518.jpg

先日、男子の剣道大会・団体戦があり、

1チーム5人ですが、さやの中学校の出場できる男子部員の数が足りず、

女子2名(3年の先輩とさや)が出場することになりました。

大会規定で、女子2名までは出場できます。

5月、護国神社大会で男子と対戦したのですが、

そのときの大きな身体に体当たりされたいやーな経験から、

男子大会の出場を嫌がっていました。

でも、先生からお願いされたから頑張るしかありません。

(ここでも)先鋒のさやは、張り切って挑みました。

もちろん相手は男子。さやの身長(約160cm)より10センチ程高い様子。

開始すぐ、なんと今回はさやの方から体当たりしました。

相手選手の面ひもが外れるほど。。。

後で本人に聞いてみると、

最初に身体で相手の体重を確認するために当たった、と言ってましたが、

剣道的にありなのか? と内心気になる私。。。

反則もとられず、先生からの注意もなかったので、まあ良しとして。


写真は、右側の背中のたすき白がさやです。

相面の瞬間ですが、さやが先に出ているように見えるのですが、

結果は、相手の面が入りました。

さやの方が先に届きそうに見えるのですけど、

本人は、自分の方が瞬間遅かったと思うと言っていました。



試合後、先生からの指導の中で、

とても印象深かったことは、

「さや、おまえはなんで自分の身長や運動神経の特技をいかそうとせんのか?

他の人と同じ事してたらもったいなかろうが。

せっかくできる技も本番で使わんかったら何もならんぞっ!」と。

さやは、最近の練習で、先生から、

飛び面を習得したところでした。

さやはかなり脚力があるので、

まさかここから面を打ってくるはずはないという位置から面を打てるのです。



先生は1年生の時からの体育の先生なので、

さやのスポーツテストの内容は熟知されています。

だから、さやには特徴をいかした技を教えて下さっていました。

今回は、そんな中での試合だったので、

先生としては、そのチャレンジを期待していたのでしょう。




また、他の学校の先生から、さやの先生に、

「あの子は何で引き面を打たんの? あんなに早いのに...」

と、言われたそうです。

そう、さやは腕の筋肉もすごくて、

面を打ったあとの引きの腕が早いんです。

そのことも伝えたらたさやは、

喜び半分、反省半分でした。



本人もよくわかっているようでしたが、

「なんでできんのやろう? なんで面が当たらんのやろうか?」と、

悩んでいました。


さやは、ガンガンとチャンレンジする子のように見えますが、

実は、結構な慎重派なんです。

それを分かっているだけになんとも言えませんが、

でも、いつまでも様子見てても仕方ないし、

何とか思い切ってチャレンジしてほしいですね☆


がんばれ! がんばれ!

しっかりと悩んで、次にいかしてほしいです!!


Smile^^。





[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-18 12:36 | 中学部活動 | Comments(0)

今夏のチャレンジは「ヤングアメリカンズ」!!

a0216711_13275404.jpg
来月、さやは「ヤングアメリカンズ 九大スペシャル」に参加します。

丸っと2日間、ヤングアメリカンズのメンバーさんたちと、

歌やダンスを一緒に作り上げ、

2日目の夕方から夜にかけて、ステージで発表します。

会場も、九州大学の椎木講堂というすんばらしい会場です!!

a0216711_14171439.jpg
a0216711_14173359.jpg

小学生150名、中高生70名が参加します!

子どもたちを指導してくれるヤングアメリカンズのメンバーさんは、

17歳から25歳までの、主に大学生を中心に構成された外国人のヤングたちです。

このメンバーさんたちは、オーディションを受けた約300名のメンバーが

アメリカカルフォルア本部でのレッスンで鍛え上げられているそうです。

そして、その中からオーディションで選出された40~50名が来日します。

ヤングアメリカンズのツアーは日本全国で開催されているようですが、

私は全く知らなくて、

今回、仕事で知り合った九州大学の総務の方から教えていただき、

さやに話したところ、即答! 『絶対やる!!やりたい!!』と言って、

4月、九州大学での説明会に参加したのでした。

ダンスが好きな友達を誘って一緒に参加しようかどうかと悩んでいましたが、

『今回のヤングアメリカンズは、一人で参加して、

 学校モードじゃない自分でやってみようと思う♪』

と、一人でチャレンジする決心をしました。



東北で開催されたヤングアメリカンズでは、

震災後ほとんど話をしなかったお子さんが参加され、

数日間、メンバーたちと一緒に汗を流し、

最後には、歌ったり踊ったり、

元気に話をするようになったそうです!

そんなお話を聞いたので、

ますます、どんなものなのか、

私自身も知りたくなりました。

さやは、外国人のヤングたちと会話ができるのか不安そうでしたが、

説明会で、

「彼らとは言葉が違っていても、あの空間では関係ないよ。

身振り手振りでも伝えあえるんだよ!大丈夫だよ!」

と言われ自信を持てたようでした。



この「ヤングアメリカンズ 九大スペシャル」は、

ネット申込みだったのですが、

『1番に申し込んで!』とさやからの気合いの要望に応え、

私は開始時刻ピッタリに申込み完了(笑)

さやの気持ちは高まるばかりで、

当日が待ち遠しいようです☆


さやにとっては、大きなチャレンジだと思います。

成長のチャンスになるんじゃないかなあと、

親としては、そんなよくばりな期待もしてしまいます(笑)

最後のショーは、保護者も観覧に行けるそうなので、

家族みんなで楽しみにしています♪



Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-15 14:42 | 中学生のさやの様子 | Comments(2)

親の影響ははかりしれない。自戒!

今日のタイトルの通り、

最近すごく、親の子への影響は計り知れないと思うのです。

良かれと思ってしてやっている・・・

そう、この「してやる」という親の子への想いこそ勘違いが多いと思います。

これは私自身のことです。




丁度、いま、娘は中学の期末テストの最中で、

昨晩は、テストの様子をいろいろと話してくれました。

そんな中、以前から私が気になっている娘の言い訳、

「あと5分あれば解けたのに」
「先生、授業で話してない内容を出題した」
「先生の出し方が悪い」・・・

などと、何かと言い訳をするんです。

定期テストや期末テストの点数は高い方なので、

ミスした部分はわずかなのだろうとは思いますが、

「自分は間違っていない!」感をすごく出すんです。

そんな言葉を聞くと、

テストが帰ってきたらちゃんと復習してるのかな~?、

自分の弱点を客観視できているのかな~? と

心配になってしまします。



そこで、そこでです。

そんな言い訳が始まると、

昨晩の私は、ほらまたきたっ! と言わんばかりに、

娘の言葉に、自分の言葉をかぶせて、

「間違ったことは悪いことじゃないんだから、きちんと反省しなきゃだめじゃない!」

と怒っていまうんですよ~。

実際、この時の私は腹立ててます。

だから、止められないんです。





でも、いつもこんなふうに間違ったことも隠さずに話す娘の気持ちを思うと、

私が娘の言い訳を遮ってまで、言わなきゃいけなかったことだろうかと

反省するのです。

この繰り返し・・・これってまずいですよね。

そのうち、娘は正直に間違いを話さなくなっちゃいますよね。

試験の様子だけじゃなく、心の中の様子も話してくれなくなっちゃいますよね。

「どうせ話してもわかってくれない。。。」

「どうせ・・・」

何ひとつ良い影響はありませんよね~。

そこから、どこまでも「どうせ・・・」の方向に走っちゃうかもしれませんよね。

せっかくいい方向に育ってきていた部分も、

私の影響でつぶれちゃうかもしれないのですから。



あー、昨晩もまた反省しました。

反省ばかりしてても。。。

だから、ブログに書いて自戒してます。



読んでくださりありがとうございました^^。


Smile^^。






[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-14 16:15 | 毎日のできごと | Comments(0)

英検を終えて…さやの感想、私の感想

前回の記事の通り、さやは英検を受けたのですが、

試験が終了し、迎えに来た私の車に乗るやいなや、

さや 「5級、やばい!」

私 「や、やばいって、何が?137.png

さや 「めっちゃ小さい子が多い!

    何より一番感じたのは、その子達に付いてきた親の熱意よ!!

    まじ、すごいけん!多分、幼稚園児も来てたと思う(ほんとか?)。

    その子達ね、回答用紙の会場名を書く欄に、

    「ふくおかじょがくいんだいがく」って、

    ひらがなで書くとよ。もちろん自分の名前もやけどね。

    漢字も書けんのに、英語勉強するってどうなん???

    でね、お母さんが始まるまで横についててね、始まるころになったら、

    『○○ちゃん、がんばってね!ファイト!!』って言って、

    背中をたたいて去って行ったとよ~。すごいけん!

    そんなに英検持っとるってすごいことなん?

    まあ、そんな小さい子達と一緒に5級受けとるあたしもウケるけどね~(笑)

    とにかく親の熱意がすごかった! すごいもの見たね!!

    あたしとしては、小学校低学年までは英語勉強しなくていいと思う。

    まあ、英検受けるとしたら、最低、高学年からやね~と思うけどぉ。

    あ、試験は、5級しょぼい! 試験代払わせてごめんね~っ!て思った。」


この日は、福岡市の公立小学校の運動会の日でした。

だから、受験していた小学生は私立小学校の子ということになるのかな。

その人数の多さにも驚きましたが、

小さいころから、そんなに英語に熱心なことに驚きました。

私の知らない世界だったので。。。



いろいろ考え方はあると思いますので否定はしません。

確かに同級生の一部の(塾で先取りしている)子達と比較したら、

さやの学習進度はずいぶん遅れているでしょう。

ただ、

英語に限らず、先取り学習、暗記学習、反復練習によって、

勉強に嫌悪感を感じる子が多いと思います。

私は、自分の子どもにさせてこなかった親として感じていることは、

今中2の娘が、今、期末試験中で、一生懸命勉強している最中、

「あたし、勉強好きかも~162.png」と笑顔で本気で言ってること、

このことが、すべてを表してるんじゃないかなあと感じています。

もちろん、本人にとっては、勉強を継続していくことは負担が多いはずですし、

暗記も反復も自分なりに工夫しながら、がんばらなくてはなりません。

見ていて大変そうだなあと感じる時もあります。

でも、

人間が生まれたときから備わっている、

「興味」「好奇心」「知る喜び」「満足感」「達成感」・・・

そんな人間の根本に自然にあるものがなくなることなく、

「学ぶことが楽しい!」と感じられることは、

娘にとって大きな大きな財産であると思いますし、

このことが、これから困難な問題にぶち当たった時に、

自分で考え、工夫し、行動し、解決していける力になるのだと思います。

どんな険しい世の中になっても、

生きていく力になるのだろうと確信しています。



Smile^^。









[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-13 16:10 | さやの中学勉強法 | Comments(0)

さや、初の英検受験のこと

今月初めのことですが、

さやは英検を受けました。

何度もしつこいですが(笑)、さやは先取り勉強をしていないので、

中学に入ってからの学習だけで受験します。

今回は、4級と5級を併願しました。

そもそも、「級」のレベルってどうなのよ?というと、

日本英語検定協会のホームページによると、

5級・・・中学初級レベル
4級・・・中学中級レベル
3級・・・中学卒業レベル
準2級・・・高校中級レベル
2級・・・高校卒業レベル

だそうです。

5級は、1年生の学習を終えたさやにとっては

勉強しやすく、余裕でした。

しかし、4級はテキストを一から学習しないとわからないので、

春休み頃から、少しずつ勉強を進めてきました。

教わる人がいないので、独学は結構時間もかかり、

大変そうに見えましたが、

本人に聞いてみると、

「単語は知らんし、難しいけど、

 英語楽しいし、結構わかるよ~。

 問題集3回解いたよ♪」

と言ってました。頑張りました!


そんなわけで、

まだ、結果はわかりませんが、

「3級も受けとけばよかった~」なんて言うくらい、

自信ありそうです☆



友達の多くは、塾で先取りしていて、

3級を受けた子が多いようです。

中には、私立小学校から来た子は、すでに6年生で3級とっていたらしく、

今回は準2級のチャレンジだったとかで、

自分の勉強の理解度合と比較したさやは、

「どうやったら、準2級レベルをべんきょうできるんやろうーねー???」

と不思議がっていました。


はじめての英検受験で、張り切って挑んださやでしたが、

合否はどうあれ、充実度も達成度も高かったようでよかったです。

驚いたのは、

試験当日の夕方、

買い物に出かけたのですが、

本屋さんに寄って、

英検3級のテキストを買ってほしいと言われました。

どんだけがんばるんかいっ!!



Smile^^。



[PR]
by tubomilog2 | 2018-06-12 17:28 | 中学生のさやの様子 | Comments(0)